企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】チョウコッカキギョウ 超国家企業

「超国家企業」とは、生産・販売の拠点を海外へ進出させるといった、形や規模の面だけのグローバル化にとどまらず、国家の枠組みを超えて大規模に活動する企業のことです。母国を含めた特定の国家にしばられることなく、利益を極大化する最適地を求めて世界規模で事業を展開する企業経営のあり方を指します。雇用面においても世界を単一の市場ととらえ、優秀な人材であれば人種も国籍も問わないのが特徴です。強い競争原理が組織内外に働き、それがさらに企業の成長を促す反面、自国の経済成長を国益として優先する政府とは利害が相いれない可能性も指摘されています。
(2013/5/13掲載)

超国家企業のケーススタディ

「世界同一賃金」で各国の優秀な人材を確保
自社の利益を追求するほど国益に反する面も

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが「世界同一賃金」を打ち出し、話題となっています。2013年4月に同社が導入の方針を示した世界同一賃金とは、全世界で店長候補として採用した正社員すべてと役員の賃金体系を統一する新しい評価報酬制度で、海外で採用した人材も国内と同じ基準で評価し、成果が同じなら賃金も同水準にするのが原則です。

導入のねらいは「世界各国で優秀な人材を確保する」(柳井正会長兼社長)ことに尽きます。同社は20年までに店舗数を現行の4倍の4000店に急拡大。うち3000店については、新興国を中心とした海外への出店を計画しています。短期間で一気にグローバル展開を進めるためには、新興国においても高水準の給与を保障し、優秀な人材をひきつける必要があるわけです。

優秀な人材を登用して組織を強化するために、世界規模で社員たちを競わせ、ふるいにかけていく――まさに「超国家企業」の論理といっていいでしょう。しかし新興国の社員たちと共通の土俵で働きぶりを評価されて、世界中に競争相手が増える分、一方でふるい落とされる社員も多くなるのではないかと懸念されています。企業活動のグローバル化がさらに進めば、世界の生産・消費の中心として新興国が先進国にとって代わり、前者では賃上げ圧力が、後者では逆に賃下げ圧力が強くなるといわれていますが、日本でも新興国でも評価が同じなら賃金も実質同額になるファーストリテイリングの世界同一賃金制度は、こうした「賃金のフラット化」の可能性を企業の賃金体系の中でいち早く具現化したものです。

超国家企業が利益を追求するほど、雇用の流出が進み、国内に残された働き手の立場は厳しくなると言われますが、現に同社の新制度も現場の疲弊を強めることにならないかと懸念されています。自国の経済成長と雇用安定を守るために、政府が“円安誘導”や法人税の引き下げなどによって企業活動の場を国内にとどめようとしても、空洞化の動きには歯止めがかからない――超国家企業の躍進は国家の枠組みだけでなく、旧来型の政策の影響力さえ超えていくのかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
グローバルニッチトップ企業
「グローバルニッチトップ企業」とは、比較的ニッチな分野に特化することにより、国際市場で競争優位を確保している超優良企業のことです。2014年3月、経済産業省は、グローバル展開に取り組む国内企業のうち、特定分野の製品や技術等に強みを有し、世界トップレベルのシェアと利益率を両立していると認められる企業1...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
医療系企業の賃金体系
弊社は、医療系のベンチャー企業です。今後、会社のさまざまなシステムを構築する中でも同業種の賃金体系を参考にしたいと思っております。当社は、40名程度で皮膚製造販売を計画している企業です。
CI活動
企業のCI活動を取り組んでいくにあたり、どのようなことがCIとして認識され、どのように取り組んでいくのか基本がわかっておりません。各企業ごと違うと思うのですが、基本となる活動事例やそのような資料URLがありましたら、教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]
分類:[ 戦略的人事 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多...