企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ポータブルスキル ポータブルスキル

「ポータブルスキル」とは、直訳すると「持ち運び可能なスキル」という意味で、業種・職種の垣根を越えて、どんな仕事や職場でも活用できる汎用性の高いスキルのことです。ポータブルスキルは2種類に分かれ、ひとつは英語や簿記技術のように専門的知識を求められ、その知識レベルが資格制度などによって客観的に証明されるスキル、もうひとつは洞察力や判断力、リーダーシップなど測定困難で視覚化できないスキルを指します。
(2013/6/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポータブルスキルのケーススタディ

エンプロイアビリティーを高める汎用的なスキル
資格より視覚化できない技能が市場価値を生む

かつて終身雇用制が健在だった頃、大半のビジネスパーソンにとっては、自分が一人の人材として労働市場全般でどう評価されるかよりも、自社の組織内でどう評価されるかが関心の中心でした。たとえ自社以外ではまったく役に立たないような独特の技能や知識でも、それが社内での業務遂行に求められる限り、評価が高ければ昇進や報酬アップにつながるのが普通でした。

特定の組織に固有のスキルをファーム・スペシフィック・スキル(firm specific skill)と呼びますが、いいかえればこうした要素を尊重する風土があったからこそ、日本企業は長く人事施策としての年功序列制度や終身雇用制度を維持し続けることができたとも考えられます。つまり社員が自社ならではのスキルを磨き、属する組織とのコミットメントを深めることで、高い定着率を支えてきたのです。

しかし、昨今は経営環境の激変を受けて雇用の流動化が進展、また、年金受給開始年齢も引き上げられ、将来的には70~80代まで働くのが当たり前になる可能性も十分にあります。こうした状況に対応しようと、「ポータブルスキル」(portable skill)に関心を寄せるビジネスパーソンが増えているのも不思議ではありません。業種・職種を問わないエンプロイアビリティーに通じる汎用的なスキルを備えることは、その人材の“市場価値”の優位性を意味するからです。社内での異動に頼ったキャリアアップだけでなく、転職など社外の労働市場への参入によるキャリアチェンジの可能性も見据え、進路選択の幅を広げることにつながるのです。

ポータブルスキルには上述のとおり、専門的な知識を要し、その知識レベルを証明する資格制度が整備されているスキルと、レベルの測定が困難で視覚化できないスキルがあります。一般的な傾向として、テクニカルスキルとも呼ばれる前者は、必ずしも市場価値が高くないのが現状です。資格保有者であれば最低限の知識レベルは保証されるので、代替人材が比較的確保しやすい上、実務に必要なテクニカルスキルは後からでも教育で身につけることができるからです。ビジネスパーソンとしての価値をより高めるのは、後者のポータブルスキルだといえるでしょう。環境変化をいちはやく見抜く洞察力や、迅速かつ的確に意思決定を下す判断力、目標の達成に向けて部下や同僚を巻き込んで鼓舞するリーダーシップなどが、どんな仕事や職場でも通用する普遍的なスキルとして重要視される傾向にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

トランスファラブルスキル
「トランスファラブルスキル」とは、ビジネスパーソンに求められる能力のうち、とくに転用・応用可能なスキルを指す言葉です。トランスファラブル(transferable)は「移動できる、持ち運べる」という意味で、会社や業種・業界、地域などを超えて移動しても、どこでも必ず活用できる汎用性の高いスキルのことで...
ITSS
経済産業省が策定した、IT関連サービスに必要とされる能力を明確化・体系化した指標です。SSはスキル・スタンダードの略で、「ITスキル標準」という言い方もします。
21世紀型スキル
「21世紀型スキル」とは、世界の教育関係者らが立ち上げた国際団体「ATC21s」(The Assessment and Teaching of 21st-Century Skills=21世紀型スキル効果測定プロジェクト)が提唱する概念で、これからのグローバル社会を生き抜くために求められる一般的な...

関連する記事

特定の職種(スキル保有)の従業員に「何らかの処遇を行っている」企業が約6割
人事担当者に「特定の職種(スキル保有)の従業員に対して、特別な処遇を行うための制度はあるか」を聞いたところ、「何らかの処遇を行っている」企業が約6割あることがわかった。
2019/08/06掲載人事白書 調査レポート
日本発、「世界No.1」企業だからこそ知る 社員の英語スキル向上の「必要性」と「難しさ」 フォローアップと一体感で成果を生み出す
積極的な海外展開とM&Aによって業績を伸ばし続け、「世界No.1の総合モーターメーカー」となった日本電産株式会社も、かつては社員の英語スキル向上に大きな課題を感じていました。そんな中、英語スキル向上の外部パートナーとして株式会社WizWeを選び、eラーニングを...
2019/04/17掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」 第31回 「タレントマネジメント」の時代(後編) ~人材の“見える化”の仕掛けを工夫し、現場のマネジメントとリンクさせていく
人事マネジメント「解体新書」 第30回 「タレントマネジメント」の時代(前編) ~ポストHRM・HCへ。いま、多様な人材の適切な配置・活用が求められている
2009/10/19掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

ビジネススキルとヒューマンスキル
社内研修の体系化を企画しておりますが、そのカテゴリの話になった時、「ビジネススキル」と「ヒューマンスキル」の違いは何だと言う話になりました。 現時点では私どもとしては、ビジネススキル=所属している会社において自分の業務を遂行する上で必要なスキル(業務フロー、コンプライアンス等) ヒューマンスキル=ど...
各階層で求められるスキル
今まで階層別研修を全く行っておらず、時代遅れかも知れませんが、その設計・企画を考えています。そこで、そのベースとなる各階層に求められるスキルを踏まえて研修設計をしていきたいと考えていますが、新入社員~中堅社員~管理職候補者~課長職等といった各階層ごとに求められるスキルとして一般的にどのようなものがあ...
ビジネスマン(社員)が求める能力・スキルの統計
研修目的の検討をする為、ビジネスマン、社員が求める能力・スキルの全体的傾向を統計やアンケート結果で調べ度、掲載されているサイトや書籍がありましたら教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web 富士通が実践する「働き方改革」

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...