企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ワーキングプア ワーキングプア

ワーキングプアとは、「働いても豊かになれない。どんなに頑張っても報われない」という、「働く貧困層」のこと。今、日本では、このワーキングプア層の急拡大が大きな社会問題となっています。
(2007/3/19掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワーキングプアのケーススタディ

生活保護受給者の伸び率は過去最高
格差の拡大が深刻な社会問題に

生活保護の受給者がこのところ急激に増えています。生活保護受給世帯数は、平成14年に100万を突破してから増加を続け、平成16年度では120万世帯近くにまでなりました。ここ10年の1.6倍を超える伸び率は過去最高記録です。最近の傾向としては、年金だけでは生活できない「高齢者」、そして長い不況の中で大量に発生した失業者や非正規雇用の労働者など、いわゆる「ワーキングプア」と呼ばれる受給層の増加が特徴です。

景気回復と言われる今でも、都会では大学や高校を卒業した後なかなか定職に就けず、日雇いの仕事で命をつないでいる“住所不定無職”の若者が急増しているといいます。正社員への道は狭き門で、今や3人に1人が非正規雇用として働いており、子供を抱える低所得世帯は、食べていくのが精一杯で教育費どころではない現状があります。

地方と都会の経済格差も増大し、主要産業の伸び悩みなどにより地域経済全体が落ち込んでいる地方では、収入が少なくて税金を払えない人たちが急増した結果、破たんする自治体まで現れました。

急速に進む格差社会に対して、国は財政難を理由に生活保護費を削減する方針を打ち出しました。各地では、支給額を減らされた人たちが国を相手に訴訟を起こしたり、生活保護を受けられずに困窮する若者たちも出ています。

生活保護制度は、憲法25条の生存権(「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」)を実現させるために、昭和26年に制定された生活保護法に基づく制度。制定されてからすでに50年以上が経過していることもあり、生活保護を申請したのに受けられず餓死する人がいたり、不正受給の問題で、本当に受けるべき人が受けられていないのではないかという指摘も少なくありません。

一方、安価な労働力として、ワーキングプアに依存する事業主もいるようです。今後ますます、格差社会が進むとも言われていますが、所得が高い層と低い層、いわゆる勝ち組と負け組が世代を超えて固定化するのではないかといった危惧もされ始めました。ワーキングプアの存在は、これからの日本が真剣に取り組まなければならない、最も深刻な社会問題の一つであることは間違いないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

高学歴ワーキングプア
修士号や博士号を所持してはいるものの、定職に就けず、アルバイトなどで日々の生計を立てている人たちや、弁護士、医師などの国家資格を取得していても開業後に仕事がなく貧しい生活を余儀なくされている人たちのこと。
非正規公務員
「非正規公務員」とは、臨時・非常勤職員といった非正規雇用の形態で、役所や病院、ハローワーク、学校、図書館、保育所などの国や自治体が母体となる組織で働く職員のことを言います。国家公務員法第60条、地方公務員法第22条では、臨時・非常勤職員は最長6ヵ月の任期契約で働くことができると定められていますが、契...
LO活
「LO活」とは、「LOCAL」と「就活(就職活動)」とを合わせた造語です。厚生労働省では、大都市圏の学生にとって地方での就職が選択肢のひとつとなるよう、普及していくとともに、地方での就職を希望する学生などを支援するため、地方=ローカルへの就活を「LO活」と名付け、今年度から地方自治体などと連携した地...

関連する記事

岩瀬達哉さん これから「厚生年金」はどうなるのか
現在43歳以下の男性サラリーマンは65歳からでないと年金を満額受け取れません。厚生年金はどうしてこんなことになったのか。ヨーロッパのような手厚い年金制度を、なぜ日本はつくることができないのでしょうか。複雑で全体像が見えにくい日本の年金について、ジャーナリストの...
2005/03/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”
《論談時評》第3回 貧富の差はどこまで広がった?「格差社会」を読み解く
バブル景気の頃を境にして人々に大きな貧富の差が生まれたとか、生活保護の支給を受ける世帯が激増したなどという経済指標とともに、「格差社会」の是非をめぐる議論が進行中です。人々の不安の底にあるのは、何なのか。数々の格差本や記事から、読み解きます。
2006/06/12掲載編集部注目レポート
山田久さん 正社員と非正社員の処遇格差を是正するには
働く人の3人に1人が非正社員という状況を背景に、正社員と非正社員の処遇格差をなくしていこうという動きが活発化しています。安倍内閣が「再チャレンジ支援策」の柱に掲げるパート労働者への厚生年金適用拡大もその一つ。しかし、新たな負担を強いられることになる企業からは、...
2007/05/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...