企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】イクメン イクメン

「育児をするメンズ(男性)」の略語。単に育児中の男性というだけでなく、進んで育児休暇を取得するなど子育てを積極的に行う男性や、育児を楽しみ自らも成長しようとする男性、または将来的にそうありたいと考えている男性のことを、「イケメン」をもじって「イクメン」と称します。
(2010/11/8掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イクメンのケーススタディ

“できる社員”ほど子育てに挑戦したがる傾向に
積極支援で人材確保や生産性向上にメリット

2010年5月、当時の長妻昭厚生労働大臣が国会で「イクメンという言葉を流行らせたい」と発言しました。翌月には前年に改正された育児・介護休業法の施行に合わせて、働く男性の子育て参加や育児休暇取得を後押しする、厚労相肝いりの「イクメンプロジェクト」もスタート。これを機に「イクメン」の名称は一気に浸透しました。最近では、全国の知事として初めて育休取得を宣言した湯崎英彦広島県知事と、首長のイクメン化に異論を唱える橋下徹大阪府知事や高橋はるみ北海道知事らとの間で、「イクメン論争」が巻き起こったのも記憶に新しいところです。

平成の家族のライフスタイルを研究する「イマドキ家族研究所」が、今年9月に子供を持つ全国の20代〜60代の男女約1万人に対して行った家族の実態調査によると、男性の育児参加についておよそ3割が「積極的に参加している」と答え、「人並みに参加」を合わせると3人に2人は「イクメン」であることが明らかになりました。それでも、日本の男性の育児休業取得率は1.72%(09年度)に過ぎません。諸外国と比べるときわめて低い水準にとどまっており、政府はこれを17年度に10%、20年度には13%にまで引き上げることを目標としています。各地でも政府のキャンペーンと連動する形で、自治体やNPOがイクメン・スクールなどを展開。社会がイクメンをサポートする体制も徐々に整ってきました。

イクメンの実態に詳しい東レ経営研究所の渥美由喜研究部長によると、「ひと昔前まで男性の育休取得者というとマイペース型か、奥さんの尻に敷かれているタイプが多かったが、最近は仕事熱心で評価も高い“エース社員”で、子育てにも挑戦してみたいという人が増えている」とのことです。若手・中堅社員のイクメン志向は案外、本人の自己成長欲求に根差すものなのかもしれません。だとすれば、企業がそれを尊重しないのは長期的に見て得策といえないでしょう。

もちろん「長時間労働は美徳、子育てしながらいい仕事などできるわけがない」という固定観念を持つ先行世代の反発、混乱は必至です。実際、渥美氏が耳にした例では、ある会社のエース社員がイクメンを宣言した途端、かわいがってくれていた上司から「裏切り者」扱いされ、干されたといいます。イクメンを抑圧する、こうした組織内の壁をどう乗り越えるべきか――。「企業経営者は、イクメンを重視することが優秀な人材の確保や生産性の向上、さらには生活者目線のイノベーションの創出にもつながり、確実に業績を伸ばすことに気づくべきだ」と、渥美氏は指摘します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

イクボス
「イクボス」とは、男性の従業員や部下の育児参加に理解のある経営者や上司のことです。子育てに積極的に関わる男性をイクメンと呼ぶのに倣い、そのイクメンを職場で支援するために、部下の育児休業取得を促すなど、仕事と育児を両立しやすい環境の整備に努めるリーダーをイクボスと呼びます。 (2013/7/29掲載...
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
パタハラ
「パタハラ」とは、パタニティー・ハラスメントの略。パタニティー(Paternity)は英語で“父性”を意味し、男性が育児参加を通じて自らの父性を発揮する権利や機会を、職場の上司や同僚などが侵害する言動におよぶことを、パタニティー・ハラスメントと呼びます。女性社員の妊娠・出産が業務に支障をきたすとして...

関連する記事

株式会社ローソン: 男性が変われば企業風土も変わる! ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率の向上を導いています。インタビュー後編では、同社が展開する「男性の育児取得促進活動」がどんな成果、効...
2016/10/31掲載となりの人事部
株式会社ローソン: 男性が変われば企業風土も変わる! ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(前編)
女性や外国人など多様な人材の活用を図るために、ダイバーシティ(多様性)推進に積極的かつ継続的に取り組んでいるローソン。小売業として初めて、女性活躍推進に優れた上場企業である「なでしこ銘柄」に2014、2015、2016年の3年連続で選出されるなど、先進的な活動...
2016/10/24掲載となりの人事部
武石恵美子さん 「男性の育児休業」と「ワーク・ライフ・バランス」
仕事と子育ての両立支援計画を企業に求める「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)が施行されて1年。これをきっかけに、多くの企業が男性社員も育児休業をとりやすい環境整備に取り組み始めています。『男性の育児休業』(中公新書)の共著書もある武石恵美子さんは、このよう...
2006/04/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

男性の育児休暇
いつもお世話さまです。 さて、当社(500人)は子育て支援にともなう、一般事業主行動計画を申請し、 くるみんの取得を目指しています。 その中の必須事項に、男性の育児休暇取得者がいるという条件が暗黙にあります。 しかし実際には育児休暇取得中は無給となり、男性社員にお願いするのもなかなか難しいところです...
男性の育児参加
世間で育児への関心が高まる中、当社では、男性の育児参加について力を入れたいと考えております。しかし、どのような項目を盛り込んだらいいのか四苦八苦しております。 今のところ時間外の制限、転勤の制限を考えておりますが、どれくらいにすべきかも検討がつかない状況ですし、他にどのような項目をあげるべきなのか・...
男性の育休取得について
男性の育休取得推進、行く行くは、くるみんの取得を考えております。 この度『育休は取りたいが、その期間に有休を使いたい』という申し出がありました。多くの企業がそうであると認識していますが、現状弊社の育児休業規程では、育休中は無給と定めています。社としては育休は歓迎で、有休取得もしてもらって構わないので...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネス界の重鎮が提言!<br />
 語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

ビジネス界の重鎮が提言!
語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

日本のビジネスパーソンが海外で活躍するためには、何が必要なのでしょうか...