企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エス キュー SQ

「SQ」とはSocial Intelligence Quotientの略で、日本語では「社会的知性」「社会的知能」と訳されます。複雑な人間関係を生き抜く社会性や社交性、自分と他者を効果的につなぐコミュニケーション能力など、人が充実した社会生活を営む上で欠かせない知的資質を総称してSQと呼びます。「EQ」(Emotional Intelligence Quotient)をさらに発展させた概念として注目され、とりわけリーダーに必須の能力と考えられています。
(2012/4/9掲載)

SQのケーススタディ

こころの知能指数から生き方の知能指数へ
リーダーシップを左右する本当の頭の良さ

近年、大きな話題を呼んだEQは、一般的に「自己と他者の感情を理解し、自らをモチベートしながら、自己の感情と他の人たちとの諸関係を効果的にマネジメントする能力の指標」と定義されています。いわゆる知能指数を示すIQに対して、EQが「感情の知能指数」「こころの知能指数」と呼ばれるゆえんです。

このEQの重要性を世に広めた米国の心理学者ダニエル・ゴールマンが、さらに最新の脳科学や心理学などの知見を取り入れ、人間にとって最も重要な“頭の良さ”とは何かを追求した結果、2007年に新しく提唱したのが「生き方の知能指数」と呼ばれるSQの考え方でした。もともと「SQ」=社会的知性という言葉自体は、同じ米国の心理学者のエドワード・ソーンダイクによって1920年頃から使われ始めたもので、当初は「人々を理解し管理する能力であり、人間の世界でうまく生きていくために誰もが必要とするスキル」と定義されていました。しかしソーンダイクの考え方には、他人を利用して自らの益を得る“人心操縦”の内容が認められたため、ゴールマンはこれを修正。「他者との関係において高い知性を発揮する能力」というふうに、SQを再定義したのです。

ゴールマンは著書『SQ 生きかたの知能指数』の中で、脳科学の裏付けに基づき、「人生でかかわりあう人々から受ける作用によって、気分だけでなく身体そのものが影響され、形成されることを自覚して、賢明に行動しなければならない。また、逆に自分自身が他人の情動や健康にどのような影響を与えるかも、よく考えてみなければならない」と述べています。この指摘は、組織においてリーダーのSQが周囲にどれだけ大きな影響を与えるかを示唆するものでもあるでしょう。

ゴールマンの研究によれば、SQの高いビジネスリーダーと低いリーダーとでは、業績に大きな差が生じることが分かっています。全米の大手金融機関のエグゼクティブを対象に調査したところ、自己認識能力や自己管理能力といったEQに属する資質よりも、SQの優劣のほうがパフォーマンスとの高い相関性を示すことが明らかになったのです。 別の研究では、高い業績を挙げているリーダーが部下たちの笑いを引き出す回数は、平均的なリーダーより3倍多いという調査結果もあります。べつにジョークを勧めるわけではありません。これは「ミラーニューロン」と呼ばれる脳内細胞の働きに関係しています。ミラーニューロンが他者を模倣する鏡の役割を果たすため、人は相手の笑顔や明るい表情につられて、つい笑ってしまうのです。気持ちのいい笑顔は、リーダーシップに不可欠なSQの高さを見極めるポイントといえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

EQ(Emotional Quotient)
EQ(Emotional Quotient)とは、アメリカのピーター・サロベイ、ジョン・メイヤー両博士によって提唱された理論で、「心の知能指数」、「感情知能」と訳されます。学術的にはEIと呼ばれるケースが多いですが、ダニエル・ゴールドマン氏が著書『こころの知能指数』のなかで、IQ(知能指数)に対比さ...
オーセンティック・リーダーシップ
「オーセンティック・リーダーシップ」とは、「自分らしさ」を基本としたリーダーシップのこと。これまでのリーダーシップでは主に、人を先導する能力や、生まれ持った特別な資質などが求められてきました。しかし時代とともに、誰もが自分らしさを発揮してリーダーになることが求められるようになっています。
リーダーシップ
リーダーシップには明確な定義がなく、さまざまな捉え方がありますが、大きくは「物事を成し遂げる力」と解釈することができます。また、リーダーシップが必要となるのは集団で共通の目的・目標に向かう場面です。そのため、一人で成し遂げるのではなく、集団活動において発揮される力ということができます。

関連する記事

短期留学で新たな価値観や習慣と触れる ~“変革的”リーダー育成術
グローバル化に伴う競争激化、さらにはリーマンショック後の世界同時不況など、企業を取り巻く環境が厳しさを増している。
2009/07/13掲載注目の記事
「飛びぬけたリーダー」プログラム開発者、ジャック・ゼンガー博士が語る 「強み」を伸ばすリーダーシップ開発法とは?
2013年6月5日に企業の人事担当、エグゼクティブ、マネジャーなどが参加して東京・新宿で開催された、ゼンガー博士の講演の模様と、講演後に『日本の人事部』が行ったインタビューをレポートにしてご紹介いたします。
2013/07/16掲載編集部注目レポート
安渕聖司さん: 世界基準のリーダーシップを求めて伸ばすGE流“生え抜き”育成哲学とは(前編) ―― 強さの秘密は「全社員一人ひとりをリーダーに」
医療機器などの製造から金融サービスまで多様な事業を展開するGEは、世界150ヵ国以上で約30万人が働くグローバル企業。GEの金融部門であるGEキャピタル社長兼CEOで、日本GE全体の代表取締役でもある安渕聖司さんに、人材に関する考え方や取り組みについてお話しい...
2015/05/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...