無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事辞典 掲載日:2019/12/16

【ヨミ】ペアシュウロウ ペア就労

「ペア就労」とは、二人一組になって行う就労形態のこと。多くの場合、高年齢従業員と若年従業員がペアになって同じ業務に携わることを指します。異なる属性や経験の従業員同士が交わることで、人材育成が図られるとともに、若年者従業員へ技能を継承することができるという利点があります。少子高齢化対策に伴う技能継承という文脈もあれば、年齢を問わず活躍できる社会の実現に向けた企業の社会的責任(CSR)としての側面もあります。年齢だけでなく、障害のある人とそうでない人がペアで就労をする事例もあります。

ペア就労のケーススタディ

まだまだ厚い年齢の壁
ペア就労に助成金を出す取り組みも

シニア層には少しショックな数字があります。旅行予約サイトを運営する株式会社エアトリが、2019年6月に定年延長に関するアンケート調査を発表。20~30代の人たちに「65歳以上の人が同じ会社で働くことに対してどう思いますか?」と質問したところ、「一緒に働きたい」32.4%、「できれば一緒に働きたくない」11.3%、「絶対一緒に働きたくない」7.0%という結果となったのです。約2割の若年層は、高齢者と働くことに抵抗を感じていることがわかりました。

「一緒に働きたい」と回答した若年層のうち、ある30代の男性は「いろいろな年代、考えや経験の違う人と仕事をしてこそのパートナーシップが、自分を育てて会社を良くしていくと思う」という理由を挙げています。持続的な経済発展のためには多様性が必須だといわれていますが、多様性というと、性別や国籍といった属性が引き合いに出されることが多く、年齢の壁はまだまだ厚いままです。

そうしたなか、沖縄県では製造業や介護、保育園など、さまざまな業種でペア就労の取り組みが進んでいます。その背景には、沖縄県が「生涯現役スキル活用型雇用推進事業」として、ペア就労に取り組んだ企業に助成金を出していることがあります。ペア就労の中間役に中堅社員を指導役として追加し、高年齢者、中堅社員、若年者の3者で就労に取り組むこともあるといいます。

沖縄県が公表しているペア就労を行った企業の事例を見ると、「若年者が職場に溶け込みやすく、職場全体の雰囲気がより良いものになった」「(高年齢者、中堅者、若年者の)三世代で働き方について学び直し、コミュニケーションの機会が増えたことで、各世代の働き方や考え方を知ることができた。経営方針の見直しや業務の見直しにもつながった」といった声がありました。

このようにペア就労は技能の継承という利点だけでなく、世代を超えた相互理解にも有効といえそうです。

・参考
ペア就労活用企業 取組紹介(沖縄県「平成30年度 生涯現役スキル活用型雇用推進事業 事業報告書」)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード