企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゴガツビョウ 五月病

「五月病」は正式な医学用語ではなく、4月に進学した学生や入社・異動した社会人に、5月頃になると現われる精神的な不安定状態の総称です。環境の変化に適応できないことに起因する症状といわれ、抑うつ気分、不安感、無気力、不眠、強い疲労感など、うつ病に似た心身の不調やスランプを訴える場合が多いようです。
(2011/5/9掲載)

五月病のケーススタディ

一過性のスランプから深刻化する恐れも
今年は「震災五月病」にも要注意

“超氷河期”の厳しい就職戦線を勝ち抜いて入社した期待の新人が、新入社員研修などであわただしい4月を乗り切った後、5月に入り、ゴールデンウイークを過ぎた頃から目に見えて仕事への意欲や関心を失い、無気力な状態に陥ってしまう――それが、職場でよく見られる「五月病」です。

学生から社会人という環境の変化は、本人が考える以上に大きなストレスを伴います。人によっては新しい生活や人間関係にうまく適応できなかったり、あるいは何とか適応しようと頑張り過ぎたり(過剰適応)してしまいます。その結果、心身の疲労が徐々に蓄積。最初のうちは気持ちが張り詰めているため気づきませんが、連休でひと息つくことで溜まっていた疲れがドッと出てきて、本人も不調を自覚することになるのです。入社前のイメージと現実とのギャップから生じる職場への失望感、就職という人生の大きな節目を突破したことによるバーンアウトなども要因として見逃せません。

精神面では気持ちが冴えない、やる気が起きない、思考力や集中力が低下する、自信がなくネガティブな考えが浮かびやすい、目標を見失ってしまうといった状態になり、体調面では疲労感、倦怠感、食欲不振、睡眠障害(寝つきが悪い、熟睡できない、いくら眠っても疲れがとれないなど)、頭痛、腹痛などの症状がよく見られます。

こうした症状はほとんど一過性のもので、本人の回復力と環境への慣れによって自然と改善されるのが普通です。しかし、「そのうち治る」と放置しておくと、症状が数週間以上も長引き、出社困難に陥るほど深刻化して、「適応障害」や「うつ病」など本格的なメンタルヘルス不調を発症してしまうケースもあります。仕事上のミスの多発や言動の変化(会話の減少や服装の乱れ)、遅刻や早退、無断欠勤、さらには飲酒時の悪酔いなど問題行動が目についたら、本人からの“SOS”と受け止めるべきでしょう。上司から声をかけ、本人からじっくりと話を聞き、場合によっては産業医や専門医に相談するよう助言することも大切です。

とくに今年は東日本大震災の影響で、被災地で働く人々はもちろん、それ以外の地域の人々にも心身の疲労が高まっているようです。余震や計画停電、悲惨なニュース映像などの影響でストレスを受け続けてきたところに、大型連休で緊張の糸が切れると、一気に抑うつ症状が現れやすいと、「震災五月病」のリスクを指摘する専門家もいます。いつも以上に職場でのコミュニケーションを深め、新天地で不安を抱える部下や同僚の心のケアを図る必要があるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

六月病
4月から環境が大きく変わった新社会人や新入生が、ゴールデンウイーク明け頃に無気力状態に陥ることを五月病といいますが、近年、新社会人ではひと月遅い6月に同じような症状を訴える人が多く、これを五月病ならぬ「六月病」と呼びます。五月病も、六月病も正式な病名ではなく、医学的にはどちらも適応障害に分類されます...
過剰適応
「過剰適応」とは、ある環境に合うように、自身の行動や考え方を変える程度が度を超えている状態を指します。その結果、うつ病やパニック障害といった二次障害を引き起こすこともあり、精神疾患者に陥りやすい人が持ち合わせている傾向ともいえます。人から良く思われたい、認められたいという「承認欲求」は社会生活を営ん...
正月病
「正月病」は正式な病名ではありませんが、年末年始の長期休暇明けに気分が落ち込み、無気力状態に陥ることをいいます。イベントごとが続く年末年始は生活リズムを失いやすく、秋から冬にかけて冬季うつ病のような症状が発生することがあります。正月病は生活リズムを取り戻して数日もすれば元に戻りますが、冬季うつ病の場...

関連する記事

「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発...
2016/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材紹介会社のフォロー範囲
人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、と...
2017/12/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
3. 新入社員教育の種類と内容
新人研修を多く「入社前研修」「入社後研修」に分けて解説。それぞれ目的は大きく異なり、それに伴って研修内容も違う点を押さえる。
2012/11/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
出向者の入社祝い金について
毎月の給与はもちろん出向先が負担しますが、入社祝い金については出向元に入社した人の場合でも 出向先が支払わないといけないのでしょうか?
入社一時金制度について
入社一時金制度について相談させていただきます。 入社一時金には2種類あり、入社準備金の意味合いで入社当月に支給するものと、入社半年後に入社祝い金の意味合いで支給するものがあります。 社会保険上の手続きで、さる専門家に「入社当月支給するものは給与扱い」、「半年後支給するものは賞与扱い→賞与支払届提...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...