企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ピアプレッシャー ピアプレッシャー

お互いに監視しあう水平管理の強い組織では、周囲との和や全体の利益を重んじ、誰もが集団で認められた規律や価値観、行動様式に従わなければならないとする同化圧力が働くことがよくあります。これを「ピアプレッシャー」と呼びます。ピア(peer)は、英語で「仲間」「同僚」の意。ピアプレッシャーとは、自らが所属する集団のメンバーや職場の同僚など、同じ立場の仲間からの監視によって生じる心理的圧迫感のことです。
(2013/9/9掲載)

ピアプレッシャーのケーススタディ

相互監視の空気を生み、ストレスの温床に――?
不足するとパフォーマンスを下げる面も

「仲間が残業しているのに、自分だけ早く帰るわけにはいかない」「この仕事が遅れたら、チームの全員に迷惑がかかってしまう」――組織で働くビジネスパーソンなら、こうした心理にさいなまれ、職場での周囲の視線にプレッシャーを感じることは決して珍しくないでしょう。学校を卒業して企業などに就職した場合、職場に組み込まれ、集団の一員として組織社会化が進めば進むほど、「ピアプレッシャー」と呼ばれる仲間や同僚からの精神的重圧を受けやすくなるといわれます。

競争より仲間の和を重んじ、会社全体の利益のために社員が力を合わせる。ベテランが若手を育て、達成した成果は全員で分かち合う。従来、日本企業はそうした家族主義的な経営を成長の源泉としてきました。製造業やサービス業などに顕著な日本企業ならではの“現場力”の高さも、このシステムの賜物(たまもの)といっていいでしょう。

しかし自律性が高く、統率とチームワークに優れた現場は、一方で相互に監視しあう「水平管理」を生み、ピアプレッシャーが強まる傾向にあります。周囲の目を意識するあまり、過剰適応して働き過ぎたり、たえず緊張を強いられたりするなど、職場全体としての業績は上がっても、個人にとってはストレスの温床になっているケースが少なくありません。こうした傾向が強まると、一人ひとりは誰も長時間労働を行いたいなどと思っていないのに、「早く帰るのは裏切り」というような雰囲気が醸成され、結果として職場環境が“ブラック化”することになりかねません。休暇制度や出産・育児関連の支援制度など、会社がワーク・ライフ・バランス推進のためのしくみを整えているにもかかわらず、成果が上がらない職場には強いピアプレッシャーが作用している可能性があります。

とはいえ、ピアプレッシャーには相互監視だけでなく、助け合いや切磋琢磨(せっさたくま)といった面もあるだけに、職場から失われてしまうと、組織のパフォーマンスがかえって上がらなくなることも考えられます。現在、日本企業においては、ダイバーシティー(多様性)の推進が課題であるといわれますが、多様性という言葉の本質を取り違えて、“他人は他人、自分は自分”という誤った個人主義や他者への相互無関心の風潮が職場に横行することは、厳に避けなければなりません。ダイバーシティーを担保しつつ、健全なピアプレッシャーを活用して真のチームワークを構築する――組織マネジメントには、そうした配慮や工夫が求められています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...
フリーライダー
ある集団がメンバー同士の貢献によって付加価値を産み出すとき、自分は何も貢献せず、他のメンバーに貢献させておいて、得られた付加価値の恩恵にはあずかる人のことを、集団の利益に“タダ乗り”する人という意味で「フリーライダー」といいます。本来は社会学や経済学などで使われる学術用語ですが、近年は会社組織におい...

関連する記事

5. ワーク・ライフ・バランスを社内に定着させるための取組み
どれだけ立派なワーク・ライフ・バランス支援制度を用意しても、それだけで実現できる環境が整うわけではない。実際、法定水準を上回る充実した制度がありながら、あまり利用されていないという事例は数多い。制度以上に大きな意味を持ってくるのが、職場での人材マネジメントや働...
2012/11/07掲載よくわかる講座
6. ワーク・ライフ・バランスと管理職の役割
職場で仕事管理や人材マネジメントを直接行うのは「管理職」である。ワーク・ライフ・バランスの実現において、その役割は非常に大きい。管理職がその考え方を理解し、正しい取り組みに協力しなければ、企業におけるワーク・ライフ・バランスは、実現していくことが難しいだろう。...
2012/11/07掲載よくわかる講座
遠藤功さん 企業をのばす現場力―人事部が変われば現場も変わる
「現場力」は本来、日本企業ならではのストロングポイントでした。それがいま大きく揺らぎはじめているといいます。現場再生に向けて――遠藤さんにじっくりとお話をうかがいました。
2008/10/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

これからの組織のあり方
マネジメント 組織論の質問です。 自律型組織、ティール型組織などへの志向が一つのメインストリームとしてあると思いますが、一方で従来型の軍隊式組織、官僚型組織もその有効性は完全には否定出来ないと思います。 自律型、軍隊型それぞれの組織が有効に機能するのは、それぞれ一定の条件下によると思いますが、この点...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...