企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アスリートシャイン アスリート社員

「アスリート社員」とは、企業に社員として籍を置きながら競技に打ち込むアスリートのことで、本業とスポーツとの両立を図り、双方での成果と実績をもって自社に貢献できる人材を指します。厳しい勝負や練習を通じて培われたメンタルタフネス、チームワークや礼節を重んじる気持ちなど、スポーツ選手ならではの優れた資質をビジネスにも生かせるのがアスリート社員の強みです。企業スポーツを取り巻く環境は依然として厳しいものの、一方で単なる“広告塔”や社会貢献目的ではなく、純粋に戦力としてアスリートを雇用しようとする動きが、競争の激しい分野や人材難の業種を中心に広がり始めています。 (2015/1/22掲載)

アスリート社員のケーススタディ

体力以上に期待されるのは精神力の強さ
特別扱いなしで競技と仕事の両立を支援

一つの競技に打ち込み、優秀な成績を収めてきた現役のスポーツ選手を、企業が「アスリート社員」として採用し、ビジネス面での戦力化を前提に、仕事と競技との両立を支援する取り組みが注目されています。

とび・土工事業などを手がける深谷組(さいたま市)は、2007年から「アスリート採用」をスタート。いわゆる体育会系の学生にターゲットを絞った採用活動を積極化し、入社後も社内外のクラブチームで競技生活を続けられるように、活動費や休暇取得をサポートしています。アスリート採用を始める前の同社は、若手の離職率が高く、毎年新卒で10人以上採っても、その大半が辞めていくという状況が続いていました。そこで会社に残っている若手の経歴を調べたところ、学生時代にスポーツに打ち込んでいた社員が多く、特に野球部出身者の定着率が高いことが明らかに。人手不足が深刻な建設業の担い手を発掘し確保・定着を図るには、体育会学生の採用に力を入れ、競技と仕事との両立を支援しながら活用していくことが必要と判断したのが、アスリート社員導入のきっかけでした。14年度までに20人程度が同採用枠で入社しています(日経コンストラクション2014年8月11日号より)。

飲食店運営や酒類・飲料の卸売業などを営む阪神酒販(神戸市)でも、三段跳びやレスリング、セパタクローといった競技の日本代表クラスの選手がアスリート社員として活躍しています。海外遠征などの際の勤務融通を除けば、原則特別扱いはなし。フルタイムで働く総合職社員としての採用です。練習量は限られるものの、短時間に集中する工夫と生活の安定が奏功し、競技でも本業でも着実に成績を伸ばしているといいます。

キャリアやスキルでの差別化が困難な新卒採用では、もともと体育会系の人材は人気が高く、就職人気ランキングの上位を占める大企業、有名企業では新卒採用の30%以上が体育会の出身者だというデータもあるほどです。なぜ、彼らはそうした企業に選ばれるのでしょうか。もちろん“体力”は大きな要素ですが、体の強さ以上に大切なのは心の強さ。体育会出身者の採用・就職支援を専門に手がけるアスリートプランニングの山崎秀人社長によると、企業が体育会学生に求めるのは「先輩・後輩のタテ社会や組織の中で揉まれた経験であり、そこから生まれるメンタルの強さ」です。先述の深谷組もアスリート社員に期待する点として、「フォア・ザ・チーム(チームのため)の気持ちや練習で鍛えた強い精神力は仕事にもプラスになる」と分析しています。

かつて自社PRや社員の一体感の醸成、社会貢献などを目的にスポーツを支援していた企業は、バブル崩壊後、目的に対する費用対効果を見出せず、続々とスポーツから離れていきました。しかし、一流のアスリートがビジネスパーソンとしても有能であるならば、厳しい企業間競争を勝ち抜くために、彼らを戦力化しない手はありません。スポーツだけやっていればいいという特別扱いを排し、フルタイム勤務を前提に、仕事と競技の両立をどこまで支援できるかがポイントでしょう。2020年東京オリンピック開催に向けて、アスリート人口は拡大必至。新たな有望人材の宝庫から目が離せません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
リクルーター
リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。
2008/04/09掲載注目の記事
松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
派遣社員の契約取扱いについて
派遣社員を1名採用しており、指揮命令者を弊社社員Aとしております。 この度、社員Aが出向することとなりました。ただし、社員Aは出向後も派遣社員の指揮命令者となります。この場合、派遣社員の契約は、社員Aの出向先企業で改めて締結する必要が有りますでしょうか? (派遣社員の方には、社員Aを指揮命令者として...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...