無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ピーディーシーエー

PDCA

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を取ったもので、継続的な改善を目指す手法の一つです。それぞれの項目を連続的に循環させ、継続的に品質を向上させることを目的としています。

更新日:2023/12/27

PDCAとは

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を取ったもので、継続的な改善を目指す手法の一つです。それぞれの項目を連続的に循環させ、継続的に品質を向上させることを目的としています。

日本でPDCAが登場したのは、1950年に品質管理の父と呼ばれたW・エドワーズ・デミング博士が紹介したことがきっかけといわれています。PDCAは「デミング・サークル」「デミング・サイクル」と呼ばれることもあります。

品質管理から始まったPDCAは当初製品や工程の品質管理に用いられましたが、その後組織全体の管理に拡張していきました。現在では、ビジネスシーンだけではなく、教育現場、スポーツまで幅広く採用されている、メジャーなフレームワークの一つです。

特にビジネスシーンにおいては、個人・チームレベルの業務改善から企業組織の中長期経営計画まで幅広く応用でき、さらに品質マネジメントの国際規格であるISOマネジメントシステムにも取り入れられています。

PDCA(Plan・Do・Check・Action)の基本的な回し方

Plan(計画)

実行計画を検討し、目的・目標を決め、どのように達成に向けて動いていくかを決めます。目的とは、なぜ計画を実行する必要があるのか、計画に盛り込んだ目標を達成することは自分たちにとってどのような意味を持つのかを示すことです。目標とは、達成度合いがわかる指標のことで、数値などで具体的に示します。過去の実績や周囲の状況を踏まえて、現実的に達成可能なものにします。

Do(実行)

計画を立てたアクションを実行します。実行段階で反対する声が出ないように、なるべくPlanの段階で認識を合わせるのが重要です。目的について同意しておくことが特に重要な役割を果たします。後のCheck、Actionを正確に行うために、計画から実行内容を変えないように注意します。変えた場合は変更を詳細に記録します。

Check(評価)

実行内容を検証します。データを活用して振り返りますが、定量的なデータ以外に、定性的な情報を重視するのも有効です。また、計画通りに実行できなかった部分があれば、それを踏まえて評価をします。

Action(改善)

検証結果を踏まえて、次回はどのように行動していくか改善策を検討します。Checkの段階で正しい分析ができていなければ改善策も的外れになり、成果につながりません。

PDCAのメリット・デメリット

メリット

するべきことが明確になる

PDCAサイクルは、初めに目標とアクション計画を立てることによって、するべきことが明確になるのがメリットです。明確なゴールを決めて、時期、目標数値を把握しながら計画に基づいてチームとして動いていくことが、継続的な業務改善につながります。

課題や問題点がわかる

計画の実行中に進捗状況の確認・検証を繰り返すことで課題や問題点がわかるようになります。計画に対して、実行したアクションが思うような成果に結び付かない場合は、解決しなければならない課題があります。

その際に設定する課題が思い付きのものにならないよう、定量データや定性的な情報を使用して分析し、論理的に仮説を立てる必要があります。PDCAを回しながら継続的に課題解決を目指すことは、個人・組織の成長の促進につながります

デメリット

コミュニケーションコストが増える

計画の策定から実行、評価・検証を定期的に継続するPDCAサイクルを採用すると、コミュニケーションのコストが増えてしまいます。PDCAの各項目を精度高く分析しようとすればするほど、打ち合わせが増える可能性があります。計画と検証のための会議であることを、常に念頭に置く必要があるでしょう。

イノベーションが生まれにくい

PDCAは、あくまでも過去の施策や行動を評価して継続的に改善を生み出す考え方です。そのため、過去の慣習を覆すような革新的なイノベーションは生まれにくい性質があります。改善策も過去に取った施策の延長線上にあるものになりがちです。

コスト削減や生産性向上といった継続的な施策の改善には向いていますが、新しい価値を創出する目的にはそぐわない手法といえます。ただし、今まで正しい検証をしていなかった業務に対してPDCAによる検証を導入した場合は、新たな発見があるケースもあります。

成果を高めるPDCAサイクル

PDCAサイクルの成果を高めるには、計画や実行段階で同意に至らなかった内容があるとしても、計画で定めた業務をやり切ることが重要です。

PDCAで改善イメージ

目的・目標を明確にする

目標を明確にしたら、常にチーム全員に明示し、目指すゴールに向かって計画を実行します。目標の難度にかかわらず、目標達成を目指すと社内に向けて宣言し、行動していくことが大切です。常に状況を共有することにより、社内で目標に対する共通認識を持つことができます。

計画をなるべく途中で変更しない

計画を実行途中で変更してしまうと、実行後に正しく検証できなくなります。途中で計画を変更せざるを得なくなったら、計画段階で認識を合わせ切れなかったことを意味します。安易に計画の変更を許してしまうと、社内にPDCAの意識が定着しません。

やり遂げるためのリーダーが必要

PDCAを形だけで終わらせないようにするには、確実に実行するためのリーダーが必要です。リーダーは、自分自身が行動責任を果たすとともに、周囲に目を配りながら問題を抱えていないか見守り、サポートする役割を担います。やると決めたことをチームで互いに認識し、最後まで実行することが大切です。

