企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ケイピーアイ KPI

「KPI」はKey Performance Indicatorの略で、一般に「重要業績評価指標」と訳されます。企業目標やビジネス戦略の実現に向けて、業務プロセスが適切に実施されているかどうかをモニタリングする目的で設定される業績評価指標(Performance Indicators)のうち、特に重要なものを指します。
(2011/9/12掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KPIのケーススタディ

プロセスの実施状況を中間チェック
指標設定はシンプルにわかりやすく

経営戦略の実行にあたってはまず「目標」を明確にし、次にその目標を達成するための具体的な「手段」を策定し、その手段が目標に向けてきちんと遂行されているかどうかを定量的に測定するための「指標」を設定するのが普通です。組織の「目標」を達成するためには正しい「指標」を設定することが不可欠であり、この指標となるのが「KGI」(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)と「KPI」です。

KGIは、「何をもって成果とするか」を定量的に定めたもの。業務プロセスにおける目標(ゴール)とそれが達成されたか否かを判断する評価基準であるのに対し、KPIはプロセスの実施状況を計測するために、組織や個人のパフォーマンスの度合いを定量的に表す指標を意味します。KGIの達成に向けてプロセスが適切に実施されているかどうかを中間的に計測するのがKPIであり、二つの指標は対で利用されることが少なくありません。測定の結果、KGIからギャップが生じた場合は、プロセスにおける組織・個人の行動が想定していた方向やレベルに向かっていないことを示し、中間的指標であるKPIの分析・改善、あるいは設定の見直しが必要となります。

もっとも、KPIの定義は幅広く解釈されるケースが多く、KGIとの混同もしばしば見られます。具体例でいうと、KGIは「売上高」「営業利益率」「EVA(経済的付加価値)」といった組織全体における財務指標をみるのが一般的。これに対してKPIは、たとえば営業部門なら「引き合い案件数」「顧客訪問回数」「クレーム発生件数」、人材開発部門なら「社内提案件数」「教育時間」などの指標を設け、これらを日次・週次など一定期間ごとに実績数値でモニタリングし、プロセスの進捗状況を管理します。

ところがせっかくKPIを設定しても、複雑すぎてわかりにくかったり、戦略との因果関係が希薄で納得感に乏しかったり、あるいは組織内で周知徹底されなかったりすると、社員はKPIを意識せずに行動してしまいがち。そうした状況に陥らないためには、設定するKPIの数を増やし過ぎないことが肝要です。一組織・個人につき3~5個の指標が適当といわれ、最大でも10個程度。それ以上になると、パフォーマンスに混乱をきたしかねません。また組織の目標・戦略がシフトすれば、KPIも当然、それに応じて柔軟に見直す必要があります。ビジネス環境の変化や社員の成長とともに、目標との因果関係が薄れ、KPIが形骸化してしまうことも多いからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

MBO(Management By Objective)
「MBO」とは、Management By Objectiveの略で、従業員が自律的に目標を設定する人事評価制度のことです。1954年にピーター・ドラッガーが自著の中で提唱したマネジメント手法で、従業員には自分の目標を設定し、達成のために自己管理を強化していくことが求められます。これによって、個人の...
OKR
「OKR(Objective and Key Result)」は、直訳すれば「目標と主な結果」という意味のビジネス用語です。目標と達成度を測る指標をリンクさせ、企業やチーム、個人が向かうべき方向とやるべきことを明確にする目標管理手法として知られています。OKRと通常の「目標」とはどのように異なるので...
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...

関連する記事

人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
「処遇」から「目標達成」へ ~人事考課における「目標管理」の重要性とは?
人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく。何より、活躍する場が与えられるからこそ、成長していくのである。
2010/05/10掲載注目の記事
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

成績評価について
 当社では、成績評価をするにあたり目標管理を取り入れております。  毎年4月には組織の変更と年度方針が発表され部門目標、課目標、上司より個人目標が与えられます。  今年度の組織はそのままでまだ年度方針が発表されていません。もちろん部門目標、課目標、個人目標も設定されていません。  10月には上期の成...
人材育成の目標について
中期計画で人材育成に取り組むことになりました。 人材育成では、何を目標にしたらいいのでしょうか。 数値目標は可能でしょうか。 本来、人材育成は短期で成果が得られるものではないと思っていたので、担当として戸惑っています。 が、取り組む以上、目標設定が必要という状況です。 ご教授をお願いいたします。...
数字以外に目標を設定するには何があるか?
会社にとって数字以外に目標を設定するとしたら他に何があるか? その目標達成をするには、どのような手法があるか? とコンサルに聞かれました。 どういう答えが考えられますか? 私自身経営者なのですが、こう質問され、意味すら分かりませんでした。 次回までにこの質問に答えるという課題が出されましたが、私...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 求める人材を確実に採用する視点

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...