企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キャリアクライシス キャリアクライシス

「キャリアクライシス」とは、ビジネスパーソンがそれまでに培ってきたキャリアを失いかねない危機、あるいはそうした危機に直面することを意味します。長いキャリアライフでは、年齢によって誰もがキャリアクライシスに陥りやすい時期があるといわれ、特に20歳代後半から30代前半にかけては、仕事や将来への不安、組織との葛藤、私生活の環境変化など、さまざまな要因から自身の現状に疑問や迷いが生じがち。焦りから安易な転身に走り、かえって評価や待遇レベルを低下させるなど、キャリア価値を自ら損なってしまうのがキャリアクライシスの典型例です。
(2015/5/28掲載)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリアクライシスのケーススタディ

キャリアの確立期だからこそ陥る落とし穴
組織の一員としての実感や貢献意欲が減退

個人がどの程度自社に愛着を感じ、自己を会社と同一視しているか――組織心理学では、こうした従業員の会社に対する心理的な関わりを「組織コミットメント」と呼びます。

早稲田大学ビジネススクールの竹内規彦准教授は、2010年に全国の民間企業に勤務する大卒ホワイトカラー社員約1000人を対象にアンケート調査を行い、この組織コミットメントの度合いを測定しました。具体的には、「私はこの会社に愛情を感じていると思う」「私は自分の会社の一員なのだ、と強く感じることがある」といった複数の項目について、「まったく違う」から「まったくそのとおり」までの7段階の選択肢でそれぞれ回答を求め、自社に対する愛着度や自己と会社の同一視傾向の強さを数値化しています。

このビジネスパーソンの組織コミットメントの程度を、年齢別にみるとどのように推移するのかを分析したところ、興味深い結果が浮かび上がりました。組織コミットメントは入社後、徐々に低下し、20代後半で一度“底”に達します。それからいったん上昇するものの、30代前半でふたたび落ち込み、低迷するのです。しかもこの2度目に見られる落ち込みのほうが、その程度が大きく、期間も長いことがわかっています。

このように組織コミットメントが落ち込み、組織の一員であるという実感も、そこから来る積極的な貢献意欲も強く持てない心理状態の時期にこそ、「キャリアクライシス」の落とし穴が口を大きく開けて、迷えるビジネスパーソンを待っているのかもしれません。

竹内准教授によると、この調査結果は、キャリア研究の権威である米・コロンビア大学名誉教授の故ドナルド・スーパー氏が提唱したキャリア段階の理論とも一致しています。スーパー氏が理論づけたライフ・ステージモデルでは、上記の“二つの危機”が見られる20代後半から30前半までの年代は、まさにキャリアの「確立段階の試行期」。個人や職種によって多少の差はあるにせよ、大半のビジネスパーソンにとっては、数多くの試行錯誤を経験しながら、成功体験を重ねるたびに仕事への自信や自らのキャリアのよりどころをつかんでいく時期にあたるのです。その一方で、何かしら失敗や逆境に遭遇すると、「このままで本当にいいのか」「自分にはもっと別の可能性があるのでは」といった考えが頭をよぎる――そういう不安定な時期でもあります。実際、この時期の組織コミットメントの落ち込みをきっかけに、不本意な転職を重ねて、自らキャリア価値を損ねてしまうジョブホッパーの例も少なくありません。

逆に言えば、こうしたキャリアクライシスを経験し、それを乗り越えてこそ、ビジネスパーソンは真の職業人として成長でき、自己のキャリアを確立することができると言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ライフキャリア・レインボー
「ライフキャリア・レインボー」とは、1950年代に米国の教育学者のドナルド・E・スーパーが発表したキャリア理論。ライフキャリア・レインボーの理論では、キャリア=職業とは考えず、キャリアを人生のある年齢や場面のさまざまな役割(ライフロール)の組み合わせと定義。人生全般にわたり、社会や家庭でさまざまな...
キャリアショック
「キャリアショック」とは、国内のキャリア研究の第一人者である、慶應義塾大学大学院特任教授の高橋俊介氏が同名の著書で提唱した概念で、自分が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことをいいます。変化の激しい時代を生きるビジネス...
J字型カーブ
組織行動学では、個人が企業など所属する組織に対して抱く愛着や同一視などの心理を、「組織コミットメント」と呼びます。「J字型カーブ」とは、入社から10年目くらいのキャリアプロセスの初期から中期の間に見られる、組織コミットメントの変化のパターンをモデル化したものです。2000年代初頭までの研究によると、...

関連する記事

花田 光世さん: 「キャリアアドバイザー」を活用することで、組織の活性化と個人のキャリア自律の統合を図る
近年、組織における「キャリアアドバイザー」の存在が注目を集めています。慶應義塾大学総合政策学部の花田光世教授はこのキャリアアドバイザーの育成に長年取り組まれ、キャリアカウンセラーのように社員の個人の「こころ」の問題を中心としたキャリアの支援だけでなく、“組織の...
2013/10/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第93回 社員に気づきと成長を促す「キャリア開発支援」【前編】
「キャリア開発」があらためて注目されている。まずはキャリア開発支援の枠組みをしっかりと把握し、具体的な制度設計に踏み込んでいくことが重要である。「キャリア開発支援」の必要性を明らかにするとともに、具体的な対応(施策)と、運用のポイントについて解説する。
2016/04/14掲載人事マネジメント解体新書
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...


顔と名前の一致”が組織を強くする<br />
 シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものが...