企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コーヒーナップ コーヒーナップ

「コーヒーナップ」とは、カフェイン入りのコーヒーを飲んでから15分程度の短い仮眠(ナップ)をとる昼寝スタイルのこと。脳内にはアデノシンという眠気や疲労感を感じさせる物質があり、カフェインにはアデノシンを抑制する効果があります。カフェインを摂取してから脳に到達するまでの時間はおよそ15分。このタイミングで起きることで、スッキリと目覚めることができます。短い仮眠とコーヒーのダブル効果で、日中の眠気を軽減し、午後もパフォーマンスを落とさずに活動できるとされています。
(2018/5/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーナップのケーススタディ

寝過ぎには要注意
コーヒーナップは日本人の睡眠負債解消の助けとなるか

最近では「睡眠負債」という言葉が話題になるなど、日本人の睡眠不足が注目されています。 2014年のOECD(経済協力開発機構)の調査によると、日本人の平均睡眠時間は7時間43分。世界主要国29ヵ国中、28位という結果でした。アメリカやスペイン、ニュージーランドなどと比較しても1時間程度短く、1位の南アフリカ共和国(9時間22分)と比較すると、1時間30分以上も差が出ています。

長期にわたる慢性的な睡眠不足は免疫力を低下させ、糖尿病や心臓病など、さまざまな健康リスクを高めることが分かっています。また、生産性の高い仕事をする上で、睡眠不足は大敵です。睡眠の専門家である国立精神・神経医療研究センターの三島和夫氏は、睡眠不足を解消するための“効果的な睡眠”は無く、最終的には「寝るしかない」ことを強調しています。しかし、場当たり的な「眠気への対処」はできるとのこと。その対処法の一つとして、コーヒーナップを挙げています。

「カフェインを飲むと、眠れなくなるんでしょ?」と思われがちですが、摂取されたカフェインが、腸で吸収されてから血液に乗って脳まで届くのにかかる時間がおよそ15分~20分。眠りのメカニズムとして、睡眠の前半に深い眠りである「徐波(じょは)睡眠」が現れるのが約20分以降と言われており、30分以上の昼寝では、起きてからかえってボーっとしてしまうことも。昼寝の直前にコーヒーを飲むことによって寝過ぎを防ぎ、ちょうど良いタイミングにスッキリと目覚める。コーヒーナップを効果的な睡眠にするためには、用法・容量を守ることが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

昼寝制度
「昼寝制度」とは、企業が社員に対し、作業能率の改善やミスの防止を目的として、就業時間中に仮眠(昼寝)をとることを認める制度のことです。眠気と戦いながら仕事をするよりも、いったん作業を中断して短時間の睡眠をとったほうが脳の働きが回復し、生産性も高まるといわれています。近年、そうした効果が注目され、昼寝...
睡眠負債
「睡眠負債」とは、毎日きちんと寝ているつもりでも、必要な睡眠時間に対するわずかな不足分が、まるで借金(負債)のようにじわじわと積み重なっていく状態を表す言葉です。その蓄積した睡眠不足の影響で、自分でも気づかないうちに仕事や家事のパフォーマンスが大幅に低下したり、深刻な病気のリスクが高まったりする可能...
カイゼン
いわゆる「改善」のこと。カイゼンと表記すると、おもに製造業の生産現場で行われている作業の見直し活動のことを指します。作業効率の向上や安全性の確保などに関して、経営陣から指示されるのではなく、現場の作業者が中心となって知恵を出し合い、ボトムアップで問題解決をはかっていく点に特徴があります。この概念は...

関連する記事

「労働時間」と「休憩時間」の定義を明確に! 仕事の効率をアップさせる「昼寝」の活用と規定作成&運用
仕事中に襲ってくる眠気と戦った経験を持つ人は、少なくないはず。睡眠不足は時に重大な事故を招くなど、決して侮ってはいけない問題です。短時間睡眠の研究が進むアメリカでは、昼寝によって作業効率の改善を図る企業が増加中。見直されつつある「昼寝の効用」をオフィスに導入す...
2014/07/18掲載人事・労務関連コラム
育成の「効果検証」を「行っていない」企業が過半数
人材育成の「効果検証」を「行っている」企業は35.8%にとどまっており、「行っていない」は53.8%、「わからない」は10.4%。「行っている」企業に自由記述形式で「効果検証の方法」について聞いたところ、「受講後アンケートに加え、事務局の定点定時観測」「各種検...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」 第35回 人材育成の費用対効果(ROI)の測り方(後編) 限られたコストで効果を出す教育を行うには、どうすればいいのか?
「前編」では、今求められている人材育成の費用対効果(ROI)の必要性について言及した。結局、目標を定めて、それをどう測るかが大きなテーマとなるわけだが、「後編」では、どのように教育の効果測定と評価を進めていけばいいのかについて、記していきたい。
2010/02/15掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

紀尾井カンファレンス ANAの研修力

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...