無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事辞典 掲載日:2021/03/26

【ヨミ】ソーシャルジェットラグ シャカイテキジサボケ ソーシャル・ジェットラグ(社会的時差ぼけ)

「ソーシャル・ジェットラグ(Social Jet Lag)」とは、平日と休日との就寝・起床の生活リズムのズレを指します。日本語では「社会的時差ぼけ」などと訳され、ドイツの時間生物学者であるティル・ローエンバーグ氏により、2006年に提唱された概念です。睡眠習慣は、平日は仕事や学校などの社会的制約がある環境下にありますが、休日はその制約がないため、生物時計に沿うことになります。このズレが大きいほど体内リズムは乱れやすくなり、睡眠に起因するさまざまな問題を引き起こす要因となります。

ソーシャル・ジェットラグ(社会的時差ぼけ)のケーススタディ

在宅勤務とオフィス出社の使い分けも
ソーシャル・ジェットラグを引き起こす?

平日は「寝る間も惜しんで」働き、休日に「寝だめ」をする。社会人にはよくあるライフスタイルですが、休日の寝だめは不調や病気のもとといわれています。体内時計がずれることで時差ぼけ状態になり、より疲れを感じるようになるからです。夜型の生活を送ることで、日光を十分に浴びないことによるうつ病のリスクや、ホルモンの乱れによるがんのリスクが高まることも指摘されています。

平日と休日の生活習慣の差もさることながら、在宅勤務とオフィス出社の使い分けも、睡眠習慣の乱れにつながる恐れがあります。新型コロナウイルス感染症の流行によって、2020年から在宅勤務によるテレワークを導入する企業が増加しました。しかし、完全リモートとする企業がわずかで、多くの場合は「必要に応じて出社」という形をとっています。

在宅勤務は通勤の必要がないぶん、それまで通勤時間とその準備にかけていた時間を睡眠に充てることができます。しかし、オフィスに出社する日は以前と同じ時間に起き、衣服を整え、朝食を食べ、電車や車などを利用して職場に向かわなければなりません。在宅勤務のときよりも、1時間ほど多く準備の時間が必要になるのではないでしょうか。そういう点で、在宅勤務と出社の使い分けは、睡眠習慣のズレを引き起こしやすい環境といえるでしょう。

近年は「健康経営」の観点から、従業員の健康管理を経営課題にする企業が増えていますが、食事や運動に関する事例が多く、睡眠の支援を行っている事例はあまり多くはありません。そうした中、ロート製薬株式会社では「睡眠改善プログラム」を導入し、従業員の睡眠習慣の改善や主体的な健康づくりを支援しています。

今後は、時間や場所にとらわれない多様な働き方が増えることが予想されます。企業や人事担当者は、勤務形態や就業時間帯の違いによる生産性の低下や体調不良が起きないよう、これまで以上に従業員の健康管理に取り組んでいく必要があるでしょう。

・参考
ロート製薬が従業員の「睡眠改善プログラム」を導入(ロート製薬)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード