無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 最終更新日:2023/01/31

VUCAに対応するためのフレームワーク

VUCA時代―――予測困難な状況の時代では、予測のしやすかった時代とは違った考え方が求められます。想定外の事象が現れる環境で、素早く対応するためのフレームワークが提案されています。その中でも代表的な二つのフレームワークを紹介します。

OODAループ

OODAループ

OODA(ウーダ)ループは、VUCA時代に注目されているフレームワークの一つです。もともとアメリカ空軍で使われていました。Observe(観察)、Orient(状況判断)、Decide(意思決定)、Act(行動)の四つからなるフレームワークです。

Observe(観察)

最初の段階では、まず対象となる事象を観察し、ひたすら情報を収集します。十分な情報収集を行い、事業を取り巻く環境や競合の戦略を理解します。

Orient(状況判断・方向づけ)

収集した事業環境や競合の情報に対して、状況を分析し、どのような方針を立てるか決めます。

Decide(意思決定)

一つ前のステップで決定した方針を基に、具体的な施策や手段を決定していきます。

Act(行動)

意思決定した手段を実行していきます。

もう一つ、有名なビジネスのフレームワークとしてPDCAがあります。PDCAでは計画を立ててから実行に移すのに対し、OODAループではリアルタイムに情報収集と意思決定を行います。まずは対象を観察し状況を判断する(情報収集)、そして意思決定し行動するという一連を繰り返していきます。

OODAループのメリットは、迅速に行動して判断を下せる点。つまりPDCAでいうところのPlanのプロセスを省いた、「やりながら考える」タイプのフレームワークであるといえるでしょう。

OODAループを実施する際に注意が必要なのは、ビジョンや方向性が定まっていないままだと単なる行き当たりばったりになってしまいかねない点です。目的や目標を明確にした上で取り組むことで、混乱を避けられます。

VUCAプライム

VUCAプライム

VUCAプライムは2007年にロバート・ヨハンセンが提唱したリーダーシップモデルです。VUCAそれぞれに対抗するための考え方を下記の四つで示しています。

Vision(ビジョン)

状況が予測不可能なほど早く変化している場合、リーダーは目標や目的とビジョンにフォーカスし続けるべきとされています。

追いかけるビジョンは、従業員や顧客・取引先などの事業における各ステークホルダーを納得させられる、説得力を持つものである必要があります。

Understanding(正確な理解)

何が起こっているかを正確に理解することは、事業の不確実性を低減する効果があります。事業を進める上で計測できない不確実性に遭遇した場合、外部の政治的・経済的・社会的・技術的・法的および環境的な要因について深く理解するために調査や実験が必要になります。

Clarity(単純化)

予測不可能な事象にぶつかったときには、可能な限り状況を単純化して捉えてみます。簡素化して物事を捉えることは、必要な意思決定を容易にします。

Agility(機敏性)

今まで行ったようなことがない施策でも、有効と判断すれば、迅速に意思決定して取り組みます。迅速な判断や行動は、ビジョンや目標を達成するに当たって非常に有効です。

「VUCA」について深く知る記事一覧

企画・編集:『日本の人事部』編集部

HRペディア「人事辞典」

HRペディア「人事辞典」

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

用語の基本的な意味、具体的な業務に関する解説や事例などが豊富に掲載されています。掲載用語数は1,100以上、毎月新しい用語を掲載。基礎知識の習得に、課題解決のヒントに、すべてのビジネスパーソンをサポートする人事辞典です。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

関連する記事

「VUCAに対応するためのフレームワーク」に関する人事のQ&A

「VUCAに対応するためのフレームワーク」に関する書式・テンプレート