無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ワーキングプア ワーキングプア

ワーキングプアとは、「働いても豊かになれない。どんなに頑張っても報われない」という、「働く貧困層」のこと。今、日本では、このワーキングプア層の急拡大が大きな社会問題となっています。
(2007/3/19掲載)

ワーキングプアのケーススタディ

生活保護受給者の伸び率は過去最高
格差の拡大が深刻な社会問題に

生活保護の受給者がこのところ急激に増えています。生活保護受給世帯数は、平成14年に100万を突破してから増加を続け、平成16年度では120万世帯近くにまでなりました。ここ10年の1.6倍を超える伸び率は過去最高記録です。最近の傾向としては、年金だけでは生活できない「高齢者」、そして長い不況の中で大量に発生した失業者や非正規雇用の労働者など、いわゆる「ワーキングプア」と呼ばれる受給層の増加が特徴です。

景気回復と言われる今でも、都会では大学や高校を卒業した後なかなか定職に就けず、日雇いの仕事で命をつないでいる“住所不定無職”の若者が急増しているといいます。正社員への道は狭き門で、今や3人に1人が非正規雇用として働いており、子供を抱える低所得世帯は、食べていくのが精一杯で教育費どころではない現状があります。

地方と都会の経済格差も増大し、主要産業の伸び悩みなどにより地域経済全体が落ち込んでいる地方では、収入が少なくて税金を払えない人たちが急増した結果、破たんする自治体まで現れました。

急速に進む格差社会に対して、国は財政難を理由に生活保護費を削減する方針を打ち出しました。各地では、支給額を減らされた人たちが国を相手に訴訟を起こしたり、生活保護を受けられずに困窮する若者たちも出ています。

生活保護制度は、憲法25条の生存権(「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」)を実現させるために、昭和26年に制定された生活保護法に基づく制度。制定されてからすでに50年以上が経過していることもあり、生活保護を申請したのに受けられず餓死する人がいたり、不正受給の問題で、本当に受けるべき人が受けられていないのではないかという指摘も少なくありません。

一方、安価な労働力として、ワーキングプアに依存する事業主もいるようです。今後ますます、格差社会が進むとも言われていますが、所得が高い層と低い層、いわゆる勝ち組と負け組が世代を超えて固定化するのではないかといった危惧もされ始めました。ワーキングプアの存在は、これからの日本が真剣に取り組まなければならない、最も深刻な社会問題の一つであることは間違いないでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するキーワード