企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】オウンドメディア オウンドメディア

「オウンドメディア」(Owned Media)とは、企業が自社で所有し、消費者に向けて発信する媒体のこと。その概念は、新聞・雑誌・ラジオ・テレビのマス4媒体やウェブ広告など、企業が対価を支払って情報発信する「ペイドメディア」(Paid Media)や、ソーシャルメディアのように人々の共感や信頼の醸成を目的とする「アーンドメディア」(Earned Media)と対比して語られることがよくあります。また、企業のメディア戦略の枠組みを上記三つのマーケティングチャネルに整理・分類した「トリプルメディア」と呼ばれる考え方にも注目が集まっています。広義のオウンドメディアには、自社や自社製品を紹介する従来の企業サイトや紙媒体の広報誌なども含まれますが、最近は、単なる企業紹介ではなく、雑誌のように独自の記事やニュースを配信するスタイルのオウンドメディアが登場。採用ツールとしても期待されています。
(2016/10/28掲載)

オウンドメディアのケーススタディ

マス広告やSNSを補完するメディア戦略の要
宣伝なし、見て面白いサイトは採用にも貢献

2009年に米国のIT情報サイトで紹介された論文「マルチメディア2.0」をきっかけに、次世代のマーケティング戦略として「トリプルメディア」という考え方が広がりを見せています。このトリプルメディアの一つに位置付けられているのが、自社で所有し、情報を発信する「オウンドメディア」。いわゆる企業サイトや広報誌などがこれに含まれます。残り二つは、対価を払って情報を発信するマス広告などの「ペイドメディア」と、SNSのように人々の自発的な発言や推奨が期待できる「アーンドメディア」。企業評価を高めるためには、これら“買うメディア”“(評判や信頼を)得るメディア”に、“所有するメディア”の「オウンドメディア」を加えたトリプルメディアを有機的に連携させることが重要だと言われています。

マス4媒体に代表されるペイドメディアは消費者の関心を刺激できる反面、スペースに制約があり、メッセージが一方的になりがちで、深い理解を促す役割には向いていません。ツィッターやフェイスブックなどアーンドメディアによるコミュニケーションは即応性を求められる上、“炎上”など企業がコントロールできない状況に翻弄されるリスクがあります。これらを補い、自社のコントロール下で、消費者のニーズに沿った情報を直接かつ的確に提供するのが「オウンドメディア」の役割なのです。

最近は、会社概要や製品情報を紹介するだけの従来の企業サイトとは異なり、たとえば花王なら“家事”、トヨタは“ドライブ”、伊勢丹は“ファッション”をテーマに、感度の高い潜在顧客の目を引く記事やニュースを発信する、新しいタイプのオウンドメディアを立ち上げる企業が増えてきました。

その中でも注目を集めているのが、グループウェアで国内シェアNo.1を誇るサイボウズ。2012年にプロモーション戦略として始めたオウンドメディア「サイボウズ式」が、ソーシャルメディア上でも拡散されるなど影響力を広げています。「サイボウズ式」には自社製品の売り込みが一切ありません。“オフィス内でのチームワーク”を統一テーマに、働き方や子育て、食事など幅広い話題が取り上げられ、社長をはじめ社内のスタッフも頻繁に登場します。14年12月には働くママたちの日常や葛藤をリアルに描いた動画を公開し、大きな反響を呼びました。販促への貢献だけでなく、「サイボウズ式」を見て応募してくる就活生が増えるなど、オウンドメディアのプロモーション効果が企業ブランディングを向上させ、採用ツールとしても大きな役割を果たしている好例といえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

採用広報
「採用広報」とは、目標とする採用人数を達成することと、自社が求める人材の獲得を目的に、Webサイトや動画・SNS、パンフレット、イベントなどを通じて求職者に自社の魅力をPRしていく広報活動を指します。
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
採用成功企業はここが違う!ITエンジニア採用の最新動向 ~採用成功のカギを握る「採用メタ認知力」とは!~
企業のIT/Web(以下、ITで表記)への投資が拡大している。しかし一方で、ITエンジニア(以下、エンジニアで表記)の採用難が大きなテーマとなっている。特に問題なのは、今後さらにエンジニアの採用が厳しくなっていくことだ。そのような環境下でも、エンジニアを採用す...
2015/03/18掲載注目の記事
攻めの採用を実現する“オウンドメディアリクルーティング” 検索エンジンの利用で「トラフィック(求職者数)」と「マッチング精度」を飛躍的に向上
近年、採用活動の効率性を重視する企業が増えています。そこで注目されるのが、求人情報に特化した検索エンジンを運営するIndeed。ダイレクトリクルーティングという概念を掲げ、企業の採用活動のあり方を大きく変える存在として、現在、日本市場で急成長しています。求人特...
2016/09/05掲載注目の記事

関連するQ&A

採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...