無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2022/12/07

2022年度新入社員 入社後半年後調査レポート

企業研修、人事組織コンサルティング事業を行う株式会社シェイク(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:吉田実)は、入社後半年の新入社員に焦点を当て、

・どのようなモチベーション状況にあるのか?
・彼らはどのようなマインドで仕事と向き合っているのか?
・彼らが入社後感じたギャップはどのようなものか?
・上記を踏まえて、今後どのような育成をすべきか?
・来年度の新入社員研修、育成において何を留意すべきか?

といった観点を探るために、約600名の新入社員を対象に9月中旬~10月上旬に実施したアンケートから分析・考察を行い、「2022年度入社 新入社員入社後半年レポート」を発行いたしました。

本プレスリリースでは、アンケート結果を抜粋してご紹介いたします。


【Point1】「上司・先輩」のかかわりの量が多い新入社員はモチベーションが高く、特に仕事の具体的なアドバイスを受けている新入社員はモチベーションが高い

現在のモチベーションについては 、 84.9%の新入社員が「どちらかというと高い」以上を選択しました。
また、モチベーションが「かなり高い」「高い」新入社員は、全体的に上司・先輩とのかかわりの量が多く、特に具体的なアドバイスを受けていることがわかりました。

【Point2】失敗や周囲の目を恐れ、挑戦できない可能性がある

「うまく行かないかもしれない挑戦は避けたいか」、「 周囲の人から、できない人だと思われたくないか」という項目について 、 2021年と比較して 「いつもそう思う 」、「 ときどきそう思う」と回答した新入社員が増加しました。

よって、昨年よりも、できない人と思われることや、失敗に対する回避傾向が強まっているため、新入社員の行動を後押しするための周囲とのかかわりの重要性が高まりそうです。

【Point3】配属後、ネガティブなギャップを感じた新入社員のうち「今の仕事に対する自分自身の適性が低い」と感じた方が、34.2%

「配属後、仕事や職場環境に対して配属前の想像とのネガティブな意味でのギャップを感じたことがあるか」について、25%(146名)の新入社員が「ある」と回答しました。

ネガティブな意味でのギャップを感じた25%(146名)の新入社員がギャップを感じたポイントとしては、「想像していたよりも、今の仕事に対する自分自身の適性が低い」が34.2%で最も多くなりました。

入社後半年の段階で「仕事に対する適性が低い」と捉えている新入社員が一定数おり、
職場風土や育成に対してよりも、「仕事」に対してギャップを感じていることがわかりました。
これを踏まえ、早い段階で仕事や自分の能力に対して否定的ではない見方ができるよう、
サポートする必要があると言えます。

【Point4】早期から「見て学ぶ」、「自分で情報をとりに行く」ことを求める育成は、モチベーションや成長期待の低下につながる可能性がある

今どのような育成を受けているか(当てはまるものを3つ選択)という項目において、
「自分の興味関心、意向を踏まえて仕事が渡されている」を除いて、
2021年の数値と比較した際の増減は 5%以内という結果であり、2021年から2022年の1年間で職場の育成環境は大きく変わっていないと言えます。

現在新入社員が受けている育成と仕事に対する現在のモチベーションの関係性についてですが、「確実にスキルや知識を身に着けるよう丁寧に指導されている」と感じている新入社員は、モチベーションが高い傾向にあることがわかりました。

一方で、「上司や先輩 の背中をみて、真似することで仕事を覚えている」、「自ら学んだり、情報をとりに行くことが重視されている」と感じている新入社員は、モチベーションが低い傾向にあることがわかりました。
 

◆本リリースの詳細はこちらをご覧ください。

(株式会社シェイク / 12月2日発表・プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。