企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ミナシダイキギョウ みなし大企業

「みなし大企業」とは、資本金や常時使用している従業員数など規模の面では、中小企業基本法第2条に定められた中小企業の定義に該当していながら、大企業である親会社から出資を受けているなど、実質的に大企業の支配下にある会社のことをいいます。「みなし大企業」と認定されると、国や自治体などが中小企業を支援する目的で整備した各種公的助成金制度の対象から除外される場合があります。
(2016/3/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなし大企業のケーススタディ

規模は“中小”でも大企業が経営に参画
助成金の対象からは除外されるケースも

昨年5月、経営再建中のシャープが、資本金を1億円に減らして“中小企業”になると発表し、物議を醸したのは記憶に新しいところでしょう。中小企業に分類されたほうが、法人税の軽減税率が適用され、外形標準課税の対象外となるなど、税制上の優遇が受けられるためです。しかし、企業再生にそうした優遇措置を活用するという“奇策”に批判が集まり、同社は後日、計画撤回を余儀なくされました。

日本企業の99%以上は中小企業ですが、大企業と比べると、ヒト・モノ・カネ・情報などの経営リソースの不足は否めません。制度上、中小企業に有利な面が多いのはそのためです。意欲と活力のある中小企業を支援し、経営革新の推進を促すために、国や自治体が整備している各種の公的助成金や補助金もその一つでしょう。公的助成金は、主に人材育成や労働環境整備などに活用できる雇用系の助成金と、試作開発、販路開拓などで活用できる事業系の助成金に分けられますが、雇用系の助成金については基本的に審査などがなく、“倍率はなし”。中小企業にとっては、それぞれの助成制度で定められている申請要件さえ満たせば受給できるのが魅力です。

しかしここで注意したいのが、「みなし大企業」と呼ばれる考え方。多くの助成金は、中小企業基本法第2条によって定義される中小企業が対象となりますが、資本金もしくは常時雇用している従業員数のどちらかがこの定義を満たし、中小企業に該当したとしても、大企業が親会社として実質的に経営に参画している場合は「みなし大企業」と認定され、助成金の対象から外される場合があるのです。「大企業が実質的に経営に参画している」状態とは、具体的に次の条件に該当するケースを指します。

 ・大企業が単独で発行済株式総数または出資総額の2分の1以上を所有または出資していること。
 ・大企業が複数で発行済株式総数または出資総額の3分の2以上を所有または出資していること。
 ・役員総数の2分の1以上を大企業の役員または職員が兼務していること。

特に、各自治体が独自に支給する助成制度では、「みなし大企業」を除外することが少なくありません。申請にあたっては、募集要項などをよく確認する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

助成金
新しい雇用の創出や高齢者の雇用の安定などを目的として、厚生労働省はさまざまな「助成金制度」を設けています。一定の条件を満たした従業員の採用や定年延長、または会社の創業や新規事業への進出などが助成金の対象となります。
中小企業基盤人材確保助成金
新しく会社を起こしたり、異業種へ進出したりした事業主に対して、その事業の核となる従業員および一般の従業員を雇用した場合に支給される助成金です。ハードルは高いけれども支給金額も大きい助成金なので、起業家には見逃せない制度と言えます。
雇用調整助成金
減産や休業を余儀なくされた企業が雇用を維持するために従業員を休ませたり、教育訓練を受けさせたりする場合に、従業員に支払う休業手当や教育訓練費などの一部を国が助成するしくみを「雇用調整助成金制度」といいます。

関連する記事

HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増
採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった。昨年は15.1%だったので、この1年間で約2倍に増加したことになる。また、業務効率化における活用は...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座

関連するQ&A

助成金の経理処理
お世話になっております。 助成金の受給をしたのですが、助成金の経理処理をどのようにすればよいでしょうか?仕訳を教えて頂ければ嬉しく思います。
継続雇用に関する助成金について
継続雇用に関する助成金について、質問させてください。  弊社では、以前から定年等の取決めは就業規則等で定めてはいなかったのですが、そういった事業所でも、受給資格はあるのでしょうか。
助成金について
ウェディングプロデュースの会社をして10年になります。スクールも始めましたので本格的にスタッフを増やして業務拡大を狙っているのですが、助成金は出ますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...