企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】サラリーマンホウジンカ サラリーマン法人化

会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法人に外注費を払うかたちになります。
(2004/10/15掲載)

サラリーマン法人化のケーススタディ

「法人化」で社員は手取りが増え
会社は人件費削減ができるメリット

中堅出版社で書籍編集部に席を置くAさんの年収は約800万円。しかし厚生年金と健康保険の合計で年収の約2割――160万円ほどが天引きされています。

そのAさん、担当していた単行本の出版を一区切りにして、次の仕事からは「サラリーマン法人」としてやることにしました。仕事の内容も労働条件も同じ、単行本の企画から編集、販促活動までを行い、今までどおりに会社に出社して年収800万円を得ますが、会社との契約を業務委託契約に変えてもらったのです。Aさんは自分ひとりだけが社員の「有限会社A事務所」を設立し、それによって雇用関係はA事務所という「会社」対「会社」(Aさんの勤務先の出版社)ということになりました。

様々な書類提出など会社設立のために1カ月ほどかかりましたが、しかし、これだけのことでAさんの家計はぐっと楽になりました。なぜなら、手取りの収入が増えたからです。年収800万円のサラリーマンから、同じく年収800万円の自営業者となったAさん、国民年金の保険料が年間32万円、国民健康保険は約20万円を負担しなければなりませんが、サラリーマンだったときは年金と保険で160万円も払っていたわけですから、差し引き100万円以上もトクをする結果となりました。

一方、Aさんがサラリーマン法人に変わったことで会社(勤務先の出版社)も大きなメリットを得ました。会社は社員を厚生年金や健康保険に加入させる義務を負い、社員と折半で保険料を支払います。そのために会社は、じつはAさんに年収の約1.5倍、1200万円ほどの給与を支払っていました。Aさんが法人化して国民年金と国民健保に変わったので、会社は保険料負担が大きく減り、人件費に余裕が生まれたのです。

このケースに見るように、サラリーマン法人化というのは社員にも会社にも利点があるアイデアだと言えますが、今のところほとんど普及していません。会社と「正社員」の雇用関係にあるサラリーマンなどはこの不況下、それを業務委託契約に変えるのが不安なのかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

106万円の壁
2016年10月からパートタイマーに対する社会保険の適用範囲が拡大され、従業員501人以上の企業であれば、勤務時間が週20時間以上で、1年以上の勤務が見込まれるパートタイマーは、見込み年収106万円(賃金で月額8.8万円)から社会保険の加入対象となります。この改正により、配偶者が会社員・公務員である...
業務委託
「業務委託」とは、企業に雇用されるのではなく、企業と対等な立場で、仕事単位で契約を結ぶ働き方のこと。契約形態には、委任契約と請負契約の2種類があります。委任契約は、成果や結果にかかわらず、一定期間に実際に遂行した業務に対して報酬が支払われます。請負契約は、役割を完了させることが任務となっており、納品...
国民年金
「国民年金」とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。「日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方」は、全員が国民年金に加入する義務があります。俗にいう「第1号被保険者」の場合は保険料を自分で全額を直接収める必要がありますが、厚生年金に加入している場合は、保険料の一部が国民年金にまわされるた...

関連する記事

社会人のフリーエージェント
この時期プロ野球の「フリーエージェント(FA)」の話題が世間を騒がす。FA宣言した選手の中には、交渉の末、より良い条件を引き出して元のサヤに納まるケースも少なくない。似たようなことは転職においてもあるようだが、会社員の場合、それは未来に大きな影を落とすこととな...
2016/11/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
政治経験者の再就職
多くの候補者がしのぎを削る選挙だが、もちろん当選するのはそのうちの一部。落選した場合は、新しい仕事を探すことになる。しかし、一般企業への転職活動の際には、政治活動期間がキャリアの「ブランク」だと考えられてしまうこともあって――。
2017/11/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉んでいる。
2019/08/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

出向者の健康診断について
当社(A社)は、B社より出向者Cを受け入れています。この場合、出向者Cに健康診断を受けさせなければならないのは、当社(A社)でしょうか、それともB社でしょうか。あるいは、A社でもB社でもどちらでもよく、A-B社間で、任意に取り決めればよいのでしょうか。
出向先からの退任慰労金について
現在、弊社からA社へ出向している者がおりまして、A社の取締役に就任しています。 その者が3月末で出向解除となり、それに伴い、A社から退任慰労金を支払うという連絡がありました。 出向解除後は、本体に戻ってくるのですが、こういう場合、退任慰労金は直接A社から本人に支払ってよいものなのか、それとも、A社か...
雇用保険と労災保険
当社に入社した社員で、かけもちで他社A社に働いている者がいます。雇用保険を入社日からかけようとして手続きをしたところ、A社の方で雇用保険をかけている為、雇用保険はかけることができませんでした。この場合、雇用保険はどちらでかけるべきなのでしょうか?また、労災保険は、当社もA社もかけることができるのでし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

人事リーダー育成講座 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...