企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ピーエスイーマーク PSEマーク

電気用品安全法に基づき、製造業者や輸入業者が電化製品の安全性を自主的に検査し、問題がなければ表示できるマーク。菱形またはマルの中にPSE(Product Safty of Electricalの略)の字が入っています。
(2006/3/27掲載)

PSEマークのケーススタディ

中古家電はパソコンなどを除いて
安全検査済みマークがないと販売できない

2001年4月から電気用品安全法が施行され、PSEマークを表示したもの以外は販売が禁止されました。経過措置として消費者に広く普及しているテレビ、冷蔵庫、洗濯機などについては、5年間の猶予期間が設けられていましたが、2006年3月末をもって期限切れとなります。ただし電子楽器などについては音楽関係者に配慮して除外されました。

これに伴い、中古家電を扱うリサイクル業者や家電店は対応に追われています。家電量販店のソフマップは4月からPSEマークがついていないDVDレコーダーやゲーム機など中古製品の販売や買い取りを取り止めます。全国に500店以上のリサイクル店を展開するハードオフコーポレーションも、2月上旬から消費者からの中古家電の買い取りを中止しました。ネット競売大手のヤフーは対象商品を販売した場合、即座に排除する方針を打ち出しています。

もっとも、販売業者が新たに「製造事業者」として国に届け出たうえ、自社で安全試験を実施すれば販売を続けることは可能です。しかし製造物責任法(PL法)による責任や、他社製品を自社製品として販売することにより商標権の問題が生じるおそれがあり、そこまでやる業者は少ないようです。

ちなみに、パソコンおよびパソコンの周辺機器、電話機やファックスなどの通信機器は規制の対象外となっていますが、リサイクル業者の間からは「買い取りをやめたと誤認され、中古製品が仕入れにくくなる」と懸念の声があがっています。また一部には「国をあげてリサイクルに取り組んでいるのに、時代に逆行する規制ではないのか」との批判も少なくありません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

RoHS指令
Restriction of use certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment指令の略。欧州連合(EU)が2006年7月1日から実施する電気・電子製品への有害化学物質の使用規制のことです。
共創
「共創」とは、多様な立場の人たちと対話しながら、新しい価値を「共」に「創」り上げていくこと。企業の場合は、消費者や協力関係にある企業、社外人材といったステークホルダーを巻き込みながら、プロジェクトを進めていきます。商品を開発・改善したり、広めたりするためのマーケティング手法として、またはイノベーショ...
リバース・イノベーション
「リバース・イノベーション」とは、途上国で最初に創出・採用されたイノベーションであり、それを先進国・富裕国へと移転・展開するという、従来のパターンとは逆の流れでイノベーションのグローバル化を図る戦略コンセプトのことです。米ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネスのビジャイ・ゴビンダラジャン教授...

関連する記事

5. 営業・販売研修の企画・導入のポイント
同じように営業・販売研修実施しても、その準備や内容、研修後のフォローによって研修効果は大きく異なる。ここでは効果をあげる営業・販売研修の4つのポイントを解説する。
2013/02/08掲載よくわかる講座
3. 営業・販売研修のプログラム例 (1) ~営業・販売スキルの基礎/新人向け~
営業・販売研修の中で、実施頻度の高いプログラムを紹介する。ここでは営業・販売職の「新人」に対して、基本となるさまざまな知識と心構え、営業・販売スキルを学び、さらに実践的なロールプレイングを通じて身につけるための研修プログラムを解説する。
2013/02/08掲載よくわかる講座
1. 営業研修・販売研修をめぐる近年の傾向
営業・販売活動は企業の売上に直接貢献するものであり、そのため営業力強化・販売力強化は、企業経営の最重要課題の一つである。専門的な知識・スキル・マインドを習得することで、成果・実績の向上を目指すのが営業研修・販売研修だ。これらの研修について詳しく解説する。
2013/02/08掲載よくわかる講座

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...