無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事辞典 掲載日:2018/10/22

【ヨミ】ピーターノホウソク ピーターの法則

「ピーターの法則」とは、有能だったビジネスパーソンが昇進していくうちに無能になってしまう、現代の階層社会で起こりうるエラーについて説いたメカニズムのことを指します。教育学者ローレンス・J・ピーターが著書“The Peter Principle”の中で提唱しました。能力主義の階層社会では成果を上げている人ほど昇進し、組織内での役割が変わっていきます。新たな役割をしっかりとこなせる人はさらに出世していきますが、成果を上げられなければ次の出世は望めません。つまり、組織は出世がストップし役割に対して“無能”化した人たちと、出世余地のある“無能”レベルに達していない人たちによって構成されていることになると、この法則は説いています。

ピーターの法則のケーススタディ

無能化を防ぐ「学び」の姿勢
人事は学習能力を見極める力が必要に

「上司が仕事のできない人で困る」といった愚痴が、多くの職場で聞かれます。能力を評価されて昇進しているはずなのに、どうして無能な管理職が生まれるのでしょうか。そのことを考える際に役立つのが、「ピーターの法則」です。

仕事で成果を上げて出世していくうちに、人はどこかで能力の限界を迎えます。自分の能力の限界を超えた役職を任されると、その人は無能になってしまい、「無能な管理職」が生まれるのです。このメカニズムを提唱したピーターによると、この法則は次の3点に要約することができます。

1.能力主義の階層社会では、人は能力に応じて出世するが、能力の限界達すると無能な管理職になってしまう。
2.時が経つにつれて、無能な人はそのままのポジションに落ち着き、有能な人材も限界まで出世し無能化する。その結果、どの階層も無能な人材で埋め尽くされる。
3.よって、組織の仕事は、出世する余地のある無能レベルに達していない人によって遂行される。

では、組織の中でピーターの法則の状態を起こさないようにするには、どうすればよいのでしょうか。重要なのは「成果を上げたプレイヤーには、昇進ではなく昇給で報いる」「昇給して無能化してしまった人は、一度降格させる」といった、柔軟な体制を実現することです。また、年功序列で昇進させている企業はそれを見直し、従業員の能力にあったポジションに付けるべきでしょう。そうすれば、無能な管理職があふれてしまう状態を防ぐことができます。

また、昇進させる際には、人物の見極めをしっかり行う必要があります。その人は学習意欲が高い人物か。努力によって自分のキャリアを磨き続けられる人物か。これらの姿勢を加味し、バイアスに左右されず客観的に選ぶことが大切です。無能にならないために必要なのは、学び続けること。その人の「学び」に対する姿勢を見極める力が、企業には求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード