企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コベツロウドウフンソウカイケツセイド 個別労働紛争解決制度

2001年10月施行の「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」に基づいてスタートした制度。個々の労働者と事業者の間のトラブルを、裁判によらず、第三者を介在させて迅速に解決することを目的としています。
(2005/7/4掲載)

個別労働紛争解決制度のケーススタディ

都道府県労働局が労使間トラブルの
解決のために設けているセーフティネット

業務の統廃合などによるリストラ退職が行われたり、賃下げ、いじめ、セクハラなどさまざまなかたちで職場のトラブルが増えたりしています。このような紛争を迅速に解決するため、都道府県労働局がセーフティネットとして設けているのが個別労働紛争解決制度です。全国約300カ所の「総合労働相談コーナー」で相談員が法律や制度の情報を提供、自主的な紛争の解決を促します。さらに労働局長が紛争の問題点を指摘して解決の方法を示唆する制度もあります。

自主的な解決が難しい場合は、弁護士や大学教授など学識経験者でつくる「紛争調整委員会」が、双方の主張の要点を確かめ、紛争当事者間の調整を行います。両当事者が希望したときには、委員会の委員のうちから指名されるあっせん委員が、具体的な助言やあっせん案を提示することになります。

同制度に基づく相談件数は、2004年度で約16万件と前年度を13.7%上回り、過去最高を更新しました。労働組合に頼れず、個人で紛争解決を迫られるパートや派遣労働者などの増加が背景にあると見られます。また相談内容では解雇(27.1%)がトップで、以下、労働条件の引き下げ(16%)、いじめ・嫌がらせ(8.1%)、退職勧奨(7%)の順でした。委員会にあっせんを申請したケースは、前年度比12.4%増の約6000件。このうち合意が成立したのは約2600件、不調は約2700件でした(いずれも厚生労働省調べ)。

厳しい雇用情勢を背景に、今後も個別労働紛争解決制度の利用者は増えていきそうですが、相談員や委員会のメンバーの採用や選任基準が不明確だとして、一部の間からは「頼りにならない」との批判も出ています。また委員会に調査権限がないため事実認定ができなかったり、紛争当事者があっせんや助言に応じるかどうかは任意であったりするなど、制度上の問題点も指摘されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

労働審判制度
労働審判制度は、解雇や賃金不払いなど、会社と個々の労働者との間に生じた労働関係に関するトラブルを、そのトラブルの実情に即して迅速、適正かつ実効的に解決するための制度です。2006年4月の労働審判法施行に伴って導入されました。確定した労働審判には裁判上の「和解」と同等の法的拘束力があり、しかも訴訟に...
ADR
企業内で起こる労使間のトラブルがメディアを通じて話題になるなど、近年では労働問題に対する関心が高まっています。訴訟まで発展した場合、費用負担が発生したり解決に時間がかかったりするため、さまざまな問題を抱えることになります。働き方改革の一環で、2020年4月から順次、同一労働同一賃金が施行されます。そ...
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
高谷知佐子さん 「解雇」をめぐる個別紛争をどう解決するか
合理的理由のない解雇は権利を濫用したものであり無効である――「解雇」のルールなどを明文化した改正労働基準法の施行から2年。でも労使のトラブルはなかなか減りません。とくに個別労働紛争が急増し、頭を悩ます人事労務担当者も急増中と言います。紛争の予防とその迅速な解決...
2005/10/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

退職金制度について
当社は平成9年設立の外資系企業です。これまで当社では退職金制度がなかったのですが、今年は他の日本の企業に倣い退職金制度を導入する予定です。 最近の退職金制度でよいと言われているものや、それらのメリット、デメリットや注意点等を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
36協定(休日労働)について
当社は休日労働について36協定を届け出ておりますが、(4週に1日)この「労働させることができる休日」とは振替休日を採用している場合は「休日労働」とはならない解釈でよろしいでしょうか。代休の場合は当然「休日労働」となりますが、当社は振替休日を採用しております。よろしくお願い致します。
定年延長、再雇用制度
今後の展望について
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...