企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2019/11/21

【ヨミ】ニセンニジュウゴネンノガケ 2025年の崖

「2025年の崖」とは、複雑化・ブラックボックス化した従来型のレガシーシステムが「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の実行を妨げていることを問題視したキーワードです。経済産業省が2018年に公表した「DXレポート」で指摘されました。レポートでは、2025年までにDXを達成できなければ最大12兆円の経済損失が毎年発生すると試算されています。一方、DXを実現できた場合は、2030年に実質GDPが130兆円超に押し上がる可能性があるといい、2025年は経済停滞に向かうか変革に向かうかの分岐点といえます。

2025年の崖のケーススタディ

ブラックボックス化し放置されてきたレガシーシステム
2025年までの行動が明暗を分ける

ここ数年だけでもビッグデータやAI、ロボティクス、5Gなど、技術の進展には目覚ましいものがあります。データドリブン経営と呼ばれる経営手法も登場しました。しかし、新たな技術が脚光を浴びる一方で、時代の流れに取り残されている日本企業も少なくありません。その背景には従来利用してきた「レガシーシステム」の存在があります。

レガシーシステムとは、企業の基幹システムのベースとなっていることが多いメインフレーム(汎用コンピュータ)を利用されて構築したシステムなどを指します。これらは、各ベンダーの独自技術によって構築された独自の仕様であることが多く、長年にわたって機能の拡張が何度も繰り返された結果、システムが肥大化し、管理者がいなくなってしまっているケースも少なくありません。中にある膨大なデータに影響が出ることを恐れてシステムの刷新を図ることができないというのが、多くの企業の現状なのでしょう。

しかし、保守や運用が属人化したレガシーシステムを維持するには高いコストがかかるので、いずれはDXに踏み切らなければなりません。これまで移行作業は後回しにされてきましたが、経産省が「2025年の崖」を提言したことで、DXが急務であるという認識が広まりました。

事業部ごとに保管されているデータを、ERPなどの単一の基幹系情報システムに集約することが解決への大きな一歩となりますが、事態はそれほどシンプルではありません。リーダーシップを執るべき経営層が既存システムを理解していないこと、企業とベンダーの強固な関係性を要すること、DX人材が不足していることなどがDXを実行する上での課題となっています。

それでは、人事担当者が「2025年の崖」のためにできることとは何でしょうか。まずは経営層にDXの重要性を説き、人的にも経済的にもコストを投下しなければならない共通認識を持つこと。また、DX推進に向けたプロジェクトチームまたは部署を立ち上げることが挙げられます。

そして、既存システムから新システムに移行することにより、システム系部署に求められるスキルが変わるため、新たな人材を採用または育成する必要もあるでしょう。短期的にはコストのかかるDXですが、国際競争のなかで自社が生き抜いていくためには必要な投資。システムだけでなく、企業の姿勢を「守りのIT」から「攻めのIT」へと移行させていく必要があるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

デジタルトランスフォーメーション銘柄
「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」とは、経済産業省が東京証券取引所と共同で、デジタルトランスフォーメーション(DX)を積極的に取り組む企業を「DXグランプリ」や「DX注目企業」として選定・公表するものです。これまで5回にわたり、IT利活用に取り組む先進企業が「攻めのIT経営銘柄」と...
ERP
ERPはEnterprise Resource Planningの頭文字をとった略語で、「企業資源計画」と訳されます。本来は言葉の通り、経営に必要な資源を管理するための計画を指しますが、日本では一般的に「企業活動におけるあらゆる情報を連携・集約した統合基幹業務システム」を意味することが多くなっていま...
ITSS
経済産業省が策定した、IT関連サービスに必要とされる能力を明確化・体系化した指標です。SSはスキル・スタンダードの略で、「ITスキル標準」という言い方もします。

関連する記事

4. 人事システムの主な機能
同じ人事システムではあるが、タレントマネジメントシステムには人事・給与システムとは異なる機能的な特性が求められる。人事・給与システムの場合、処理する業務も定型業務がほとんどであり、求められるのは確実性と効率性だ。しかし、タレントマネジメントシステムの場合は、利...
2012/10/29掲載よくわかる講座
1. 人事システムとは
「人事システム」とは、人事のさまざまな業務をIT化することで企業経営に貢献するシステムである。業務の効率化やコスト削減だけにとどまらず、企業の組織力を高め、経営戦略実現をサポートするための強力なツールとしての人事システムについて見ていくことにする。
2012/10/29掲載よくわかる講座
8. 人事システム導入にあたっての注意点
●人事システムの導入は中期的・長期的視点で計画的に取り組まなくてはならない。●タレントマネジメントシステム導入は「投資」という発想で計画すべきである。●カスタマイズやアドオン開発は将来のことも考えて行う。●「人事」と「システム」の両方がわかる人がいるのが理想。...
2012/10/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

アルバイトの採用コスト
飲食店で新たな経営を始めようとしていますが採用コストについてはいくらぐらいで考えればよろしいでしょうか? 知人の話ではかなりコストがかさんでいるとのことですが、大体いくらぐらいをめどに考えればいいのかを教えてください。
新卒採用のコストについて
新卒採用にかけるコストについてのご質問です。 企業規模や採用人数によって、それぞれ変わってくるとは思いますが、新卒採用にかけるコストは平均いくらぐらいが妥当と言えるでしょうか。1人当たりにかける平均コストなどが分かれば教えて頂きたいです。
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...