企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エルエルピー LLP

Limited Liability Partnershipの略。民法上の任意組合と株式会社のそれぞれの長所を取り入れた、会社でもなく組合でもない新しい有限責任事業組合のことです。
(2006/3/27掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LLPのケーススタディ

貢献度に応じて利益配分ができて
税金が抑えられるメリット

2005年8月に「有限責任事業組合契約に関する法律」が施行され、一般市民や民間企業、大学関係者などさまざまな人が集まり、利益を目指す組織としてLLPを設立することができるようになりました。

LLPの最大のメリットは、法人格がないため、どんなに黒字を出しても法人税がかからないという点です。利益が出れば出資者が貢献度に応じて配分でき、これを各出資者の所得として申告することになります。また、合名会社や民法組合では損害はその全額を負担しなければなりませんが、LLPは出資金額の範囲で責任を負えばよく、取締役会や株主総会といった機関も特に必要ないので、迅速な事業運営が可能になります。

経済産業省によると2005年11月時点で全国のLLPの設立件数は270件に達し、その後も設立はハイペースで進んでいるといいます。たとえば札幌では、市民3000人が「さっぽろ雪まつり」を盛り上げるためのLLPを立ち上げました。また福井では、ブログを活用して若手経営者を支援する建設関連のLLPが産声を上げ、大阪では中小企業が連携してLLPを設立、営業や製品開発に乗り出しています。このようにLLPは街おこしから中小企業どうしの連携、大企業どうしの共同研究開発、産学提携、ITや金融の専門技能を持つ人材による共同事業、新産業の創造など、幅広い分野での活用が期待されています。

そもそもLLP制度は英国で始まったもので、米国やシンガポールなどでも導入されています。ただ、日本では導入されて日が浅いため、この先、債権者や被雇用者に不当な不利益が生じたり、課税を逃れるために悪用されたりするケースがないとはいえません。このため、政府はLLP制度の施行状況について検討を加え、その結果に基づいて必要な見直しを行うことも視野に入れています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

クロスアポイントメント制度
「クロスアポイントメント制度」とは、研究者が大学、公的研究機関、民間企業のうち、二つ以上の組織と雇用契約を結び、一定の勤務割合の下で、それぞれの組織における役割分担や指揮命令系統に従いつつ、研究・開発および教育などの業務に従事することを可能にする制度です。各機関が研究者の給与を分担して雇用することか...
みなし大企業
「みなし大企業」とは、資本金や常時使用している従業員数など規模の面では、中小企業基本法第2条に定められた中小企業の定義に該当していながら、大企業である親会社から出資を受けているなど、実質的に大企業の支配下にある会社のことをいいます。「みなし大企業」と認定されると、国や自治体などが中小企業を支援する目...
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍を...

関連する記事

業績連動型賞与制度の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度ですが、経済環境が変化する中で、見直す企業も少なくありません。今回はこの中から、導入状況、導入年、過去5...
2011/06/20掲載人事・労務実態調査
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
中原 孝子さん~日本の「人材開発担当者」に足りないものとは ~人材開発のプロになるために~
ASTD(American Society for Training & Development=米国人材開発機構)は、米国ヴァージニア州アレクサンドリアに本部を置く世界最大の人材開発・パフォーマンスに関する会員制組織です。日本企業の人材開発部門は、海外と比較...
2012/02/20掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

LLP(有限責任事業組合)参加時の注意点について
おつもお世話になっております。 弊社では、協力会社と一緒にLLP(有限責任事業組合)に参加を考えています。 もし、参加した場合、労働法上気をつけなければならないことが あるのでしょうか? 労務管理の注意点や、指揮命令関連の注意点等もありましたら 教えていただければと思います。 宜しくお願いいたします...
労働組合について
労働組合を立ち上げようと考えているのですが、設立までの流れを教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 求める人材を確実に採用する視点

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...