企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

【ヨミ】オーケーアール

OKR

「OKR」(Objective and Key Result)は「目標と主な結果」という意味であり、目標と目標達成度を測る指標をリンクさせ、企業やチーム、個人が向かうべき方向とやるべきことを明確にする目標管理手法です。1970年代にインテル社が採用し、グーグルやリンクトインなど、数多くのグローバル企業でもこの手法を採用しています。企業、チーム、個人の目標をひもづけて活動のベクトルが合わせられる、組織としてやるべきことに集中できる、といったメリットがあります。
(2017/9/13掲載)

ケーススタディ

会社、部署、個人の目標を連動させ
組織を一方向に向かわせる目標管理手法

「OKR」が生まれた背景には、個人の目標、組織としての目標を連動させてムダな動きをなくし、一段高い目標の達成に向けて有意義なコミュニケーションが持てる組織をつくりだすという目的がありました。企業が現状を打破し、今よりも野心的でイノベーティブな目標を達成するためには、社員が個別に動くのではなく、企業が一つの生命体のように全体としての意志を持ち、目標達成に向けてスムーズに連動して動ける目標管理が必要と考えられたのです。

実践における「OKR」は、まず会社全体としてObjective(目標)を決め、それに付随するいくつかのKey Results(目標が達成されているかを示す指標)を決めます。一般的にObjectiveは定性的な内容でよく、Key Resultsは定量的で測定可能なものであるべきとされています。そして次に部署の「OKR」を決めるときには、会社の「OKR」とリンクするよう、部署の「OKR」の達成が会社の「OKR」の達成に直結するように考えます。部署の下にいる社員も同様にして個別の「OKR」を決定していきます。

連動性のある目標を決めていくため、「OKR」を決定する過程では密度の濃い話し合いが必要となります。場合によっては下の「OKR」の内容によって、上の「OKR」が修正されることもあります。しかし、企業のトップから末端の社員まで連動した目標や指標が設定されることで、組織としての一体感が生まれていくのです。

同じように目標の管理手法としてよく使われる手法にKPI(Key Performance Indicator、重要業績評価指標)があります。目標達成までに中間の指標を定めて管理していくという点は似ているといえますが、KPIは部署ごとに独立して決めるのに対し、「OKR」は会社の「OKR」の達成に向かうように全体を調整していく点で大きく異なっています。

では「OKR」を運用していくときのポイントは何か。一つ目は、お互いの「OKR」の進捗が見えるようにすることです。決定した「OKR」はすべて社内で公表されており、互いに何をすべきかが、各々の役割は何かということが共有されています。日々どのような進捗にあるかを意識できることは重要です。二つ目は、上司がメンバーに対し個別支援を行うこと。部署の目標達成との連動を意識した声かけが有効です。そして三つ目は、「OKR」に集中できるように仕事を調整することです。上司は部下のやるべきことを理解し、「OKR」につながらないことは極力減らすことも必要です。いかに「OKR」に集中できる環境をつくり出せるかが成功のカギとなります。

中核を担う管理職を育成し、組織力を向上させる!管理職育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介



『日本の人事部』管理職育成特集

管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...