【ヨミ】フォルトライン フォルトライン

「フォルトライン」とは、Fault(断層)とLine(線)から成る言葉で、日本語では主に「断層線」と訳されます。経営学では、一つのグループが属性の違いによって潜在的に複数のサブグループに分断されているとき、サブグループ間の境界線のことを、組織内の“断層”に例えて「フォルトライン」と呼んでいます。この概念は、1998年に加ブリティッシュ・コロンビア大学のドラ・ロウ氏と米ノースウェスタン大学のキース・マーニガン氏が提唱して以来、ダイバーシティ・マネジメントにおける新しい視点として注目されています。
(2017/1/27掲載)

フォルトラインのケーススタディ

経営にマイナス効果を及ぼすダイバーシティとは
属性の違いが組織内を断絶、複数次元の多様化を

「ダイバーシティ=人材多様性が組織のパフォーマンスにどのような影響を与えるか」は経営学の重要なテーマであり、過去40年以上にわたって、数多くの実証研究が積み重ねられてきました。「多様性は組織にとって好影響」と結論づける研究もあれば、「むしろマイナス」とする研究結果もあり、学者の間でも最近まで合意が形成されていなかったのです。“必須の経営課題”と叫ばれて久しいダイバーシティ。いまや取り入れるのは当然との風潮もあるだけに、学術的な評価が定まらず、業績にプラスに働くどころか、マイナスの効果さえもたらしかねないという議論は意外かもしれません。

そもそも経営学でいう人材の多様性は、「タスク型の多様性」と「デモグラフィー型の多様性」に大別されます。前者は、実際の業務に必要な能力や経験、職歴などの多様性のこと。後者は、性別、国籍、年齢など、その人の“目に見える”属性についての多様性をいいます。最新の研究結果では、「タスク型の多様性は組織にプラスの影響を与えるが、デモグラフィー型の多様性は組織に何の影響も与えないか、むしろマイナスの影響をもたらす」ことが明らかになりました。つまり、組織にとって重要なのはあくまでタスク型の多様性であって、ただ「女性や外国人の“数”を増やせばいい」と安直にデモグラフィー型の多様性だけを追求しても、組織への好影響は期待できないというわけです。

なぜ、デモグラフィー型の多様性がマイナス効果をもたらすのか――それを考える視点として「フォルトライン」の理論が注目されています。ロウとマーニガンは、属性の違いが組織内グループを潜在的に分断することに着目し、この境界線を「フォルトライン」と呼びました。たとえば、6人のメンバーから成る組織があったとして、そのうちの3人が<男性・白人・50代>で、残り3人が<女性・アジア人・30代>だとしたら、組織内がそれぞれ3人ずつのサブグループに分断されるので、この組織には「フォルトライン」が存在することになります。

デモグラフィックな属性にはさまざまな“次元”がありますが、このケースのように、各サブグループが性別・人種・年代と複数の次元で共通しているとき、フォルトラインが“強い”といいます。フォルトラインが強いと、サブグループ間の縄張り意識から対立が起こりやすく、結果として組織全体のパフォーマンスに悪影響を及ぼしかねません。男性3人の中にアジア人を入れたり、女性3人の中に20代を混ぜたり、どの次元においても多様性を担保し、属性が入り組むように人を配置すれば、サブグループを隔てるフォルトラインが弱まり、組織内コミュニケーションがスムーズになるのです。

これまで<男性・日本人>が主流だった日本企業が女性を増やす際は、年齢や人種・国籍、バックグラウンドの多様性にまで配慮しないと、フォルトラインを強めてしまうので、注意が必要です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード