企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ストーリーテリング ストーリーテリング

「ストーリーテリング」とは、伝えたい思いやコンセプトを、それを想起させる印象的な体験談やエピソードなどの“物語”を引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法のことです。抽象的な単語や情報を羅列するよりも、相手の記憶に残りやすく、得られる理解や共感が深いことから、企業のリーダーが理念の浸透を図ったり、組織改革の求心力を高めたりする目的で活用するケースが増えています。
(2010/12/20掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストーリーテリングのケーススタディ

グローバル展開に必須の「ウェイ」を浸透
トップの経験談や現場発の物語が社員に響く

すぐれた“物語”には、重要だが難しいことを、わかりやすく、しかも面白く伝える効用があります。「もしドラ」の愛称でおなじみの、経営学と高校野球を組み合わせたビジネス小説『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』が、発売から1年あまりで発行部数202万部(2010年12月14日時点)に達するほど支持されたのも、ストーリーの力を活用した成功例の一つといえるでしょう。

経営理念や事業への志、価値観といった暗黙知を“ウェイ”などの形で明文化し、経営トップが国内外の組織に浸透させようと、積極的に説いて回る企業が目立ってきました。リーマンショック以降、新興国を中心に事業のグローバル展開が急務となるなかで、その必要性はますます高まっています。経営トップともなれば、社員の関心を引き付ける成功体験や失敗体験も豊富です。発展の礎を築いた先人の逸話や貴重なエピソードもたくさん知っているでしょう。そうしたさまざまな物語を、伝えたい内容に応じて使い分けながら引用することが「ストーリーテリング」の要諦です。

たとえば「顧客の視点を大切にする」という理念があっても、その言葉だけでは実際の業務にどのようにして具現化すればいいのかは想像しにくく、聞き手の価値観によって捉え方も変わってしまいます。象徴的な例として、「あのとき、こう考えて、こう行動したらお客様に喜ばれた。その経験から顧客の視点に立つことの重要性を学んだ」という実体験のエピソードを物語風に引けば、相手の想像力を刺激して具体的なイメージを喚起させることができるでしょう。

1950年代から国外進出に乗り出したYKKでは、海外事業のさらなる現地化を進めるために、吉田忠裕社長が世界各国の拠点を巡回。現地社員と「車座集会」を重ね、創業者の思想や理念について話し合いながら、その意味を掘り下げる取り組みを続けています。2004年に「花王ウェイ」を策定した花王でも、尾崎元規社長が「企業間競争とは個性の磨き合い。だから理念の浸透、つまり花王らしさの徹底が不可欠」と考え、ウェイの浸透活動に力を注いでいます。特筆すべきは、現場への精力的な視察によって伝えるべきストーリーを自ら掘り起こしていること。「あの部署はこうして成功した。だから“絶えざる革新”が必要なんだ」という具合に、社内事例を引用して他の部署にもウェイの重要性を説いて回るのです。尾崎社長は「理念の浸透に有効なストーリーは、現場に行かなければ見つからない」 と指摘します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ウェイ
ウェイ(WAY)とは、「○○流、△△方式、××イズム」などで表現されるその企業“らしさ”。企業活動の根幹を形成する組織共通の価値観の総称であり、通常「経営理念」「行動指針」「ビジョン」「ミッション」などの形式で構成、明文化されます。
グローバル人事
「グローバル人事」とは、海外事業を展開する企業がグローバル連結ベースでの業績、成果を最大化することを目的に導入する人材マネジメントの取り組みです。本社、エリア、現地がそれぞれの役割や人事機能を明確にし、国境を越えた人材の登用、交流、育成、処遇などのしくみを構築することが求められます。
オープンブック・マネジメント
“オープンブック”のブックは企業の会計帳簿や財務諸表を指し、それをオープンにするという意味。すなわち「オープンブック・マネジメント」(Open Book Management)とは、自社のあらゆる経営指標をすべての従業員に開示し、経営の透明性を高めることによって、従業員の自律性や組織のモラールを最...

関連する記事

経営理念の策定・浸透に関するアンケート 労務行政研究所
企業が重視する価値観や存在理由を明文化した「経営理念」。企業の強みとなるが、どんなに優れた理念があっても、実践できていなければただの飾り物でしかない。実際の策定状況と、浸透に向けた取り組み内容や課題を調査結果から分析する。
2017/04/05掲載人事・労務実態調査
人事マネジメント「解体新書」第36回 「経営理念」を実現する人材マネジメント(前編) ~「経営理念」の作成・浸透が、強い人と組織を作る
厳しい経営環境の中、コスト削減やIT化・合理化で生き残りを図ろうとする企業は少なくない。しかし、それで果たして企業の活力は生まれてくるのだろうか?こんな時代だからこそ、経営者の思い、何より「経営理念」が人と組織にもたらす効果は大きいと考えられる。特に、勢いのあ...
2010/04/19掲載人事マネジメント解体新書
パートが「会社のために」力を発揮するようになる工夫
あなたの会社では、自社のスタッフに何を求めているのでしょうか? 企業へのアンケート調査から浮かび上がったスタッフに求めるものから、パートのやる気や自主性を引き出す方法を探ります。
2014/03/31掲載新卒・パート/アルバイト調査

関連するキーワード

「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...