企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エンペンロウドウリョク 縁辺労働力

「縁辺労働力」とは、経済情勢の変動に影響されて労働市場への参入と退出を繰り返し、労働力になったり非労働力になったりする就業形態が不安定な層のことです。具体的には、パートタイマー・派遣労働者・臨時工などを指します。これに対し、終身雇用であるなど学校卒業から定年退職まで常に労働市場の内部にいて、経済情勢の変化に大きな影響を受けない労働者層のことを基幹労働力、あるいは中核労働力と呼びます。
(2013/10/11掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

縁辺労働力のケーススタディ

家計を助ける主婦層のパートが典型
雇用の調整弁から職場に不可欠な戦力へ

一般に、労働力人口とは15歳以上人口のうち、就業者と完全失業者を合わせた人口を指し、非労働力人口はそれ以外、すなわち病気や高齢などの理由で就業できない者と就業能力があるにもかかわらず働く意思がない者の合計をいいます。しかしそもそも労働力と非労働力との区別は固定的なものではなく、両者の間には、労働市場の情勢や世帯の家計の状況によって、たえず流動している就業状態が不安定な層が存在します。労働力になったり非労働力になったりするこの浮動層を「縁辺労働力」といいます。

縁辺労働力は労働市場への参入と退出を短期間に繰り返すので、実態が把握しにくく、結果的に労働力率をたえず上下させる要因となりますが、景気変動下での労働需給調整のバッファ(緩衝材)として機能している面もあり、その動向を無視することはできません。縁辺労働力と呼ばれる層には、15~19歳の年少労働力や65歳以上の老齢労働力も含まれますが、その典型は世帯主収入を補うためにパートタイマーなどで働く、二次的収入稼得者の主婦層でしょう。

総務省がまとめた2012年の就業構造基本調査によると、役員を除く雇用者のうち、パートやアルバイトなどの非正規雇用で働く人の占める割合は過去最大の38.2%で、20年前に比べて16.5ポイント上昇しています。女性に限れば57.5%にも達し、なかでも小売や外食などサービス産業の現場は、主婦層の労働力を確保しなければ立ち行かないのが現状です。

従来、縁辺労働力としての主婦パートは、「住宅ローンの足しにでもなれば……」という、補助的・消極的な動機で働くのが普通でした。しかし近年は、主婦ならではのシビアな生活感覚や子育て経験などを生かして、売り場での提案や業務改善につなげる、能動的な“しっかり派”のパートも増えてきているといわれます。求人情報のアイデムがまとめた『平成25年版パートタイマー白書』では、直近1年以内にパート・アルバイトでの仕事を探していて、現在は無職かパート・アルバイトとして働いている個人を対象に、働くことに対する意識の実態を調査しました。結果を見ると、あえて大変な仕事はしたくないという「そこそこ働ければよい派」が全体の約6割にのぼるものの、残りの4割は、自分のやりたい仕事や収入の高い仕事であれば大変な仕事(労働時間が長い、責任が重い、難易度が高い、体力を使うなど)でもかまわないという「しっかり働きたい派」が占めています。

不安定な浮動層といわれる縁辺労働力にも一定の割合で潜在する“しっかり派”。企業には、その存在を把握し、意欲や能力を引き出す姿勢が求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

未活用労働指標
「未活用労働指標」とは、労働力人口と潜在労働力人口のうち、未活用を示す失業者、追加就労希望就業者、潜在労働力人口の割合を示す数値です。総務省は2018年1~3月期から新たに、労働力調査において「未活用労働指標」の公表を始めました。これまで労働市場を表す一つの指標として示されていた「完全失業率」に加え...
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
労働施策総合推進法
かつて「雇用対策法」と言われた法律が改正され、2018年に新たに制定された「労働施策総合推進法」。働き方改革の一環として、多様な働き方を促進させることを目的として改正されました。パワハラの防止も規定されているため、「パワハラ防止法」とも呼ばれていますが、同法ではフリーランスや時短労働など多様な働き方...

関連する記事

アルバイト・パートの「現状」
全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
2016/07/29掲載よくわかる講座
人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
勧告・指導、改善状況の実態は?労働基準監督署による企業監督事例(上)
労働基準監督署が実際に行った勧告や指導内容、改善状況を事例で紹介しています。
2007/01/05掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
徹夜労働について
休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。 ①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよい...
時間外・休日労働時間について
長時間労働者への医師の面接指導に関する1ヶ月の時間外・休日労働時間を、36協定の1ヶ月の時間外労働・休日勤務時間として扱っても良いでしょうか。お手数ですがご教授下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...