無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】パーソナルブランディング パーソナルブランディング

「パーソナルブランディング」とは、他者と自己とを差別化し、選ばれやすい状態をつくり出す活動のことをいいます。企業などの組織に属している個人が、組織のイメージアップを目的として個を売り出すこともあれば、個人事業主や副業従事者が仕事の機会獲得やキャリア拡大のために行う場合もあります。SNSの利用が一般的になったことで、従来のような企業ブランディングに加え、個人がファンをつくる手法も広がりを見せています。

パーソナルブランディングのケーススタディ

パーソナルブランディングで他社にはない魅力を訴求
「個」のアピールから採用広報につながる場合も

世の中にさまざまな商品・サービスがあふれ、その特長にも大差がなくなっている中、価格競争で自社の優位性を高めようとする企業もあるでしょう。しかし、値段を下げ、他社の売上を奪うことで目先の効果は出ても、結果的に収益は悪化し、最終的には業界全体が疲弊する事態を招いてしまいます。

そうした価格競争から脱する解決策の一つとなるのが、パーソナルブランディングです。購入の決め手を、価格ではなく、「人」へと変えていくのです。商品・サービスに大きな違いがないのであれば、「これを買うなら○○さんから」「○○さんは困ったときに頼りになる」と顧客に思わせることで、購入の動機づけにつなげることができます。魅力的な社員がいれば、売上だけでなく、採用広報にも大きく寄与するでしょう。

では、どのようにしてパーソナルブランディングに取り組めばいいのでしょうか。個人の自発的な活動ではなく、従業員に依頼する場合は、その重要性を理解してもらう必要があります。

経営層や事業責任者といった組織のリーダーが、パーソナルブランディングを行うことで企業がどう変わっていくかというイメージを共有します。次に、価値観シートのようなツールを使ったりファシリテーターを立てたりしながら、従業員自身の棚卸しをしていきます。価値観を理解したところで、自分のキャッチコピーを決めたり、話し方・伝え方を決めたりするなど、どのように発信していくのかを定めます。

従業員が個人の強みを磨くことで、企業のブランディングへとつなげていくことができますが、注意も必要です。個人が自分から魅力を引き出すのと同時に、企業も「強い個」に見合う魅力的な企業であり続けなければいけません。従来のように企業が個人を選ぶという構図ではなく、個人から選ばれる側でもあることを忘れず、組織風土改革や制度の刷新といった、企業側のアップデートにも取り組んでいく必要があるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「パーソナルブランディング」に関する記事

「パーソナルブランディング」に関する人事のQ&A

問題社員の業務の引継ぎについて

経理担当の職員の扱いについて大変苦労しています。当該社員は経理業務に精通し、人一倍働く半面独善的で部下への業務引継ぎも行わず、業務を自分一人で抱え込む傾向が強く、上司の指示も聞かないという状況にありま...

no_nameさん
東京都/ その他業種(従業員数 101~300人)
2021/06/07 10:33 ID:QA-0104204 人事管理 回答終了回答数 4 件

「パーソナルブランディング」に関する書式・テンプレート