定期的な評価・検証を怠らない

目標に対して問題なく計画が進んでいるかどうかを確認し、取り組んだアクションプランに対する評価・検証を怠らないことが大切です。成果の有無にかかわらず評価・検証を継続することで、強みや課題がわかるようになります。

PDCAに代わるフレームワーク

OODAループ

PDCAに似たフレームワークにOODA(ウーダ)ループがあります。OODAループとは、意思決定と行動に関する理論のことで、Observe(観察)、Orient(情勢への適応)、Decide(意思決定)、Act(行動)の四つのプロセスを取ります。OODAループは、アメリカ空軍のジョン・ボイド大佐が提唱したとされ、当初は戦争時の空中戦において戦闘機パイロットの判断精度の向上を図ることを目的としていました。

OODAループは意思決定を促すフレームワークであり、不確実で変化が大きい局面や、新規事業を始める場合においてスピード感を持った意思決定に役立ちます。当初の計画を綿密なものにするよりも、まずは始めてみて経過を観察し、状況に合わせて判断し、意思決定を早めます。対してPDCAサイクルは、商品やサービスの継続的な品質改善をする際に役立てるもので、すでに存在している商品の長期的な業務効率化を図るときなどに効果を発揮します。

先行きが不透明で、何が正解かわからない中では、まずは行動を起こした上で、状況に応じて判断することが重要です。一方、計画性が求められる業務ではPDCAサイクルが適しています。採用活動とPDCAサイクルなどの相関性について聞いた『日本の人事部』の2017年の調査では、自社チームが採用で成果を上げているとした企業であればあるほど、採用活動においてPDCAサイクルは十分に機能していると答えており、PDCAサイクルの活用度と採用活動力には一定程度の相関性があることがわかります。

単純にどちらが良いと比較するものではなく、目的に応じて使い分けることが大切です。

OODAの図

PPDACサイクル

PPDACサイクルとは、課題解決のためのフレームワークの一つ。Problem(問題)、Plan(計画)、Data(データ収集)、Analysis(分析)、Conclusion(結論)の頭文字をつなげたもので、5段階のフェーズを循環させることで課題解決を目指します。

ビジネスパーソンになじみがある「PDCAサイクル」は、戦後日本で製品や生産の品質管理に用いられを支えたフレームワークです。

PPDACサイクルは、情報化社会である現代においてデータを利活用して問題を解決する点に特長があり、1990年代ごろに発展しました。

PPDACの図

PDCAによる検証の重要性

多くの営業部門や生産部門がPDCAサイクルに取り組んでいますが、中にはPlan(計画)・Do(実行)止まりでうまく機能していない組織も少なくありません。

人事データの学術利用を進める、早稲田大学教授の大湾秀雄さんは、「日本企業の人事は“PDCAのない世界”」としつつ、「人事データという、せっかくの宝の山が有効活用されていない」と指摘しています。例として、ある企業が採用時の人事情報と入社後の活躍度合いを示す評価との関係を回帰分析で調べた結果、採用時の面接やグループ討議の評点を含む選考結果は、入社後のパフォーマンスとの間にほとんど相関がないことがわかったことを挙げています。

データ分析で見えた結果から仮説を立てて改善策を検討すると、今までと違ったアプローチが可能になります。そして改善策の効果をより正確に検証するためにも、企業は情報をできるだけ残して共有し、PDCAサイクルを回すことが求められます。

企画・編集:『日本の人事部』編集部

HRペディア「人事辞典」

HRペディア「人事辞典」

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

用語の基本的な意味、具体的な業務に関する解説や事例などが豊富に掲載されています。掲載用語数は1,300以上、毎月新しい用語を掲載。基礎知識の習得に、課題解決のヒントに、すべてのビジネスパーソンをサポートする人事辞典です。

この記事ジャンル 人事考課・目標管理

無料会員登録

会員登録すると、興味のあるコンテンツをお届けしやすくなります。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「人事考課・目標管理」に関する記事

「人事考課・目標管理」に関する人事のQ&A

使用者が労働者の私生活に介入し、特定の行為を禁止できるか

社内通達は以下の通り
緊急事態宣言期間の移動原則禁止
不要不急の旅行や帰省で都道府県をまたいだ移動を原則禁止とする。
(通勤は除く)
 ① 移動をしなければならない理由がある者は、事前に上長(管...

グッチーさん
京都府/ 半導体・電子・電気部品(従業員数 501~1000人)
2020/04/19 13:01 ID:QA-0092334 人事管理 解決済み回答数 3 件

年上の部下に対する指導をしやすくするための環境整備

いつも有益な情報をご提供いただき、ありがとうございます。
弊社では成果に基づき、年齢に関係なく昇格する人事制度を導入しています。そのため、年上の部下を抱える社員が増えてきているのですが、「部下の指導が...

どっしり刑事さん
東京都/ 情報サービス・インターネット関連(従業員数 501~1000人)
2020/02/17 20:42 ID:QA-0090585 育成・研修 回答終了回答数 4 件

「人事考課・目標管理」に関する書式・テンプレート

OKRテンプレート

企業で目標を定めるフレームワークの一つ「OKR」のテンプレートです。店舗販売事業を持つ企業を例にした目標を記載しています。例を参考に自社で編集しご利用ください。

ダウンロード