企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

提供:ワークデイ HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人工知能(AI)」「データ分析(アナリティクス)」などのテクノロジーを人事業務に活用する「HR Tech」。グローバルカンパニーでは既に導入が進み、日本企業の経営者や人事担当者の関心も急速に高まっている。

このランチ・ミーティングでは、専門家によるプレゼンテーションと質疑応答、パネルディスカッションを実施し、「HR Tech」の基本的な考え方から具体的な活用事例までを紹介。テクノロジーと人事業務の未来をともに考える場となった。

プロフィール
岩本隆氏 プロフィールPhoto
慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授
岩本 隆氏(イワモト タカシ)
日本モトローラ株式会社、日本ルーセント・テクノロジー株式会社、ノキア・ジャパン株式会社、株式会社ドリームインキュベータを経て、2012年に慶應義塾大学大学院経営管理研究科特任教授就任。
石山洸氏 プロフィールPhoto
株式会社リクルートホールディングス Recruit Institute of Technology 推進室室長
石山 洸氏(イシヤマ コウ)
リクルートのAI研究所 Recruit Institute of Technology 推進室室長。大学院在学中に修士2年間で18本の論文を書き、アラン・ケイの前でプレゼン。博士課程を飛び越して大学から助教のポジションをオファーされるも、リクルートに入社。雑誌・フリーペーパーから、デジタルメディアへのパラダイムシフトを牽引。リクルートとエンジェル投資家から支援を受け、資本金500万円で会社設立。同社を成長させ、3年間でバイアウト。その後、メディアテクノロジーラボの責任者を経て現職。
上野勇氏 プロフィールPhoto
株式会社セプテーニ・ホールディングス 専務取締役
上野 勇氏(ウエノ イサム)
1998年入社。入社後は主に人事領域を担当。人事担当役員としてグループの人事マネジメントをリードしていく傍ら、科学的な人材育成の取り組みを構想。2016年グループ内にて当分野の研究活動に専念する「人的資産研究所」の設立を主導した。

INDEX

  • ・ 「HR Tech」で人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~(岩本隆氏)
  • ・ 専門家ではないすべての人がAIをつくれる時代~「データサイエンス3.0」~(石山洸氏)
  • ・ 人事データを経営に生かす~「人的資産研究所」の取り組み~(上野勇氏)
  • ・ 質疑応答・まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事のバックナンバー

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが「給与前払いサービス」です。アルバイト、パート、派遣ワーカーには、働いた当日や、必要なタイ...
2018/12/10掲載
グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”
日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続けている。それは海外で人材を活かせない、育てられないということ。その原因として考えられるのは...
2018/11/22掲載
「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは
能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげることはできず、メンタルヘルス不調や離職を招く場合もあります。ビジネス環境が厳しさを増すなか...
2018/11/07掲載