企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ビジネスノウリョクケンテイ ビジネス能力検定

全国約3000校の専修学校を会員とする財団法人専修学校教育振興会が1995年から実施している文部科学省認定の検定試験です。同省認定以前からの累計で、これまでに約55万人が出願し、32万人余が合格しています。
(2005/1/17掲載)

ビジネス能力検定のケーススタディ

産学協同から生まれた技能審査試験
必須科目に指定する大学もある

この検定は激しく変わる社会情勢や経済環境の中で、必要とされるビジネス能力をどの程度備えているかを評価するもので、産学協同から生まれた技能資格試験の一つです。1級から3級まであり、3級はこれから社会人になろうという人や新入社員の基礎的能力を、2級は会社の中堅幹部を目指す人に必要な能力を、1級は組織のリーダーを目指す人の能力を評価します。職場での具体的な場面を想定して、選択肢の中から正しい行動を選ばせたり、新聞記事を題材に理解力を問うほか、小論文や面接なども行います。

最近では授業の一環としてビジネス能力検定を取り入れている大学も現れました。岐阜県の朝日大学では2004年度から経営学部経営学科、情報管理学科の1年生を対象に、ビジネス検定試験2級の受験を必修にしています。最近では新卒採用時の即戦力主義を打ち出す企業が目立ってきただけに、会社で通用する常識やビジネスマナーを社会人になる前に習得しようとする学生側の動きがこれから加速しそうです。

一方、ビジネス能力検定を新人研修などに組み込んだ企業もあります。トータルビルシステムの三菱電機ビルテクノサービスは2年前、3年かけて行う社員のビジネス基礎能力養成研修に取り入れました。1年目は3級の通信教育を受け、2年目はビジネスの法律知識や財務知識を学び、3年目に2級試験に挑戦するというスケジュールです。上司が部下に直接指導するOJT(職場内教育)の受け皿や、社員のキャリア開発という観点から、ビジネス能力検定を導入する企業が今後増えてくるかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
非認知能力
「非認知能力」とは、経済学や心理学で使われる言葉で、IQや学力テストなどの認知能力ではないもの全般をいいます。具体的には、誠実さや忍耐心、リーダーシップ、コミュニケーション能力など。その有無によって、仕事の成果や人生の行方に影響を与えるパーソナリティや対人能力ともいえます。研究によれば、労働市場にお...

関連する記事

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?
変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないのがビジネスの難しいところ。そのため、数多い知識・情報の中から、本当に有用なコンテンツを見極め、活用していく能力が必要になる。
2009/05/28掲載注目の記事
3. グローバル人材研修の傾向
一口にグローバル人材研修と言っても、各社が置かれている状況やグローバル戦略に応じて、さまざまな形式や内容がある。最近多く見られるグローバル人材研修の傾向について考える。また、その際に注意したい点にも言及する。
2012/10/24掲載よくわかる講座
5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座

関連するQ&A

採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
面接時における注意点
初めて面接を担当することになりました。 面接の際に注意すべき点について、ご指導お願いいたします。 例えば、聞いてはならないこととか…。NGワード等。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。