企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ナバカリカンリショク 名ばかり管理職

十分な職務権限を持たないにもかかわらず、肩書きだけを与えられて管理職とみなされ、残業代が支払われない従業員のこと。「偽装管理職」とも呼ばれています。
(2008/4/21掲載)

名ばかり管理職のケーススタディ

ずさんな人事管理と経営側の都合がもたらした問題
さまざまな企業が「労務管理」の見直しに着手

労働基準法第41条第2号では、管理職について「事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者(以下、「管理監督者」という)または機密の事務を取り扱う者」と定義し、休憩および休日に関する規定の適用除外者であるとしています。

しかし、この「管理監督者」を、経営者側が都合よく解釈し、十分な職務権限やふさわしい報酬を与えずに、休憩や残業、休日出勤を無給で強制する行為が問題視されています。日本労働弁護団が実施した「名ばかり管理職」の電話相談には、多くの相談が寄せられました。残業時間が多い月で110時間、少ない月でも70〜90時間を超え、過労自殺に至った深刻なケースや、肩書きがないにもかかわらず「管理職候補」として管理職同様に残業代を支払わない悪質なケースも報告されています。さらには、入社して日が浅い高卒1年目の若者を「管理職」にして残業代を支給しないという信じがたい実態も浮き彫りになりました。

名ばかり管理職」をめぐっては、日本マクドナルドの店長が訴訟を起こし、広く問題が知られるようになりました。東京地裁は2008年1月、「店長は管理職にあたらない」として同社に残業代など約755万円の支払いを命じる判決を出しています。全国展開するその他の外食・小売チェーン店でも、同様に店長を管理職扱いとし、残業代を払わないケースが多く、この残業代訴訟の行方は波紋を呼んでいます。すでに、この判決を受けてコンビニ最大手の「セブンイレブン・ジャパン」が、直営店の店長に残業代を支払うことを決めるなど、労務管理の見直しを迫られる企業が今後も増えるとみられます。

これまで同様の訴訟は30例ほどで、いずれも労働者側が勝訴しています。主な争点は、(1)人事権や営業方針の決定などの権限を持つか(2)出退勤の時間を自分で決められるか(3)管理職に見合った給料など待遇面で優遇されているかの3点に集約されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ガラスの天井
「ガラスの天井」とは、英語の「グラスシーリング」(glass ceiling)の訳で、組織内で昇進に値する人材が、性別や人種などを理由に低い地位に甘んじることを強いられている不当な状態を、キャリアアップを阻む“見えない天井”になぞらえた比喩表現です。もっぱら女性の能力開発を妨げ、企業における上級管理...
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
粘土層管理職
「粘土層管理職」とは、古い価値観に凝り固まっているために、企業の組織改革の妨げになりやすい40代、50代の中間管理職のことです。経営層が意識改革を呼び掛けても、ねらいが伝わりにくく、彼らが間にいることで部下や現場レベルにまで浸透していかないことから“粘土層”と呼ばれています。伝統的なサラリーマン社...

関連する記事

管理職が置かれた「現状」
経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
2016/06/10掲載よくわかる講座
4. マネジメント研修・管理職研修の種類と内容
一口に管理職研修といっても、組織における管理職の位置付けにより求められる要件は異なり、そのカバーする範囲は非常に幅広いものとなっている。一般的に、新任管理職研修、管理職研修、上級管理職研修の三つに区分することができる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
6. ワーク・ライフ・バランスと管理職の役割
職場で仕事管理や人材マネジメントを直接行うのは「管理職」である。ワーク・ライフ・バランスの実現において、その役割は非常に大きい。管理職がその考え方を理解し、正しい取り組みに協力しなければ、企業におけるワーク・ライフ・バランスは、実現していくことが難しいだろう。...
2012/11/07掲載よくわかる講座

関連するQ&A

管理職の処遇について
現在、総務課長に1年在籍している管理職がおりますが、 本人も管理職には向いていないという自覚があり 積極的に何かを改善しようという行動もなく、また部下への 教育も出来ていない状況です。 このような場合、降格して管理職から外すべきか それとも、部下を持たない部署に異動すべきでしょうか。 本人は部下...
管理職賃金の水準について
管理職の賃金は一般社員の賃金を下回らないように、と言われますが、 ①月例給  一般社員の残業が最も多い人よりも、管理職の月例給は多くなるように設計しなくてはならないのでしょうか。 ②賞与  評価(パフォーマンスの発揮度合による)によって賞与金額に大きく差をつける場合においても、管理職の最低ラインは...
部下なし管理職のブラッシュアップ
弊社では部下を持たずに、特定の専門分野を預かる担当(専任)管理職が多数存在します。 管理職登用時以降、階層別教育の網に掛からないため、なかなか学びの機会を提供できていません。 職責マネージャーが組織運営のキーマンであると同時に、変化の激しい時代の中で専門分野をダイナミックにリードする担当管理職が企業...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...