企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エシカル エシカル

「エシカル」(ethical)とは、英語で「倫理的」「道徳上」という意味の形容詞。近年、英語圏では、個人や企業の倫理的活動を「エシカル○○」と表現することが多く、トレーサビリティやサステナビリティを徹底する産業やものづくりのあり方といった意味合いが強まっています。「エシカル消費」「エシカル投資」「エシカルビジネス」などの用語がその代表例。社会的課題や環境問題の解決を事業で実現しようとする「エシカル」な企業には、その活動や理念に共感する優秀な若者が集まりやすく、人材面・組織面の優位性が期待できるといわれます。
(2015/10/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エシカルのケーススタディ

サプライ・チェーンに潜む非倫理性リスク
社会性と事業性を両立し人材確保で優位に

「エシカル」という言葉が最初に広まったのは、ブレア労働党政権下のイギリスだと言われています。アフリカの飢餓問題に対し、「エシカル政策」という取り組みが行われたのを機に、同国内で使われるようになりました。この新しい考え方にいち早く反応したのがファッション界。フェア・トレードやオーガニック、リサイクル、伝統的な手仕事なども含め、効率だけを追求する大量生産に走らず、ものづくりの原点に戻ろうとする動きから商品化されたファッションを「エシカルファッション」と呼ぶようになりました。

CSRレポートを発表したり、倫理的な経営理念を掲げたりするだけでは、「エシカル」な企業とはいえません。CSR戦略をビジネスモデル化し、社会性と事業性を正しく両立させることがエシカルビジネスの要諦です。また、企業活動においてエシカルを標榜する以上、自社だけでなく、サプライ・チェーンのすみずみまで目を光らせる必要があるでしょう。たとえば製造業なら、取り扱っているすべての素材や部品について、調達先の大元までトレースすることができなければなりません。なぜならサプライ・チェーンには、アンフェア・トレードや労働搾取、違法調達など、非倫理性のリスクがいくつも埋め込まれている可能性があるからです。サプライ・チェーンが海外まで広がっているケースではさらに注意が必要です。ある国では非倫理的な事柄が、別の国ではそう受け止められないという矛盾も数多くあります。新興国の生産委託先などで児童労働や過酷労働が行われていたとしたら、その事実が発覚したとき、「当社は知らなかった」では済まされません。

「エシカル」を追究する企業は、このように、一般企業の何倍もCSRに配慮する必要があります。しかしそれを実行することで、一般企業が望んでも得られないような優位性を得ることもできるのです。その最たるものが、人材確保における優位性でしょう。東日本大震災以降、日本の若い世代は、仕事に社会貢献や倫理性といった価値観を求めるようになりました。いまほど彼らの視線が、社会的な課題に向けられている時代はありません。エシカルビジネスを志向する企業には、その精神に共鳴した有為の人材が吸い寄せられるように集まってくる、といわれるゆえんです。知名度では大企業に劣る中堅・中小企業にこそ、今後、エシカルな企業としての躍進が期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
CSR調達
日本では「企業の社会的責任」と訳されているCSR(Corporative Social Responsibility)の取り組みを、調達先の企業にも求めることを言います。
サステナビリティ
「サステナビリティ」(sustainability)とは、「持続可能性」または「持続することができる」という意味。サステナビリティへの取り組みというとき、何を“持続する”のかというと、その対象は広く社会と地球環境全般を指します。本来は、自然と共生する持続可能な社会システムを目指す環境保護思想のキー...

関連する記事

コンプライアンスとは
近年、あらゆる企業にコンプライアンスへの適正な対応が求められている。企業倫理のあり方が注目されるようになった背景とは?
2017/01/31掲載よくわかる講座
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
田坂広志さん よい会社とは何か ―日本型CSRに求められる7つの条件―
日本型経営の視点から「よい会社とは何か」について「7つの条件」を述べよう。そのことを通じて「日本型CSR」のめざすべき企業像、21世紀に我が国の企業がめざすべき企業像を論じよう。
2005/01/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]
新春!2019年注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

【ご案内】東京テレワーク推進センター

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介



新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...