企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ピーターノホウソク ピーターの法則

「ピーターの法則」とは、有能だったビジネスパーソンが昇進していくうちに無能になってしまう、現代の階層社会で起こりうるエラーについて説いたメカニズムのことを指します。教育学者ローレンス・J・ピーターが著書“The Peter Principle”の中で提唱しました。能力主義の階層社会では成果を上げている人ほど昇進し、組織内での役割が変わっていきます。新たな役割をしっかりとこなせる人はさらに出世していきますが、成果を上げられなければ次の出世は望めません。つまり、組織は出世がストップし役割に対して“無能”化した人たちと、出世余地のある“無能”レベルに達していない人たちによって構成されていることになると、この法則は説いています。

ピーターの法則のケーススタディ

無能化を防ぐ「学び」の姿勢
人事は学習能力を見極める力が必要に

「上司が仕事のできない人で困る」といった愚痴が、多くの職場で聞かれます。能力を評価されて昇進しているはずなのに、どうして無能な管理職が生まれるのでしょうか。そのことを考える際に役立つのが、「ピーターの法則」です。

仕事で成果を上げて出世していくうちに、人はどこかで能力の限界を迎えます。自分の能力の限界を超えた役職を任されると、その人は無能になってしまい、「無能な管理職」が生まれるのです。このメカニズムを提唱したピーターによると、この法則は次の3点に要約することができます。

1.能力主義の階層社会では、人は能力に応じて出世するが、能力の限界達すると無能な管理職になってしまう。
2.時が経つにつれて、無能な人はそのままのポジションに落ち着き、有能な人材も限界まで出世し無能化する。その結果、どの階層も無能な人材で埋め尽くされる。
3.よって、組織の仕事は、出世する余地のある無能レベルに達していない人によって遂行される。

では、組織の中でピーターの法則の状態を起こさないようにするには、どうすればよいのでしょうか。重要なのは「成果を上げたプレイヤーには、昇進ではなく昇給で報いる」「昇給して無能化してしまった人は、一度降格させる」といった、柔軟な体制を実現することです。また、年功序列で昇進させている企業はそれを見直し、従業員の能力にあったポジションに付けるべきでしょう。そうすれば、無能な管理職があふれてしまう状態を防ぐことができます。

また、昇進させる際には、人物の見極めをしっかり行う必要があります。その人は学習意欲が高い人物か。努力によって自分のキャリアを磨き続けられる人物か。これらの姿勢を加味し、バイアスに左右されず客観的に選ぶことが大切です。無能にならないために必要なのは、学び続けること。その人の「学び」に対する姿勢を見極める力が、企業には求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

昇進うつ
「昇進うつ」とは、昇進したことがきっかけで生じるうつ状態のこと。「出世うつ」ともいいます。部下ができる、あるいは増えることで生じる人間関係のストレスや、目標達成のプレッシャーなど、昇進によって責務が重くなることからメンタルヘルスに影響を及ぼしている状態です。うつ病はさまざまな要因が絡み合って発症する...
人事考課
従業員の能力や仕事ぶり、成果などについて、自社の価値観や方針、基準を基に、従業員の評価を行うこと。
職能資格制度
企業の期待する職務遂行能力をどの程度有しているかによって従業員の序列づけを行い、職能給として賃金に反映させる制度です。最近では、年功的な運用がもたらす「賃金と能力のミスマッチ」など、さまざまな問題が指摘されるようになっています。

関連する記事

役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向
成果向上や能力発揮を促す処遇体系の導入に向け、これまでに多くの企業が資格・等級制度の見直しに取り組んでいます。これらとともに、育成・活用をねらった優秀者の選抜・早期登用の動きも広がりをみせ、年功処遇が中心となっていた時代に比べて、昇進・昇格のスピードは大きく変...
2010/06/14掲載人事・労務実態調査
仕事の成果が落ち込んだらポストを外される?「降格制度」の導入状況と問題点を探る
社員個人の能力や成果の落ち込みを理由に、役職や等級制度のグレードを低下させる「降格制度」。これまでの年功序列・終身雇用の人事システムの中では、係長→課長→部長と昇格していくことはあっても、部長から課長へ、課長から係長へなどと降格するケースはあまりありませんでし...
2005/11/28掲載人事・労務実態調査
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

平均昇進年数の計算方法
会社ごとに管理者への平均昇進年数などが表示されたりしていますが、どのように計算しているのでしょうか。 単に、現在の管理職が実際に昇進した年数を平均してもおかしいですので、管理職になれない人も含めて本当の平均を算出したいです。 計算方法を教示下さい。
月中昇進者の給与計算に関して
当社は当該月1日~末日までの給与を当該月の25日に支払っています。 月の途中で昇進した社員がいた場合、給与計算の基準をどこにおけば良いのでしょうか。 当社では昇進すると基本給がアップします。 日割計算も考えましたが、時間外手当支給者であった場合、手当の単価を決定するのにはどうしたら良いのかと悩んでし...
役割等級制度の昇進・昇格について
お世話になります。 役割等級制度導入した場合の昇進・昇格の取り扱いについて教えてください。 職能資格の場合、年間スケジュールに基づき昇格選考試験を 行い昇格の是非を判断しております。 役割等級の場合は空きポジションが発生した場合に昇格者(昇進者)を 選抜することになることになりますが、 該当するポジ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...