企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。特に、人事給与システムの活用を 始めとする、人事給与業務の改革は重要課題のひとつ。それでは、これからの時代、人事部は人事給与業務の改革をどのように考えていくべきなのか…。実際に企業が取り組んでいる事例を見ていきながら、「いま求められる、効率的人事給与業務」について、探っていく。

CASE1:株式会社サイゼリヤ
人事給与業務に関する“超”効率的オペレーションとは?

本格的なイタリア料理をリーズナブルな価格で提供するイタリアンレストラン『サイゼリヤ』を展開する、株式会社サイゼリヤ。食材の調達や料理の提供などを、一貫して自社で行う“製造直販・直営”にこだわり続けているように、あらゆる業務において、効率性を追及している。この徹底ぶりは、人事給与業務でも同様。果たして、同社ではどのようにして、人事給与業務を効率化しているのだろうか。同社の総務部 財務担当部長 潮田淳史氏にお話をうかがった。

会社概要
  • 株式会社サイゼリヤ
  • 本社 〒342-0008 埼玉県吉川市旭2番地5
  • 設立 1973年5月1日
  • 資本金 86億1250万円
  • Webサイト http://www.saizeriya.co.jp/

給与関連業務の「標準化」により、
業務ピーク時に他部門からの支援を実現

「サイゼリヤは、国内で約800店舗を展開しており、その全てが直営店。管理本部では、アルバイトを含む全従業員23,000名の給与管理業務を行っています」(潮田氏)。同社の場合、従業員は店舗、工場、管理部門など、さまざまな環境で働いているため、職種・雇用形態・給与体系・就業規則は複雑化。また、店舗数の増加などによって、今後も企業規模は拡大していくため、人事給与業務への負荷はさらに大きくなると予想していた。そこで同社では、さまざまな対策により、人事給与業務のスリム化を実現した。

まず同社では、給与体系を役員・正社員・アルバイト2種類(社会保険加入・非加入)の4種類に絞り込むことで、給与体系の簡素化を実現。業務バリエーションを少なくすることで、業務をスリム化しやすくなった。さらに、業務手順の習得も容易になり、担当以外でも対応可能になった。加えて、システム化の範囲が少なくなり、カスタマイズ不要で対応しやすくなった。

イメージ

このような対応に加えて、同社では「標準化・平準化の徹底」を実行している。例えば、「アルバイト登録」や「年末調整」といった作業をメニュー化することで、給与担当者ではなくても作業を行うことを可能とし、業務ピーク時などに他部門からの支援を受けやすい環境を整えた。そして、このような業務改善に役立ったのが、人事給与システムの効果的な利用だった。同社では、人事給与システムとして株式会社クレオが開発・販売している「ZeeM 人事給与」を利用。業務に合わせて、さまざまなメニュー項目を自由に設定可能なので、「アルバイト登録」や「年末調整」といった作業も、メニューに従うだけで進めることができるようになったという。「毎月約1000名のアルバイトの増減がありますが、給与担当者以外のメンバーにも登録権限を与え、手の空いている人がアルバイトの登録を行っています」(潮田氏)。

同社のように業務の標準化を実現するには、どの人事給与システムを利用するのかが、大きなポイントになる。特に、「操作の簡便さ」「内部統制の対応」「業務拡張の際の柔軟な対応」は、重要な検討事項。新たなシステムを導入する場合には、今後の運営方法も念頭におきながら、慎重に選択する必要があるだろう。

株式会社クレオは、2009年7月、企業の人材/組織戦略のための専門イベント「ヒューマンキャピタル2009」にて、優良企業の人事・給与業務の成功事例を紹介するセミナーを実施。そのレポートを無料でダウンロードできます!

業務の一部を店舗へ分散し、「スピード化」を徹底

同社では、独自開発の店舗POSシステムを構築。お客様の清算時だけではなく、在庫管理や勤怠管理、人事給与業務などでも使用し、業務の分散化と自動化を可能にしている。

例えば、勤怠管理には、POSのバーコードリーダーを利用。従業員の名札を読ませることで、「出勤」となる。さらに、毎月約1,000件に及ぶアルバイトの登録・修正作業の一部を、店舗に分散。管理本部の入力作業の負担を低減している。その他にも、印刷と郵送の経費を削減するため、店舗の従業員の給与明細を、店舗ごとにPOSシステムのレシート用プリンタで印字して配布。このように同社では、店舗においても徹底して業務の効率化を追求している。

イメージ

同社のようにシステムを効果的に使用することで、給与関連業務に関する負担が大幅に軽減されることがわかった。それは、業務の上での新たな「時間」の創出にも繋がるだろう。その時間を使って、新たな人事戦略を考案したり、他社の人事担当者との交流を図ったり…。忙しい人事給与担当者にとって、大きなチャンスとなるだけに、人事給与システムの有効活用は大きな課題といえる。

人事・労務の実務に直結したセミナーのレポートや、サイゼリヤをはじめとする企業の人事給与システム導入事例など…。今すぐ役立つ参考資料を、“無料”公開中!

今後の展開を見越した上での、柔軟に対応できる仕組みの構築が必要

以上、サイゼリヤが展開する、人事給与業務に関するオペレーションの方法の一部を見てきた。人事給与ご担当者の皆様にとって、参考になる事例もあったことだろう。同社の成長の秘訣は、徹底した効率性の追及。それは現在の業務だけではなく、今後のさらなる成長も見越していた。

つまり、現代の人事給与業務には、新たな動きや変化にも、スピーディー且つ柔軟に対応できる仕組みが求められているのである。もちろん、人事給与担当者自身にも、今後の自社の事業展開や法改正などを見越した上で、柔軟に対応できる姿勢が必要となることは間違いない。続く第2回でも、企業の実例を見ながら、「いま求められる、効率的人事給与業務」について探っていく。

サイゼリヤが展開する、人事給与業務の超効率的オペレーションとは?本記事では取り上げなかった事例も、レポートにまとめました。無料でダウンロードできますので、ぜひご利用ください!

→いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)はこちら

スポンサー企業

クレオは、人事給与パッケージ・会計パッケージといった企業の基幹業務を支える総合的なソリューションにより、お客様が直面する課題を共に解決し、16年に渡って信頼と実績を築いてきました。ZeeMは、その過程で培った業務に関する実績とノウハウを盛り込み、人事給与・会計などの基幹系業務ソフトウェアからアウトソーシングまで、お客様のプロフェッショナルな業務を支援するトータルソリューションを提供しています。
http://www.zeem.jp/

スポンサー企業

注目の記事のバックナンバー

主体性を高め、組織との「良い関係」を築く力を育む
エンゲージメントに注目したニューノーマル時代の新入社員研修とは
コロナ禍で、新人育成は一変しました。リモートワークでのOJTやエンゲージメント構築に頭を悩ませる人事も少なくありません。ニューノーマル時代の新人育成はどうあるべ...
2020/10/07掲載
ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは
新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さまざまな企業活動がストップしたのは言うまでもない。Ash(アッシュ)、NYNY(ニューヨー...
2020/06/26掲載
ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ
働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働上限規制は人事担当者が対策を講じるべき大きなテーマであった。しかし、新型コロナウイルスの感...
2020/04/24掲載

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...