無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ピー エム アイ PMI

「PMI」とは、Post Merger Integration(ポスト・マージャー・インテグレーション)の略で、M&A(企業の合併・買収)成立後の統合プロセスのことです。新しい組織体制の下で当初企図した経営統合によるシナジーを具現化するために、企業価値の向上と長期的成長を支えるマネジメントのしくみを構築、推進するプロセスの全体を指します。M&Aが企業活動にもたらす成果の度合いは、このPMIの巧拙によって決まるといわれます。
(2012/10/5掲載)

PMIのケーススタディ

M&Aの“成立”を“成功”へと導く
組織の文化・風土の融合がポイントに

M&Aは、すでに日本企業においても、経営戦略上の重要な選択肢として定着した感があります。確かにM&A成立が発表されると、その時点では投資家の注目を集め、株価が上がるなどの効果が現れます。そのためメディアなどの関心も、交渉から合意成立までの過程にとかく集中しがちですがM&Aの“成立”は、イコールM&Aの“成功”を意味するものではありません。むしろ合意してから後のマネジメントが問題で、必ずしも当初期待された統合の成果を早期に、かつ持続して出せるとは限らないのです。

デロイト トーマツ コンサルティング株式会社が2010年に行った日本企業のM&Aに関する実態調査では、2000年以降にM&Aを実施した経験のある企業のうち、当初の戦略目標を80%以上達成できたと回答した「M&A成功企業」は、前回(2008年)、前々回(2007年)の調査時と同じく、全体の3割弱にとどまっていることが明らかになりました。M&Aが一般化しつつあるとはいえ、依然としてM&Aにおける成功は容易ではありません。

また同調査によると、目標達成度が40%を下回ると回答したM&Aの「非成功企業」ほど、社内事情(推進体制の不備、経営層の決断力不足など)がM&Aを推進する上での障壁になっているとのこと。統合直後の新体制はただでさえ混乱しがちですから、準備が十分でないと、業務上の重大なミスやシステム障害などの発生リスクが高まります。ひいては顧客離れや優れた人材の離職、内部対立の顕在化を招くなど、経営統合がシナジーを生むどころか、かえって企業価値を損ないかねません。M&Aを成立から成功へと導くには、PMIの重要性を認識する必要があるのです。

一般的にPMIは、(1)経営統合(理念や戦略、マネジメント手法の統合)、(2)業務統合(業務管理システムや人材・組織・インフラの統合)、(3)意識統合(企業風土や組織文化の統合)の3段階からなります。これらの要素を分けて検討し、限られた時間のなかで、何をどういう順番で、いつまでにどこまで統合するかを決定して遂行していくのがPMIのプロセスです。

M&Aは異なる歴史を歩んできた組織と組織の統合ですから、とりわけその歴史を背景とする両社の企業文化や風土の違いをどうマネジメントするかがPMIの大きなテーマとなります。文化の融合には時間がかかりますが、社員の意欲や能力を引き出し、統合によるシナジーを持続的に最大化していく効果があります。社員の離職やモチベーション低下を防ぐためにも、PMIでは、両社が歴史的に尊重してきた価値観を振り返りつつ、なぜ自分たちが一つのグループになったのか、新会社として共有すべき新しい価値観は何なのかについて、掘り下げて議論する取り組みをプロセスに含めるべきでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「PMI」に関する記事