企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/10/14

【ヨミ】パーソナルブランディング パーソナルブランディング

「パーソナルブランディング」とは、他者と自己とを差別化し、選ばれやすい状態をつくり出す活動のことをいいます。企業などの組織に属している個人が、組織のイメージアップを目的として個を売り出すこともあれば、個人事業主や副業従事者が仕事の機会獲得やキャリア拡大のために行う場合もあります。SNSの利用が一般的になったことで、従来のような企業ブランディングに加え、個人がファンをつくる手法も広がりを見せています。

パーソナルブランディングのケーススタディ

パーソナルブランディングで他社にはない魅力を訴求
「個」のアピールから採用広報につながる場合も

世の中にさまざまな商品・サービスがあふれ、その特長にも大差がなくなっている中、価格競争で自社の優位性を高めようとする企業もあるでしょう。しかし、値段を下げ、他社の売上を奪うことで目先の効果は出ても、結果的に収益は悪化し、最終的には業界全体が疲弊する事態を招いてしまいます。

そうした価格競争から脱する解決策の一つとなるのが、パーソナルブランディングです。購入の決め手を、価格ではなく、「人」へと変えていくのです。商品・サービスに大きな違いがないのであれば、「これを買うなら○○さんから」「○○さんは困ったときに頼りになる」と顧客に思わせることで、購入の動機づけにつなげることができます。魅力的な社員がいれば、売上だけでなく、採用広報にも大きく寄与するでしょう。

では、どのようにしてパーソナルブランディングに取り組めばいいのでしょうか。個人の自発的な活動ではなく、従業員に依頼する場合は、その重要性を理解してもらう必要があります。

経営層や事業責任者といった組織のリーダーが、パーソナルブランディングを行うことで企業がどう変わっていくかというイメージを共有します。次に、価値観シートのようなツールを使ったりファシリテーターを立てたりしながら、従業員自身の棚卸しをしていきます。価値観を理解したところで、自分のキャッチコピーを決めたり、話し方・伝え方を決めたりするなど、どのように発信していくのかを定めます。

従業員が個人の強みを磨くことで、企業のブランディングへとつなげていくことができますが、注意も必要です。個人が自分から魅力を引き出すのと同時に、企業も「強い個」に見合う魅力的な企業であり続けなければいけません。従来のように企業が個人を選ぶという構図ではなく、個人から選ばれる側でもあることを忘れず、組織風土改革や制度の刷新といった、企業側のアップデートにも取り組んでいく必要があるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
エンプロイヤーブランディング
エンプロイヤーブランドとは、勤務先としての企業の魅力度のこと。「エンプロイヤーブランディング」は、企業が「職場」としての魅力を高め発信していく活動のことをいいます。その対象は従業員だけにとどまらず、潜在的な従業員になりうる人材、従業員の家族、顧客なども含まれます。「勤務先として魅力的な企業」を目指す...
リクルーター
リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。

関連する記事

2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
人材採用“ウラ”“オモテ” 自社の魅力、しっかり語れますか? 人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて重要だ。しかし、誰もが知っているような有名企業や人気企業ならともかく、一般の会社はそう簡単に他社との...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
雇用契約について
派遣事業に関し、質問させていただきます。 個人事業主の方をある企業へ派遣しようとする場合、その個人事業主と当社の雇用契約は常用雇用契約が必要なんでしょうか?某企業から「個人事業主の方は一般派遣の免許を持っている企業と常用雇用契約が必要となる」と指導されましたがどうなのでしょうか?期間限定の雇用契約で...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...