企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2020/07/03

<確報版>6月1日時点の21卒就職活動調査~キャリタス就活2021 学生モニター調査結果(2020年6月)

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2021年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に、6月1日時点での就職活動状況について調査しました。6月1日の選考解禁時の動き、WEB面接に対する感想など多岐にわたって調査いたしました。
(調査期間:2020年6月1日~4日、回答数:1,204人)


<<主な内容>>

1.6月1日現在の内定状況
○内定率は64.0%。前年同期実績(71.1%)を7.1ポイント下回りました
○就職活動終了者は全体の35.2%。前年(43.9%)を8.7ポイント下回る。継続者は64.7%

2.内定を得た企業の属性
○「情報処理・ソフトウエア」が最多。2位「建設・住宅・不動産」、3位「電子・電機」

3.選考解禁日(6月1日)の呼び出し状況
○「最終面接」は対面10.4%、オンライン10.6%

4.選考試験の受験状況
○選考試験の平均受験社数は、筆記10.1社、面接7.4社。いずれも前年同期より微増

5.就職活動継続学生の動向
○内定を得ても就職先を決めていない理由「本命の企業がまだ選考中」55.1%

6.インターンシップ参加企業の本選考への応募と内定
○本選考への応募理由「インターンシップを通じて志望度が高まった」(80.9%)が最多

7.内定企業への意思決定に必要なフォロー
○決定にあたり、「内定企業からのフォローが必要」90.8%。前年(88.7%)よりさらに増加
○必要なフォローは「現場社員との面談」「人事担当者との面談」「社内・施設見学会」の順

8.WEB面接によるミスマッチ
○WEB面接がミスマッチにつながると考える学生は約6割(59.7%)


【調査概要】
調査対象:2021年3月に卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)
回答者数:1,204人(文系男子379人、文系女子355人、理系男子330人、理系女子140人)
調査方法:インターネット調査法
調査期間:2020年6月1日~4日
サンプリング:キャリタス就活2021学生モニター(2016年卒以前は「日経就職ナビ・就職活動モニター」)

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ディスコ / 6月15日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会