企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シンソツシャタイケンコヨウ 新卒者体験雇用

「新卒者体験雇用」とは、就職先が決まっていない新規学卒者の就職を支援するために、厚生労働省が2010年2月から始めた制度。新卒未就職者を対象に1ヵ月から最長3ヵ月の体験雇用の機会を設けることによって、希望職種の選択肢を広げるとともに、求職者と事業主との相互理解を深め、その後の正規雇用への移行を促進するものです。体験雇用を受け入れる企業には、対象者1人につき最大16万円の新卒者体験雇用奨励金が支給されます。
(2010/12/20掲載)

新卒者体験雇用のケーススタディ

企業と若者が理解を深める“お見合い”制度
支援拡充の予定もPR不足やミスマッチが課題

文部科学省と厚生労働省が11月16日に発表した、2011年春卒業予定の大学生の就職内定率(10月1日時点)は57.6%――前年に比べて4.9ポイント低く、「就職氷河期」と言われた04年の60.2%を下回りました。今春の4年制大学の卒業生のうち就職も進学もしていない人は全体の16.1%にあたる約8万7千人で、高卒を合わせると約15万人がいわゆる“就職難民”と化しています。来春の卒業生についても、現時点の内定率を見るかぎり、状況はきわめて厳しいと言わざるを得ません。

こうした空前の就職難を背景に、政府は緊急経済対策の一環として、卒業後も就職活動を続ける新卒者向けの支援制度を策定しました。10年2月に「新卒者体験雇用事業」がスタート。6月には体験雇用の期間が最長3ヵ月まで延長され、受け入れ企業への奨励金も増額されるなど、制度の拡充が図られました。長引く不況から新規採用に及び腰になりがちな企業に採用を促すとともに、就職の決まらない若者には“食わず嫌い”にならないように選択肢を広げる機会を用意するのがねらいです。企業と新卒者が相互理解を深める“お見合い期間”ともいえるでしょう。

希望者は居住地を管轄するハローワークに登録し、体験雇用を受け入れる事業所に紹介してもらう手続きを行います。中学生・高校生の場合は保護者の同意が必要。体験雇用の期間中は、原則として通常の労働時間で働き、賃金も支払われます。体験雇用期間が終了した時点で事業所の求める要件に達したかどうかなどを判断し、その結果、正規雇用への移行が決まります。ただし事業そのもののPR不足もあり、利用実績は芳しくありません。政府は当初、年間2,400人の利用を見込んでいましたが、全国の利用者は7月中旬時点で約700人、そのうち正規雇用されたのは250人弱でした。大卒者が希望する事務職の求人が多くないため、体験雇用の受け皿そのものが不足するミスマッチも目立っています。

そこで厚労省は、10年度かぎりの時限措置だった新卒者体験雇用事業を、11年度から「新卒者キャリアスタート事業」に衣替え。受け入れ企業への助成額を5〜9割増額し、支援対象者を年間1万人にまで拡大する方針です。さらに「卒業後3年以内」なら新卒として応募できるよう雇用対策法に基づく指針を改正し、この新しい定義による「新卒者」を正規雇用した企業に奨励金を支給するなど、ここへきて新卒者雇用の強化策が相次いで打ち出されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
65歳定年制
「65歳定年制」とは、企業が定年年齢を65歳と定め、当該年齢に達したことを理由に従業員との雇用関係を自動的に終了させる制度のことです。2013年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法により、雇用主には、2025年度までに希望する従業員全員の雇用を65歳まで確保するよう「定年退職制度の廃止」「定年年...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
原ひろみさん 2006年に「高卒採用」は復活するか
労働政策研究・研修機構研究員の原ひろみさんは「将来の人材育成や技能継承を見据えて高卒者を採用する企業と、そうでない企業に二分化してきている」と分析しています。原さんは今年春、高卒採用の現状と将来について研究した結果を報告書にまとめています。これから「高卒採用」...
2005/12/05掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...