企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウショクナイテイリツ 就職内定率

就職希望者に対する就職内定者の割合(%)のことです。高等学校や大学などの卒業予定者を対象に、文部科学省や厚生労働省が年に数回行っている「就職内定状況に関する調査」の中で公表しています。
(2005/3/7掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職内定率のケーススタディ

企業業績の改善などで
高卒予定者は4年ぶりに70%を超える

文部科学省の高等学校卒業予定者の就職内定状況調査は、国立は大学法人、公立は各都道府県教育委員会、私立は知事部局を通じて、全国のすべての高校(約5500校)を対象に、毎年10月末、12月末、3月末に行っています。2005年3月卒業予定者の2004年12月現在の就職内定率は73.4%で、同年前期の68.0%から5.4ポイント上昇し、4年ぶりに70%を上回りました。ちなみに卒業予定者約120万8000人のうち、就職希望者は約22万4000人、就職内定者は約16万5000人となっています。

厚生労働省も高校生などを対象に類似の調査を行っていますが、これは学校および公共職業安定所を通じて求職している者のみを調査対象としています。したがって職安を通さない縁故による就職内定者や公務員の内定者は含まれていません。

一方、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校卒業予定者の就職内定状況調査については、かつては文部科学省と厚生労働省が別々に実施していましたが、現在では共同で2カ月に1回行っています。2005年3月の卒業予定者の2004年10月時点の調査では、設置者や地域性を考慮して国立大学21校、公立大学3校、私立大学38校、短期大学20校、高専6校、専修学校20校の計108校を抽出。その中から5860人の学生の内定状況を調査しました。その結果、就職内定率は大学が61.3%(前年度同期1.1%増)短大が30.9%(同1.9%増)高専が98.5%(同3.5%増)、専修学校が35.1%(同0.4%増)でした。

就職内定率は過去最悪だった2002年度を底として回復しつつあり、文部科学省では「企業業績の回復などを反映し、改善傾向が明確になっている」と話しています。しかし、いぜんととして学生の就職環境が厳しい状況にあるのは変わりません。このため文部科学省は107名のジョブサポーターティーチャーを、また厚生労働省は600名の若年者ジョブサポーターを、それぞれ各都道府県に配置するなどして(いずれも2004年度)、進路指導や就職相談を行っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

内々定
「内々定」とは、「内定前の内定」という意味で、企業などが就職を希望する新規学卒者などに対し、正式な採用通知に先立って、非公式の採用予定通知を出すことをいいます。政府が「2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請」において、新卒採用者に対する内定通知は卒業・修了学年の10月1日以降(2...
未就職卒業者
「未就職卒業者」とは、大学を卒業した時点で、就職も進学もしていない人を指します。就職できずにいったん卒業すると、大学の就職支援を受けにくく、フリーターなど不安定な雇用形態に固定化される原因になるといわれます。日本では、少子化で大学・短大への入学者数が減少しているにもかかわらず、この未就職卒業者の数は...
希望留年制度
卒業時までに企業から内定をもらえなかった学生に対して、翌年度も就職に有利な“新卒”として就職活動ができるよう、本人が希望すれば留年を認め、在学させる制度です。「卒業延期制度」とも呼ばれ、就職戦線の激化を背景に導入する大学が増えています。

関連する記事

2016学生の傾向は?
就職活動の後ろ倒し、そして景気回復による売り手市場を受け、当事者である2016年卒学生に何か変化はあるのでしょうか。今回は、「2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(2014年11月1日状況)」から、2016年卒学生が、2015年卒学生とどのような違い...
2015/09/14掲載新卒・パート/アルバイト調査
就活「後ろ倒し」の目的は達成できたのか?
2016年卒の新卒採用スケジュール「後ろ倒し」によって、その目的であった、「学生の学業に費やす時間」は増えたのでしょうか?スケジュールの変更前の学生(2015年卒)と変更後の学生(2016年卒)との間に、学業に費やす時間について差があるのかどうか、就職活動に関...
2016/06/13掲載新卒・パート/アルバイト調査
「内定者フォロー」とは ~その目的
新卒採用では、母集団形成や面接・選考といったプロセスがクローズアップされがちだ。しかし、内定を出した学生を確実に入社させ、また入社後の新人研修にスムーズにつなげていくための最終段階「内定者フォロー」も、決して無視できない大切なポイントである。
2011/03/14掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

内定通知書について
お世話になっております。 間もなく10年度卒業の学生に対し、内定を出すのですがその際に、内定通知書をお渡しするつもりです。 10月には改めて内定式を行う予定なのですが、その場合には再度内定通知書を渡すものなのでしょうか? 2度内定通知書が渡されるのは不自然ですか? それとも10月以前の内定通知書...
内定辞退
今年になって内定辞退が急増しております。内定辞退を防ぐ具体的な方法についてお伺いいたします。
内定式
この度、弊社として初めて『内定式』を行うことになりました。内定式の企画・立案を任されたのですが、まったく初めての状態でして、情報がとても少ない状態です。 そこで、ご意見を伺いたいのが 1.何の為に内定式を開催するのか 2.どのような内容・プログラムを組んでいるのか という二点です。 以上、よろ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...