企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キュレーション キュレーション

「キュレーション」(curation)とは、情報を選んで集めて整理すること。あるいは収集した情報を特定のテーマに沿って編集し、そこに新たな意味や価値を付与する作業を意味します。もともとは美術館や博物館で企画展を組む専門職のキュレーター(curator)に由来する言葉ですが、キュレーターが膨大な作品を取捨選択して展示を構成するように、インターネット上にあふれる情報やコンテンツを独自の価値基準で編集して紹介するサービスもキュレーションと呼ばれ、IT用語として広く使われています。さらに近年では、人材教育や組織開発の分野においても、価値創造を促す新たな役割としてキュレーションの概念に注目が集まっています。
(2013/7/8掲載)

キュレーションのケーススタディ

知識のフローの中で価値創造を促す
教育担当者は“学びのキュレーター”に

2013年5月、米国テキサス州ダラスで、人材開発と組織開発に関する世界最大級の組織であるASTD(American Society for Training & Development)が年に一度開催している「ASTD2013 International Conference & Expo」(ASTD国際会議)が行われました。ASTD国際会議では世界各国の先駆的企業や教育機関・行政体のリーダーたちが集結、直面する諸問題にどのように取り組んでいるかについて組織の枠を超えて語り合い、学び合います。そうした最先端のカンファレンスにおいて、多くのセッションで取り上げられ、参加者の関心も高かったキーワードの一つが「キュレーション」です。

職場における学習の分野において、キュレーションとは具体的にどのような行動や考え方を指すのか――ASTD2013では講演者のキャサリン・ロンバードッツィ氏によって、以下の七つの役割が挙げられまし

 【Seek】:
 情報のコレクションをつねに最新に保てるように情報を探す

 【Filter】:
 何が重要で価値のある情報であるかを人の判断によって特定し、情報のフィルタリングを行う

 【Categorize and tag】:
 適切な情報を簡単に見つけられるようにカテゴライズし、タグ付けを行う

 【Contextualize】:
 収集した情報のインパクトを高めるために、文脈や解釈を加える

 【Highlight】:意味を生み出すことを可能とするために、トレンドやビッグ・ピクチャーをハイライトする

 【Make connections】:
 より深い洞察を提供するために、関連した(一見すると関連していないようにみえる)情報をつなぐ

 【Generate discussion】:
 コミュニティを生み出し、知識とスキルの創造を可能とするために、人々の間に議論を生成する


基調講演を行った南カリフォルニア大学のジョン・シーリー・ブラウン氏は、こうしたキュレーションの概念が注目されている背景として、知識のあり方がストックからフローへと移行している中で、学習のあり方も大きく変わってきていることを提起しています。これからの学習は、あるべきゴールに向かって決められたコンテンツ(ストック)をただ学ばせていればいいのではなく、つねに変化するナレッジのフローの中で、学習者自身が意味や文脈を読み解き、そこから新しい価値を創造していかなければならない。言いかえれば、何からでも学びとっていくというスタンスが求められるわけです。

組織にそうした学びの文化や風土を構築し、価値創造を促していく上で、有効なプラクティスになりうると期待されているのがキュレーションなのです。企業内で人材教育や組織開発に携わる人にとって、今後重みを増すのは、職場における“学びのキュレーター”としての役割かもしれません。

※株式会社ヒューマンバリュー サイト掲載記事に準拠し、『日本の人事部』編集部にて作成

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ヘルスリテラシー
「ヘルスリテラシー」とは、健康に関する情報を入手し、理解し、効果的に活用するための個人的能力のレベルのことをいいます。健康情報を正しく取り入れるためには、知識と意欲のどちらも必要です。世の中に溢れる健康情報の中から、自分が正しいと思うものを取捨選択し意思決定をしていくことで、生涯を通してQOLを維持...
弱い紐帯の強み
「弱い紐帯の強み」とは、米国の社会学者マーク・グラノヴェッターが発表した社会的ネットワークに関する仮説です。グラノヴェッターによれば、新規性の高い価値ある情報は、自分の家族や親友、職場の仲間といった社会的つながりが強い人々(強い紐帯)よりも、知り合いの知り合い、ちょっとした知り合いなど社会的つなが...
社内SNS
「社内SNS」とは、会社内や組織内で、複数人で使われるコミュニケーションツールのこと。SNSはソーシャルネットワーキングサービスの略語です。メールと違って気軽に情報を発信できるのでハードルが低く、迅速に情報を交換できる、というメリットがあります。社内コミュニケーションの活性化のほか、社員が個々に持つ...

関連する記事

広がるネット情報とどうつき合うか 企業、人材紹介会社それぞれの対応とは
インターネットの充実は、転職の際の情報収集に大きな変化をもたらしました。以前であれば、企業の内部事情などは、その会社に知り合いがいない限り、知りようがありませんでしたが、最近ではクチコミ情報の専用サイトや掲示板を見れば、多くの企業の社内の雰囲気などの情報を得る...
2013/04/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。
2019/12/02掲載人事白書 調査レポート
これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?
変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないのがビジネスの難しいところ。そのため、数多い知識・情報の中から、本当に有用なコンテンツを見極め、活用していく能力が必要になる。
2009/05/28掲載注目の記事

関連するQ&A

役職定年制
いつも役に立つ情報をありがとうございます。 一般論で結構ですので教えてください。 企業にとって「役職定年制」を設けるメリットは何でしょうか。 漠然とした質問ですみませんが、情報をいただけると助かります。よろしくお願いします。
情報保護管理について
ご教示下さい。 個人情報について、各種セミナーなどに参加した際に配布されるセミナー資料に個人が特定される情報の記載がある場合、個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? また購入している書籍などに記載の個人が特定される情報についても同様に個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? 初...
人事情報システムについて
人事情報システムの導入を検討中です。 ①異動等を検討する際に人事情報として必要な情報は、年齢、学歴、職歴、異動歴、資格等が考えられますが、他に一般的に人事情報として利用されている情報を教えて下さい。 ②一旦、Access等で作成する場合、各社様が開発されている人事情報システムを購入し、インポートがう...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...