企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジココウリョクカン 自己効力感

「自己効力感」(self-efficacy)は心理学用語の一つで、何らかの課題に取り組むときに困難な状況であっても、「自分は対処できる」と自分に対して確信、自信といったイメージが持てることをいいます。カナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した言葉で、「自己効力感」があることによって人は物事に前向きに取り組み、困難にも耐えられるようになります。人は「どうせできない」と考えるよりも「きっとできる」と考えたほうが行動できるように、「自己効力感」は人の行動に大きな影響を及ぼします。
(2017/11/20掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己効力感のケーススタディ

ジョブズが学生に贈った言葉「点と点をつなげ」
自分自身を信じ切ることの大切さ

アップルコンピューターの創業者であるスティーブ・ジョブズは、スタンフォード大学の卒業式で卒業生にこう語りかけました。「先を見通して点をつなぐことはできない。点は振り返ってつなぐことしかできない。だからこそ、将来何らかの形で点がつながると信じることが大切だ」。この「Connecting The Dots(点と点をつなげ)」という呼びかけは、「自分はできる、自分は日々成功に向けて歩いている」と思い込む大切さについて語っています。日々、前向きに点を打ち続けられること。それこそがジョブズの「自己効力感」がもたらした行動といえるでしょう。

では、どうすれば「自己効力感」を高められるのか。心理学者のアルバート・バンデューラは四つの情報源の重要性を説いています。一つ目は実際に行動してみて成功体験を積む「遂行行動の達成」。成功体験はもっとも強力な支援となります。二つ目は他人の行動を観察して自分に活かす「代理的体験」。自分に近い人がうまく行動している姿をみると、「自分にもできるのでは」という気持ちを起こさせます。三つ目は周りからの励ましや評価によって気持ちを高める「言語的説得」。人は周囲から褒められたり、評価を得るとやる気が出ます。グループでの活動は効力感の強化に効果があります。四つ目は課題を前に自分がリラックスした状態にあることを自覚することで生まれる「情動的喚起」。人は自分が動揺していると感じるとマイナスの影響を受けることがあるため、自分が精神的に落ち着いた状態にあると感じられることは「自己効力感」にプラスの影響を与えます。

「自己効力感」を生み出す難しさは、要因となる事実を本人がどのように捉えるかでその影響が大きく変わることからもわかります。例えば、勉強してテストで80点をとったときに、「真面目に頑張ったから80点も取れた」と思えば「自己効力感」は高まりますが、「頑張ったのに80点しか取れなかった」と思えば「自己効力感」は低下してしまいます。

ビジネスにおける成功者の話では、よく「根拠のない自信」といった言葉が登場します。「自分ならばできる」「自分はついている」と思える人は、それだけでも自分の「自己効力感」が高められているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...
自己奉仕バイアス
「自己奉仕バイアス」(Self-serving bias)とは、成功したときは自分自身の能力によるものであり、失敗したときは自分ではどうしようもない外的な要因によるものだと思いこむ考え方です。例えば、試験の点数が良かったときは「自分は頭がいいから」と考え、点数が悪かったときは「先生は自分のことが嫌い...
ジョハリの窓
「ジョハリの窓」とは、他者との関係から自己への気づきを促し、コミュニケーションの円滑な進め方を模索するためのツールとして提唱された心理学モデルのことです。自分に対する理解を四つの領域に分け、それぞれを“窓”――“開かれた窓”“気づかない窓”“隠された窓”“閉ざされた窓”――にたとえて考察することから...

関連する記事

小島 貴子さん:ダイバーシティ・リーダーシップが会社を変える、日本を変える 「自分で決められる人材」の育て方とは
変化と多様性の時代に、職場のキーパーソンとして求められるのは「自分で決める、決められるダイバーシティ・リーダーシップの持ち主」であると、東洋大学グローバル・キャリア教育センター副センター長の小島貴子准教授はおっしゃいます。元埼玉県庁の伝説のキャリアカウンセラー...
2013/04/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
宮城まり子さん 社員が笑顔で、生き生きと働くための「キャリアカウンセリング」
コミュニケーション不全に陥っている職場や個人に対して、どのように支援していけばいいのか──。今回は臨床心理士として、またカウンセラーとしても豊富な経験を持つ、法政大学キャリアデザイン学部教授の宮城まり子先生に、社員が生き生きと働くためにどのようなアプローチが有...
2009/02/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
小杉俊哉さん 今こそ求められる「キャリア自律」、その実現のために人事は何をすべきか?
昨今の不況下、コスト削減のためにキャリア自律研修を控える企業も多いようですが、中長期的な視点で考えれば、今こそキャリア自律に関する明確な施策を打ち出すことが、必要なのではないでしょうか。これまで数々の企業の人事責任者を歴任、また、大学ではキャリア自律を研究テー...
2010/02/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ ANAの研修力

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...