無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ウェイ ウェイ

ウェイ(WAY)とは、「○○流、△△方式、××イズム」などで表現されるその企業“らしさ”。企業活動の根幹を形成する組織共通の価値観の総称であり、通常「経営理念」「行動指針」「ビジョン」「ミッション」などの形式で構成、明文化されます。
(2009/8/31掲載)

ウェイのケーススタディ

企業を守り、強くする「第5の経営資源」
浸透させるためのしくみづくりが重要

近年、ウェイを「ヒト、モノ、カネ、情報」に次ぐ“第5の経営資源”として重視し、ウェイの確立と共有、現場への浸透をはかる、ウェイ・マネジメント(理念重視型経営)が注目を集めています。

多くの企業がウェイ・マネジメントに注力している背景には、大きく二つの要因があるといわれます。第一は、後を絶たない不正や不祥事、産業事故に対する企業側の強い問題意識です。ウェイはいいかえれば「社会や市場に対する企業の約束」。コンプライアンスと同様、全社員が仕事をする上で最低限守るべき基準となるものですから、企業がこれを徹底することで現場のモラルハザードを防ぎ、経営の“守り”を固めようとするのは当然でしょう。

もうひとつ、“攻め”の効果も見逃せません。ダイバーシティの拡大や海外進出に伴う雇用の現地化などによって、多くの企業ではかつてないほど人材の多様化が進んでいます。仕事量の増大や業務の複雑化・高速化が社内のコミュニケーションを希薄にし、企業文化や仕事に対する基本的な考え方をフェイス・トゥ・フェイスで伝承する機会も失われつつあります。そうしたなか、日本企業本来の強みである組織への帰属意識を取り戻し、経営の求心力を高める取り組みとして、ウェイ・マネジメントに期待が集まっているのです。ウェイが浸透すれば現場への権限委譲もしやすくなり、経営のスピードや変化への対応力がアップします。権限を与えられた現場の成長意欲や当時者意識も高まるでしょう。

ウェイ・マネジメントでは、曖昧になりがちな理念を、全社員がどれだけ腑に落ちる形で共有し、実際の行動に活かせるか――そのための具体的なしくみづくりが問われます。ウェイ・マネジメントの先進企業である日産では、カルロス・ゴーンCEOの下での改革の成果を抽出した、いわば日産の成功の秘訣を2005年に「日産ウェイ」として明文化。組織に浸透させるために、この日産ウェイに個人がどれだけ貢献したかを評価基準に取り入れ、基本年俸額に反映させています。04年に「花王ウェイ」を策定した花王は「企業文化情報部」を設置し、国内外の事業拠点で、花王ウェイをグローバルに理解してもらうためのワークショップを積極的に開催しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード