無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース 掲載日:2022/01/14

パンデミックが世界の労働市場に与えた影響についての調査レポートを発表

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:グラント・トレンズ、以下ヘイズ)はこの度、パンデミックが世界の労働市場に与えた影響の分析や、長期的な影響を予測した調査レポート「新型コロナウイルス感染拡大が世界のビジネスに与えた影響 PANDEMIC IMPLICATIONS FOR THE WORLD OF WORK」を発表しました。
 

【レポート概要】
コロナ禍で生まれた新たな人材プール
コロナ禍をきっかけに、テレワークが一気に浸透しました。居住地に囚われないボーダーレスな働き方や、国境を跨いだ働き方を意味する「テレマイグレーション」なども広がりつつあることから、人材不足に悩む企業には高スキル人材を発掘するチャンスも生まれています。特に深刻な人材不足に悩まされているテクノロジー産業には追い風となるでしょう。

ハイブリッド勤務をめぐる動向
テレワークに慣れた従業員が増加し、出勤と在宅勤務を融合させたハイブリッド勤務を要望する声が高まっています。調査対象となった取締役1000人のうち、74%は将来的に在宅勤務時間を増やす方針であると回答しています。一方、イギリスでは従業員の30%が、在宅勤務よりもオフィス勤務の時間を増やしたいと考えています。


コロナ禍が高スキル人材の労働市場に与えた影響(ヘイズが展開している34カ国・地域)

雇用率の低下

  • 2019年第4四半期から2020年第4四半期にかけて雇用率が3.8%低下

失業率は1.2ポイントの悪化

  • 2019年第4四半期から2020年第4四半期にかけて、4.3%から5.5%に悪化

若年層(15歳-24歳)が他の年齢層より打撃を受ける

  • 若年層は、すべての調査対象地域で、失業率が他の年齢層を上回りました。
  • ヘイズがビジネスを展開している市場のうち、データが揃った26市場で、2019年第4四半期から2020年第4四半期の1年で、若年層の雇用率が17.4%低下しました。しかし2020年末までには5%回復しています。

男女別の雇用状況では女性がより打撃を受ける

  • 今回のコロナ禍で、女性の雇用状況が男性に比べ著しく悪化しました。
  • 2019年第4四半期から2020年第4四半期にかけて、ヘイズが進出している市場において、女性の雇用者数が男性よりも大幅に減少しています。
  • データが揃った24市場において、上記期間中女性の雇用率は3.4%低下しています。これは、男性に比べて0.4%高い数値です。


企業が注目すべきポイント
今回の調査で、高スキル人材は、オフィス出勤か在宅勤務を一択するよりも、働く場所を選択する働き方を好むことが明らかになりました。企業は、事業継続のために不可欠な高スキル人材の獲得競争を迫られています。解決策として、事業拠点の地域で採用が出来ない場合には、遠隔で働く人材の活用を視野に入れましょう。各方面のリーダーには世界中の人材を活用することをお勧めします。テレワークも定着し、企業は会社の制度充実化や技術によって、遠隔で働く人材の採用に迫られることが予想されます。サイバーセキュリティや遠隔で働く人材への企業文化の浸透、遠隔地で働く人材に如何にして地域や国の法令を遵守させるかなどの課題もありますが、これらの舵を上手く取ることが出来れば、世界中の人材を活用できるチャンスが高まるでしょう。


◆本調査の詳細は、こちらをご覧ください。

(ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社/1月6日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。