企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アンコンシャス バイアス アンコンシャス・バイアス

「アンコンシャス・バイアス」とは、日本語で「無意識の偏見」「無意識の思い込み」と訳される概念、自分自身が気づいていないものの見方や捉え方のゆがみ・偏りを表します。瞬間的かつ無意識的に生じる知的連想プロセスの一種であり、過去の経験や習慣、周囲の環境などから身につくものです。「男性は運転がうまい」「若い人は発想が新鮮」「女性だから出しゃばらないほうがいい」などが典型例。組織運営やマネジメントにおいても、こうした先入観や固定観念が判断にゆがみを与え、適切な意思決定の妨げになりかねないと問題視されています。
(2016/5/13掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンコンシャス・バイアスのケーススタディ

米国の男性CEOはなぜ背が高いのか?
意思決定にゆがみをもたらす無意識の偏見

米国の人気作家、マルコム・グラッドウェル氏の著書によると、米国の「フォーチュン500」企業の約半数の男性CEOについて、その身長を調べたところ、平均は6フィート(約182センチメートル)で、全米男性の平均を3インチ(約7センチ)上回ったといいます。身長が6フィート以上の男性の割合は人口全体では約15%ですが、調べた企業のCEOでは約60%にものぼり、さらに約30%のCEOが6.2フィート(約188センチ)以上でした。なぜCEOに背の高い男性が多いのか――人は無意識のうちに「背の高い男性はカリスマ性や統率力がある」という思い込みにとらわれていて、それがCEOを選抜する際の判断にバイアスをかけるからだ、というのがグラッドウェル氏の分析です。こうした無意識の偏見や先入観がネガティブに作用してしまうケースを、「アンコンシャス・バイアス」と呼びます。

「理系=男性、文系=女性」といった固定観念も、よくあるアンコンシャス・バイアスの一例といえるでしょう。実際、企業などが理系の研究職を募集すると、履歴書の内容には差がなくても、女性より男性の採用率が高くなります。これは、選ぶ側が「理系といえば男性」と、無意識に関連づけてしまうから起こることだと考えられています。また、オフィスで雑用を頼まれたとき、男性社員が断っても評価への影響は出なかったのに、女性が断ると評価が下がり、逆に、男性が依頼を引き受けると評価が上がるのに対して、女性が同じことをしても評価は上がらなかった、という報告もあります。これも「女性は頼み事を断らない」という無意識の思い込みが働き、評価に反映されたケースと言えるでしょう。IT関連の業界や職種では、若手に斬新な発想やイノベーションを期待する一方、ベテランに対しては、その能力を実際より低く見積もってしまう傾向もみられます。

理系に強い女性もいれば、高齢でも若々しい発想を持つ人はいるはずです。それなのに、性別や年齢などの属性に対する偏見にとらわれ、人を“色眼鏡”で見ていることに気づかないまま、せっかくの可能性を端から排除してしまっている。ダイバーシティの重要性が高まるなか、人材マネジメントに携わる人にとって、アンコンシャス・バイアスの弊害は極めて大きいと言えるでしょう。最近は、ディスカッションやロールプレイを通じて、無意識の偏見への気づきを促し、それをなくすためのトレーニングを研修に取り入れる企業も出てきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

オールド・ボーイズ・ネットワーク
伝統的に男性中心社会であった企業コミュニティーには、それぞれの組織内で培われてきた独特の文化や雰囲気、しきたりがありますが、それらは決して明文化されることなく、マジョリティーである男性メンバーの間で暗黙のうちに築かれ、共有、伝承されているのが普通です。この排他的で非公式な人間関係や組織構造を指して...
ガラスの崖
「ガラスの崖」(glass cliff)とは、2004年に英エクセター大学のミシェル・ライアン教授とアレックス・ハスラム教授が提唱した造語で、「ガラスの断崖」「ガラスの崖っぷち」とも訳されます。業績が低迷し、危機的な状況にある企業では、男性よりも女性が、リーダー的な役職や幹部に起用される傾向にある...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...

関連する記事

田中俊之さん: 「男性学」が読み解く「働く男のしんどさ」とは? 働き方の変革は、企業にとっての「リスクヘッジ」
「男性学」の第一人者である武蔵大学の田中俊之助教にインタビュー。折しも「女性活躍推進」が喧伝されていますが、女性が変わるためには、男性の生き方や働き方も変えなければなりません。なぜ男性は変われないのか。変わるには何が必要か。田中先生にじっくりとうかがいました。...
2014/08/25掲載キーパーソンが語る“人と組織”
辛淑玉さん 女性を活用できない企業は潰れる
男女均等処遇の取り組みが始まって久しいのに、それが必ずしも現場に深く浸透していかないのは、どうしてなのか。女性が働きやすい職場環境をつくっていくために、企業がしなければならないことは何か。人権や男女差別の問題に詳しい人材育成コンサルタントの辛淑玉さんにうかがい...
2005/01/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
首藤若菜さん 「男性の職場」に進出した「女性」の働き方 
現業職場を中心に、体当たりで労働の現場を調査してきた首藤さんに、男女の職場を統合していく難しさについてうかがいました。
2006/06/19掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネス界の重鎮が提言!<br />
 語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

ビジネス界の重鎮が提言!
語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

日本のビジネスパーソンが海外で活躍するためには、何が必要なのでしょうか...