企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アクイ ハイヤー アクイ・ハイヤー

「アクイ・ハイヤー」(acqui-hire)とは、英語の買収(acquisition)と雇用(hire)を掛け合わせた造語で、買収による人材獲得という意味です。大企業が、優秀なエンジニアや開発チームを獲得するために、そうした人材が所属する零細ベンチャー企業をまるごと買収する手法を指します。2000年代半ばに米グーグルが始めたのが最初だと言われています。
(2015/6/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクイ・ハイヤーのケーススタディ

優秀な人材を得るためのベンチャー買収
オープン・イノベーションで競争に勝つ

数多くのITビジネスを輩出してきた米国のシリコンバレーでは、近年、優秀な開発者や技術者の獲得競争が過熱し、そうした人材の不足が恒常化していると言われます。新しい技術やサービスを創出するために、一からエンジニアを集めて開発チームを立ち上げようと求人募集を出しても、グーグルやアップル、アマゾンといった名だたる企業でさえ、適切な人材を確保するのは容易ではありません。そこで実施されているのが、「アクイ・ハイヤー」と呼ばれる人材獲得の手法です。

すでに関連分野でスタートアップしている零細ベンチャービジネスを探し、数億円から数十億円で買うのがアクイ・ハイヤー。まるごと買収することで、買収先企業の開発リーダーや開発チームを手っ取り早く確保でき、サービスを迅速に立ち上げられます。たとえ数十億円かかっても、ライバルとのし烈な開発競争に勝つことができれば、投資費用などすぐに回収できるのです。

発表によると、グーグルは2010年から2013年前半までに約196社を買収し、推定で約1兆8700億円(187億ドル)を投じています。1年間に約50、60社のペースで買収を繰り返している計算ですが、一件あたりの買収額は平均で30億円程度にすぎません。これは同社が、アクイ・ハイヤーの手法で「人材獲得を目的とした買収」を展開しているからです。

もっとも、2000社以上のベンチャー企業がしのぎを削るシリコンバレーの圧倒的な産業集積の基盤がなければ、とてもできることではないでしょう。このように、社外から人材や技術などのリソースを取り込むことで、開発競争を優位に進めることをオープン・イノベーションと呼びます。また逆に、研究・開発施設などを社内で整備し、自前のエンジニアを育成して、新サービスの創出を目指すことをクローズド・イノベーションといいます。後者の開発手法では、コンピュータ関連やネットビジネスなど技術革新のスピードが著しく激しい分野の競争にはなかなか対応できません。だからこそ、人もアイデアも、手っ取り早く“組織ごと買う”のでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

フルスタックエンジニア
「フルスタックエンジニア」とは、すべての開発を一人で手掛けることができる人材のことを指し、別名マルチエンジニアとも呼ばれます。通常、プロジェクトではシステムエンジニア、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニアなど、各分野の専門エンジニアが分業するかたちで仕事が進められます。しかし、スタートアップや...
イノベーション
語源は英語で「変革する」「刷新する」という意味の動詞innovateの名詞形innovation。経済活動において既存のモデルから飛躍し、新規モデルへと移行することを意味します。日本語ではよく「技術革新」の同義語として使われますが、本来は新しい技術を開発するだけでなく、従来のモノ、しくみ、組織など...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第61回 見直しが求められる「人材開発部門」の役割・機能(前編) ~企業と従業員のニーズの変化にどう対応していくか
企業の「人材開発部門」には、変革を推進していく担い手として、経営に貢献できる人材開発のプロとしての役割・機能であることが求められている。 『前編』では、人材開発部門に変化対応が求められている背景と、企業における人材開発の現状を見ていくことにする。
2013/01/11掲載人事マネジメント解体新書
研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座
中原 孝子さん~日本の「人材開発担当者」に足りないものとは ~人材開発のプロになるために~
ASTD(American Society for Training & Development=米国人材開発機構)は、米国ヴァージニア州アレクサンドリアに本部を置く世界最大の人材開発・パフォーマンスに関する会員制組織です。日本企業の人材開発部門は、海外と比較...
2012/02/20掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 経営戦略 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...