企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ナラティブアプローチ ナラティブ・アプローチ

「ナラティブ(narrative)」とは、日本語で「物語」や「語り」のこと。「ナラティブ・アプローチ」は、相談相手や患者などを支援する際に、相手の語る「物語」を通して、その人らしい解決法を見出していくアプローチ方法です。1990年代に臨床心理学の領域から生まれましたが、現在では医療やソーシャルワークなどの分野でも実践されています。ナラティブ・アプローチの中でも、特に相談者の自主的な語りを重視する実践的な心理療法は「ナラティブ・セラピー」と呼ばれます。
(2018/4/25掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナラティブ・アプローチのケーススタディ

相談者と聞き手、支援者と被支援者
専門性や関係性を放棄した、新しい課題解決の形

悩みをざっくばらんに話しているうちに、だんだん進むべき道が見えてきた、という経験はないでしょうか。カウンセリングやセラピーといった本格的な心のケアのシーンだけでなく、友人や同僚との気軽な会話でも少なからず起こるこの現象。ポイントは「自分が話しているうちに」というところです。誰かに的確なアドバイスをされたり、問題点を指摘されたりするよりも、自分の言葉で考えを紡いでいった先に見つけた答えのほうが納得感を感じられるもの。それはもしかしたら、ナラティブ・アプローチによるものかもしれません。

例えば「部下への接し方が分からない」と悩んでいる人がいたら、「性格診断をやってみたら?」などと具体的なアドバイスをするのではなく、「悩んでいるんだね。メンバーはどんな様子なの?」とたずねてみる。「実は部下からよく相談されている」ことがわかったら、「部下はきちんと信頼してくれている」ことをその人の物語に付与します。すると新たな気付きが生まれ、悩みの解決へと導かれていく。相手の言葉を注意深く聞いていると、全体から見て例外と思えるユニークな点が出てくることがありますが、そこを補強するのです。

ナラティブ・アプローチが生まれたのは、聞き手がアドバイスをするカウンセリングのあり方に、専門家たちが限界を感じていたから。困難に陥り弱っている相談者と、情報や知見をもった支援者。両者の間には、大きな力の差があります。そのことを考慮せず、支援者が持論をぶつけてしまうと、相談者の気持ちが押さえこまれてしまう事態も起こりかねません。そのため、ナラティブ・アプローチでは、支援者が相談者の問題点をあえて見ないようにすることが重要です。ただでさえ価値観が多様化している現代。何がその人にとって最良なのかは、その人にしか分かりません。支援者が専門性を手放すことで、相談者にとっての最良を引き出すことができる「ナラティブ・アプローチ」は、今の時代らしいアプローチなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

セカンドハラスメント
「セカンドハラスメント」とは、ハラスメントを受けた人が被害について周囲に告白あるいは相談した際、逆に嫌がらせを受けたり、かえって相談者の方が責められたりするなど、ハラスメントの二次被害にあうことをいいます。セカンドハラスメントは、問題を悪化・深刻化させるだけでなく、企業にとってはコンプライアンス違反...
ラインケア
「ラインケア」とは、企業などの職場のメンタルヘルス対策において、部長・課長などの管理監督者が直属の部下にあたる労働者へ、個別の指導・相談や職場環境改善を行う取り組みのことです。組織内で指示命令を出す相手=部下を持つ管理監督者は、部下の状況を日常的に把握し、具体的なストレス要因の評価やその改善を図るこ...
傾聴
耳を傾けて聴くと書く「傾聴」(けいちょう)。心理学などの分野では以前からよく聞かれる言葉でしたが、近年はビジネスの場でも重要視されるようになり、傾聴の技術を身に着けたいというビジネスパーソンが増えています。 (2012/1/16掲載)

関連する記事

相談相手としての人材紹介会社
企業の求人を紹介するだけでなく、時には求職者の相談相手となる、人材紹介会社のコンサルタント。家族や友人にも相談しづらい転職の悩みを打ち明けられる、「ほど良い距離感の相談相手」であることが、求職者が訪れる大きな理由なのかもしれない。
2018/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
職場の上司は、相談しやすいか?
職場において「自分の考えや感情を気兼ねなく表明できたり、本来の自分を安心してさらけ出せる」と感じられる「心理的安全性」という言葉に注目が集まっています。「心理的安全性」が担保されているチームほど高い生産性を発揮するという見解もあり、職場に相談しやすい上司がいる...
2018/10/15掲載新卒・パート/アルバイト調査
人材採用“ウラ”“オモテ”  企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係 ~「電話での転職相談」増加中~
求職者の職務経歴や、転職にあたっての希望などを聞く「転職相談」は、人材紹介会社と転職希望者が接点を持つ機会であり、転職を成功させるために欠かせない意思共有の場。ところが、その転職相談に、少しずつ変化が見えはじめている。「できれば電話などで済ませてほしい」といっ...
2018/03/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

役員の健康診断開示につい
標記の件についてご相談申し上げます。 会社として何処まで健康診断の結果を開示するのか否かについて ご相談いたします。 よろしくお願いします。
4月入社者につきまして
今春の入社者(学卒)のことでご相談いたします。 部下から下記の内容を相談がありました。 つい先日、当時者(入社者)から言い忘れたという趣旨で相談を受けました。 実は自分は中国籍ということです。 外国人を採用すると在留証が必要になると思いますが、その他必要な書類等はありますか? 当社で他に確認する...
会社設立について
ここで相談をしていいものか分からないのですが、相談する場所もわからないので、書き込みをしました。 社長から突然、会社を設立しろ。 と指示をうけました。 会社の形態等は決まっているのですが、とりあえず、急いで登記まで済ませるようにという指示です。 何からはじめたらいいのかわからないので、教えて頂ければ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネス界の重鎮が提言!<br />
 語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

ビジネス界の重鎮が提言!
語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

日本のビジネスパーソンが海外で活躍するためには、何が必要なのでしょうか...