企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
企業人事部 人事労務・管理
掲載日:2020/07/15

“無制限リモートワーク”で新しい働き方へ

ヤフー株式会社(以下、ヤフー)は、2020年10月1日より、時間と場所に捉われない新しい働き方へと移行します。
新しい働き方では、リモートワークの回数制限およびフレックスタイム勤務のコアタイムを廃止します。また、より柔軟な働き方を目指し、本日より副業先としての受け入れ(ヤフー以外で本業に従事する方の受け入れ)を約100名開始します。


■実施の背景と狙い:
ヤフーでは、2013年にオフィス以外の好きな場所で働ける「どこでもオフィス」というリモートワークの制度を設けました。また、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、2020年2月より段階的に、月5回を上限としていたリモートワークの制限を解除し原則在宅勤務の導入、および社内外における会議や採用活動、社内研修などの全てをオンラインで実施するなど、従業員や関係者の安全を最優先とする取り組みを行ってきました。その結果、現在でも95%の従業員が在宅勤務で業務に従事(※1)するとともに、92.6%の従業員がリモート環境でもパフォーマンスへの影響がなかった、もしくは向上した、と回答しています。また「生産性高く働くために必要なオフィス出社日数」は週1~2回と答えた割合が最も多く、次いで週0回となりました。
こうした状況を受け、より生産性高く、創造性を発揮できることを目的に新しい働き方への移行を行います。
さらに、社会の新常態(ニューノーマル)を見据えた「オープンイノベーションの創出」を目的に、ヤフー以外で本業に従事する方の副業先としての受け入れを開始します。ヤフーを副業先として、当社に参画いただくことで、従来では交わる機会が得られなかった人材とともに、新たな事業やサービスにつながるイノベーションの創出を目指します。

※1:個人情報などを扱う高度セキュリティレベルの業務はオフィスにて実施


■本施策の概要:
<概要>
(1)リモートワーク(※2)の回数制限を解除(※3)
(2)フレックスタイム勤務のコアタイムを廃止(※3)
(3)最大月7,000円の補助(どこでもオフィス手当4,000円+通信費補助3,000円)(※4)
(4)通勤定期券代の支給停止(通勤交通費は実費支給)
(5)副業人材の募集(ヤフー以外で本業に従事する方の受け入れ)

<対象>
全国の正社員、契約社員、嘱託社員 全7,104名

※2:働く場所は自宅の他にも個人の創造性が発揮される場所とし、制限は設けません
※3:(1)(2)については、担当業務により一部社員が対象外となります
※4:従来の通信費補助に新たな補助を足した合計

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ヤフー株式会社 / 7月15日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人事労務・管理(企業人事部)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

半導体の試験装置(テスター)を開発・生産し、世界中の顧客企業へ技術、商...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会