企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 行政・法律
掲載日:2019/12/02

賃金引上げ等の実態に関する調査:結果の概要(厚生労働省)

調査の概要


調査の目的
この調査は、民間企業(労働組合のない企業を含む)における賃金・賞与の改定額、改定率、 賃金・賞与の改定方法、改定に至るまでの経緯等を把握することを目的としている。


調査の根拠法令
統計法に基づく一般統計調査


調査の対象

ア. 地域
日本全国

イ. 産業
日本標準産業分類(平成25年10月改定)による次の15大産業。
鉱業,採石業,砂利採取業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業,郵便業、卸売業,小売業、金融業,保険業、不動産業,物品賃貸業、学術研究,専門・技術サービス業、宿泊業,飲食サービス業、生活関連サービス業,娯楽業、教育,学習支援業、医療,福祉、サービス業(他に分類されないもの)
※生活関連サービス業,娯楽業は、その他の生活関連サービス業の家事サービス業を除く。
※サービス業(他に分類されないもの)は、外国公務を除く。

ウ. 調査対象
主たる事業が上記イに掲げる産業に属する会社組織の民営企業で、製造業及び卸売業、小売業については常用労働者注)30人以上、その他の産業については常用労働者100人以上を雇用する企業を調査対象、そのうちから産業別及び企業規模別に抽出した約3,500社を調査客体とした。
注: この調査では、抽出時や、各集計表の企業規模区分については、企業に使用され給与を支払われる労働者のうち、下記[1]~[2]のいずれかに該当する労働者の数を使用している。
[1]期間を定めずに雇われている者
[2]1か月以上の期間を定めて雇われている者
なお、本調査の各調査事項の対象労働者は、[1]期間を定めずに雇われている者としており、本概況の次頁以降ではこれを常用労働者としている。

エ .有効回答率
令和元年の調査客体企業数は3,549社、有効回答企業数は1,835社で、有効回答率は51.7%であった。
なお、本概況は、調査客体企業のうち、常用労働者100人以上の企業(調査客体企業数は3,224社、有効回答企業数は1,647社)について集計したものである。


調査事項
ア 企業の属性
イ 賃金の改定に関する事項
ウ 賃金の改定事情に関する事項
エ 賞与支給に関する事項
オ 労働組合との交渉経過


調査の時期
毎年8月


調査の方法
(1)郵送調査により実施する。
(2)実施系統
厚生労働省 ─ 調査対象企業


問い合わせ先

政策統括官付参事官付賃金福祉統計室
室長 中原 慎一
室長補佐 小島 千名美
賃金第二係(内線7653・7638)
(代表電話)03-5253-1111
(直通電話)03-3595-3147


◆ 詳しくはこちらをご覧ください。

(厚生労働省/11月26日発表・報道発表より転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
行政・法律(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会