無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ナレッジワーカー ナレッジワーカー

「ナレッジワーカー(knowledge worker)」とは、自らの知識によって企業や社会に貢献する労働者のことを指します。オーストリアの経済学者ピーター・ドラッカーによって提唱された概念で、労働力に基づいた価値ではなく、社会的な影響や貢献度などが価値となる点が特徴です。製造業などに従事する単純労働と対立する概念でもあり、高度経済成長期の日本のような有形商材を扱っていた時代から、テクノロジーの躍進によって知的な無形サービスへのシフトしていく中で、ナレッジワーカーとしての働き方が求められるようになりました。

ナレッジワーカーのケーススタディ

高度な知識をどう処理するか、
ナレッジワーカーに必要な労働の「質」

労働スタイルを表す言葉に「ホワイトカラー」と「ブルーカラー」があります。それでは、「ナレッジワーカー」は「ホワイトカラー」と同義かというと、その限りではありません。「ナレッジワーカー」の対にあたるものは「マニュアルワーカー」と呼ばれ、その名の通りマニュアルに沿った仕事を行う労働者を表します。例えば、決められた作業のみを行う一般事務などは、「ホワイトカラー」であり「マニュアルワーカー」に分類されるのです。

ナレッジワーカーの概念を説明する前に、「知識」と「知恵」の違いにも触れておきましょう。知識とは、あるものごとについて知っていること。それに対して知恵は、ものごとの道理を理解し、データを適切に処理することをいいます。つまり、知識や経験を臨機応変に活用していける能力を知恵と呼ぶのです。これはよく料理にも例えられ、食材という素材が知識だとすれば、知恵は料理法だといえます。知識のない知恵も、知恵のない知識も、ビジネスにおいてはあまり価値があるとはいえません。知識と知恵の両輪がそろっていることで、互いの価値を発揮できるのです。

それを踏まえると、ナレッジワーカーは「高度で専門的な知識」と「十分な経験から生まれる知恵」を持ち合わせている人のことといえます。企業にとって知的資本を新しく生み出すためには、どんな知識を得て、何と何を掛け合わせるかという、まさに料理のような能力が必要です。

ナレッジワーカーは学習意欲が高く、他の分野にも広く関心をもつことを惜しみません。また、自身が働く目的や価値観、達成感を重視するという特徴もあります。40年以上も前にドラッカーが著書の中で予見していた通り、労働の「量」より「質」が求められるようになった現代において、ナレッジワーカーは今後ますます企業にとって欠かせない存在となっていくでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード