企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウショクヒョウガキ 就職氷河期

バブル経済崩壊後の長期不況の影響を受けて、就職難が社会問題化した時期を指す表現。雑誌「就職ジャーナル」から生まれた造語で、1994年の第11回「新語・流行語大賞」の審査員特選造語賞を受賞しています。金融不安やITバブルの崩壊が重なり、雇用環境がさらに冷え込んだ90年代後半から2000年頃をとくに「超氷河期」と呼ぶことも。
(2010/3/15掲載)

就職氷河期のケーススタディ

現下の就職環境は氷河期ほど悪くない
決まらない原因は企業と学生のミスマッチ

かつて約170万人もの若年フリーター層を生み出したとされる「就職氷河期」の再来が懸念されています。厚生労働省と文部科学省の共同調査によると、2010年春卒業予定の大学生の就職内定率は、前年12月時点で73.1%と過去最も厳しかった03年の調査結果を下回りました。就職先が決まらないまま今春卒業してしまう学生は、09年に比べて5割増の12万人超となる見通しです。

しかしリクルートワークス研究所の大久保幸夫所長は、今般の新卒者を巡る就職環境は求人状況から見ると「以前ほどは厳しくない」と指摘します。現に今春卒業予定者の求人倍率は1.62倍(リクルートワークス研究所調べ)で、氷河期だった1996年春卒業の1.08倍や2000年春卒業の0.99倍ほど極端には落ち込んでいません。また、同研究所が4,400社の民間企業を対象に、11年春新卒者の採用見通しに関する調査を行ったところ、「増える」と答えた企業は5.5%で「減る」の9.3%を下回りましたが、半数近くの企業は「変わらない」と答えています。

企業が採用活動を凍結した氷河期とは違い、採用枠は限られても、各社の採用意思そのものは失われていません。背景には、新卒採用を止めたために社員の人員構成がいびつになり、人材不足やマネジメントの劣化など組織に深刻な弊害を招いた“氷河期の反省”があるといわれます。依然、景気の先行きは不透明ですが、企業としてはむしろ厳しい状況だからこそ、より優秀な学生を“厳選”して確保したいのが本音でしょう。

当然、求められるのはこの難局を乗り切るための“即戦力”。しかし長引く景気低迷のなかで、日本の若者の多くは安定志向を強めているといわれます。日本生産性本部が実施した09年度新入社員に対する意識調査では、「年齢・経験を重視して給与が上がるシステム」や「年齢や経験によって、平均的に昇格していく職場」を希望する回答がそれぞれ48.1%、39.7%で、1991年に調査を開始して以来、過去最高を記録しました。各種就職人気ランキングでも、好不況の影響を受けにくいイメージのある医薬品・生活必需品関連業界や社会・生活インフラを支える企業に、「安定しているから」「大手だから」などの理由で学生の支持が集まっています。

氷河期を下回る就職内定率73.1%という数字は、こうした企業と学生の、埋めがたい志向の“ミスマッチ”を浮き彫りにしているのではないでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...
通年採用
「通年採用」とは企業が年間を通し、そのときの必要性に応じて自由に採用活動を行うことをいいます。多様化への対応やグローバル人材の必要性が高まっている近年、通年採用によって優秀人材の獲得を目指す企業が増えています。ここでは、一括採用との違いやメリット・デメリットを整理するとともに、通年採用を成功に導くポ...

関連する記事

ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

メンタル対応可能な産業医を紹介します Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...